珊瑚買取 珊瑚ピアス 珊瑚ブローチ 愛知県のお客様


こんにちは、鑑定士の門です。

 

今回は、お友達と一緒に珊瑚を売りたいというご連絡を頂き、愛知県豊田市に行ってまいりました。

 

W様からは、赤珊瑚のブローチ、I様からは、赤珊瑚ピアスをお買取りさせて頂きました。

 

ありがとうございました。

 

 

珊瑚買取実績 珊瑚ピアス 珊瑚ブローチ お客様情報

お客様:W様

所在地:愛知県豊田市在住

年齢:30代女性

買取方法: 出張買取

売却品:留め金K18、サンゴブローチ

 

 

赤珊瑚ブローチ買取

赤珊瑚ブローチ

 

 

 

 

 

買取を依頼した理由

母親からいただいたが、もう珊瑚のブローチなんてつけてる人見かけないし、付けるときもないからと。

 

 

査定員さんに相談して、売ることになった決め手が『持ってても使わない』とのところで売ることにしました。

 

 

 

 

買取価格

買取金額   ¥49,000-

 

 

 

 

珊瑚査定したポイント

この珊瑚のブローチには珊瑚以外にもお値段が付いたところがあります!

 

それはブローチを止めている部分の金属です。

 

留め金の部分が18金でできていたため、勿論金の値段も付きました。

 

当たり前に思えるかもしれませんが買取店の多くがこの金属部分をある程度の値段で見積もっています。

 

ラフテルでは、留め金の量がいくつあって、この18金だけでいくら、サンゴでいくらとゆうふうにお値段を出すことが出来ます。

 

もう一つのポイントはブローチを裏から見て内側部分に銘が入っていたことです。

 

因みに今回の場合、18金の留め金部分の値段が¥17000-、サンゴの値段が¥32000-。

 

とゆうことでお客様も満足されました。

 

勿論、この値段の付け方ができるので、やっぱり珊瑚だけ取っておくよ。といわれれば綺麗に外してお返しすることが出来て、留め金の部分だけ買い取るとゆうやり方も出来ちゃいます!!

 

形見で貰った珊瑚だけど、デザインが古くて付けられない。

 

でも、形見だからタイミングをみて、貰った珊瑚を使い、リフォームし、使いたい。

 

こんな、お客様には、別々に値段を出す事が、非常に喜ばれます。

 

 

 

 

 

珊瑚買取実績 珊瑚ピアス

お客様:I様

所在地:愛知県豊田市在住

年齢:20代女性

買取方法: 出張買取

売却品:珊瑚ピアス、K14wg

赤珊瑚 ピアス買取

赤珊瑚 ピアス

 

 

 

 

 

買取を依頼した理由

ピアスを使わなくなった。

 

珊瑚が今高いとテレビでやっていたので、ピアスなら他にもつけるのあるし、あまり気に入らなくなったのでこの機会に売っちゃって鞄の足しにでもなればなと。

 

赤珊瑚が高いってゆってるけど、これちょっと赤黒いしてるけどこれも高いの?

 

ちょうど、お友達の、W様が、売ろうと思っているという話を聞き、それじゃ一緒に見てもらおうかと思ったそうです。

 

 

 

 

買取価格

買取金額   ¥37,000-

 

 

 

 

珊瑚査定したポイント

赤珊瑚が高いってゆってるけど、これちょっと赤黒いしてるけどこれも高いの?

答えはYESです!

 

珊瑚は赤色が高いのですが、一番高い色の事を血赤珊瑚と言います。

 

この地赤珊瑚とは、お客様がおっしゃった通り、赤黒く濃い色の事です。

 

たとえピアスのような軽くて小さいものでも、サンゴの状態や形、色などで値段が全然変わっていきます。

 

写真だと分かりづらいですが、直径が1.5センチ近くあり、色は写真より血赤色です。

 

地金の部分(金属)のお値段は、ピアスなので重量も少なく、¥6000-ですが、サンゴに高額なお値段が付いたため、サンゴ¥31000-、地金のk14wg(ホワイトゴールド)¥6000-の合計¥37000-のお値段が出ました。

 

☆珊瑚 ノウハウ記事☆

「100万以上!高額買取される宝石、血赤珊瑚。破格の4万!購入ならピンク珊瑚のネックレス」
珊瑚買取ノウハウのすべて。偽物に騙されず、高く売る方法とは
珊瑚買取の知識をつけて相場以上に売る方法!
高級な赤珊瑚のかんざしについて書いてみた
最安価格1万台。買うなら生きた宝石、赤珊瑚の指輪

 

 

 

 

 

珊瑚買取 珊瑚ピアス 珊瑚ブローチ まとめ

今回は、お二人とも素晴らしい珊瑚アクセサリーを見せて頂きありがとうございました。

 

いろいろな質問を、お二人から頂き、タジタジとなった場面もございましたが、楽しいひと時でした。

 

他にも、珊瑚のアクセサリーをお持ちだそうで、使わなくなったら、また、電話するねと嬉しい言葉を頂き、今回は愛知県を後にしました。