ダイヤ買取 ダイヤモンドリング 1.10ct 東京都のお客様


ダイヤ買取実績 ダイヤモンドリング 1.10ct

お客様情報

お客様: F様

所在地: 東京都 

年齢:  60代

買取方法:店頭買取

売却品: ダイヤモンドリング pt900 D1.10ct

 

 

ダイヤモンドリング 1.10ct

ダイヤモンドリング 1.10ct

 

 

 

 

 

ダイヤモンドリング買取を依頼した理由

数十年前に、ご自身で購入した物でレール留めで出っ張りもあまりなく普段使いにとほぼ毎日のように着けていたそうです。

 

当時は、今とは違い気軽に宝飾品をつけていた感じがありましたけれど、最近では普段使いにはかなりのボリュウームがあり少し恥ずかしい感があったそうです。

 

あと、指のサイズも変わり指輪のデザイン上サイズ直しにも規定以上の料金がかかるとの事でこの先、使わないのであればと思い切って売却をと思われたそうです。

 

そう言えば、友達が以前宝飾品を買い取ってもらった時に、想像以上の金額になり喜んでいた話を思い出しラフテルにお電話させていただきました。

 

指輪一つだけでいいのかしら、と思いましたが親切丁寧に買取の流れなどの説明をして頂きました。

 

 

 

 

 

買取価格

ダイヤモンドリング買取金額   ¥42,000-

 

 

 

 

 

ダイヤモンドリング査定したポイント

ダイヤモンドのカット方法

Pt900 D1.10ctとメレダイヤのバケットカット(baguetteはフランス語で棒状の固焼きフランスパンの意味)加工されていてバケット(棒状)が特徴のカットになります。

 

エメラルドカットと違い、四隅がカットされてなく、横から見ると下部がステップ(階段)状になっているため、別名ステップカットとも呼ばれています。

 

ステップカットとは丸みを帯びたラウンドブリリアントカットで、対照的に四角みを帯びたカットで昔はとても人気あるカットとして代表的なダイヤモンドカットとされていました

 

その他には、オーバルブリリアンカットを基本に楕円形58面体にカットされたカットやオールドマインブリリアンカットを基本に四角にカットされハート65面体にカットされた完成形がハートの形にカット。

 

ペアシェイプは雫型の58面体にカットになります。

 

マーキーズは左右対象で葉の様な形をしており、主に58面体にカットされていますが、中には18面もあります。

 

エメラルドカットはエメラルドを代表するカットで頻繁に使用されたカット技法です。

 

スクエアエメラルドカットは角が削られているのですが、こちらは正四角形のまま角を残しカットしないカットになります。

 

テーパーは、長方形の上辺が長く下辺が短めにカットされ脇石に使用される代表的なカットになります。

 

ご参考まで。

 

 

 

ダイヤモンドのクラリティー

さてさて、クラリティーは写真では分かりづらいのですがSIクラスがかなりありカラーグレードもHIクラスでとても綺麗なダイヤで施されています。

 

ご購入された時代がバブル時期と言いうことで、Ptもかなり使用され10.3gあり、この時代の商品には時代背景もかなり影響して贅沢な商材を惜しげもなく使われたお宝が数多く御座います。

 

お客様の商品も同様なのですが欲を申しますと、ダイヤのカットがラウンドブリリアントであればかなりの高額査定になります。

 

それは、計算された58面体のカットがダイヤ本来の魅力の輝きを放つカットで業界では高額な取引がされています。

 

あとは、普段使いにされていたとの事でPtの台座にはかなりの小傷がありましたがダイヤモンドにはカケ等の損傷はありませんでした。

 

ご友人からのご紹介も加味させていただき頑張りさせていただきました。

 

 

 

 

 

ダイヤモンドリング買い取り まとめ

読者の方々の中でバブル時代に宝飾品を購入、若しくは頂いた等ございませんか。

 

 

 

ラフテルの査定

指のサイズが合わなくなり宝石箱にしまったきりや好みが変わって、この先使わない等いろいろな状況がおありかと思いますが、是非一度査定されてみてはいかがでしょうか。

 

なぜって、バブル時代に制作された宝飾品は先ほども言いましたが、良い素材を贅沢にあしらわれた製品が数多く、物によってはかなりの高額で買取をさせていただいているのが現状になります。

 

お問い合わせ方法も様々ございますので是非是非。

 

こんなこと聞いてもいいの、分からないことなんでも構いませんのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

スタッフ一同心よりお待ちしています。