ロレックス デイデイトとは・・・


ロレックス デイトナ

 

 

デイデイトはスタンダードモデルの中でもラグジュアリーな存在として存続するモデルです。

 

デイデイトとはその名の通りですが、日付と曜日表示機能が搭載されているものを示しています。

 

3時一のデイト表示のみならず、12時位置に曜日表示もしています。

 

ラグジュアリーな存在と言われる理由は、ほとんどのモデルはケースとブレスレットの素材としてステンレススチールを使用していますが、ゴールドやプラチナなどの貴金属を使っていることで、ゴージャス感を演出しています。

 

それでは、デイトナのご紹介をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

デイデイトの基本情報

タイプ

 

メンズモデル

 

 

 

ムーブメント

 

自動巻き

 

 

 

防水

 

100m

 

 

 

ケース径

 

36mm

 

 

 

素材

 

プラチナ・ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールド

 

 

 

ダイヤル

 

アイスブルー・アイスブルーウェーブ・アイスブルー彫・金・金彫り・銀・銀彫り・灰・黒・黒シェル・桃・桃彫・白

 

 

 

ブレスタイプ

 

プレジデントブレス

 

 

 

風防

 

サファイアクリスタルガラス

 

 

 

振動数

 

28,800振動

 

 

 

価格帯

¥2,730,000~¥7,203,000

 

 

 

 

 

デイデイトとは?

デイデイトは社長や会長などのトップに立つ人にとても大きな人気があります。

 

なぜそのような人々に人気なのかは、曜日表示付きのモデルであるデイデイトは「成功者が持つ時計」としてイメージを持たれているからとなります。

 

ロレックスはこの「成功者が持つ時計」というイメージを望んで作り上げたと言われています。

 

その理由は、ロレックスの記念となる15万個目のクロノメーターを誰に贈呈するかということで、アメリカの大統領を目に着けました。

 

今までの記念とされる、5万個目はスイスの中立国を守り通し、英雄となったアンリ・ギザン将軍であり、10万個目は第二次世界大戦時にイギリスを戦勝国に導いたとされる英雄のウィンストン・チャーチル首相に贈呈されています。

 

このように記念とされるクロノメーターの贈呈対象に34代目アメリカ大統領のドワイト・D・アイゼンハワー大統領に贈呈されることとなりました。

 

この時はデイトジャストの贈呈でしたが、35代目以降のアメリカ大統領がデイデイトを愛用していたことからロレックスが望んだ「トップが持つ、成功者が持つ時計」というイメージを作り上げたと言われています。

 

 

 

 

 

デイデイトの魅力は??

デイデイトを着用している人は必ずしもトップに立つ人だという決まりはありません。

 

では、デイデイトを着用している人々はどのような魅力に惹かれて購入したのでしょうか。

 

デイデイトの魅力について迫っていきます。

 

 

 

プレジデントブレスレット

このプレジデントブレスレットはデイデイトのために誕生したブレスレットとなります。

 

このブレスレットはデイデイトと女性用プレステージモデルの一部のみにしか使われていないブレスレットとなり特別仕様となります。

 

このプレジデントブレスレットの「プレジデント」の名前の由来は不明確ですが、アメリカの大統領が愛用しているという事実からも特別な存在であるブレスレットだということは明らかとなっています。

 

 

 

金・プラチナのみの製造

デイデイトは金素材かプラチナ素材のモデルしか存在しません

 

ステンレスやコンビネーションのような普及用の素材は使われないという特別仕様となっています。

 

2017年にスカイドゥエラーがコンビネーションモデルを発表したため、金素材のみ展開しているプレステージモデルはデイデイトのみとなりました。

 

ロレックスのトップモデルとして今後も王者というポジションをキープしていくのではないかと考えられます。

 

 

 

ロレックス唯一の曜日表示機能付き

ロレックスは今までに3大発明とされる、「オイスターケース・パーペチュアル・デイトジャスト機構」を発明したことで有名ですが、デイトナに装備されている曜日をフルスペルで表示する機能も世界初の発明と言われています。

 

そして、その曜日表示機能はロレックスで唯一デイデイトにのみ採用されているのです。

 

デイデイトがいかに特別仕様であるのかがこちらでも伺えますが、このほかにもあるのです。

 

デイデイトの誕生はアメリカ大統領と深く関係していますが、その後は世界の成功者に向けて製造されているため、曜日表示機能は26ヶ国語に変更が可能となっています。

 

セミオーダーとなりますが、ここからもいかにデイデイトが特別かが伺えます。

 

 

 

資産価値はロレックストップクラス

デイデイトの資産価値はロレックスの中でもトップクラスとなります。

 

金やプラチナの素材だけを扱っているということでも簡単に考えればわかることですが、デイデイトはとても人気があるので、常に品薄状態となってしまっているのです。

 

そのため、中古でも100万円を超えて流通することが多くなっています。

 

 

ロレックス デイトナ

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

デイデイトがいかに特別なものなのかを知ってもらえたのではないかと思います。

 

今現在では、発展途上で成功者を目指しているという人々もデイデイトを購入し着用しています。

私たちラフテルは、ロレックスの全モデルの買い取りに力を入れています。

 

お客様からのお問い合わせで、「動いてないけど買い取りは可能?」、「傷がついてるけど値段つかないよね?」などのお問い合わせも沢山あります。

 

しかし、そのようなロレックスでも私たちラフテルは力を入れて買い取りを行っています。

 

そして、本社は東京となりますが、遠方のお客様にもしっかりと対応ができるようにと「店頭買取・出張買取・宅配買取」の3つをご用意しております。

 

遠方のお客様も東京在住のお客様もお気軽にお問い合わせしていただけたらと思います。

 

それでは、沢山のお問い合わせ、お待ちしております。