ロレックス買取 デイトジャスト 16233 茨城県のお客様


ロレックス買取実績 デイトジャスト16233 新ダイヤ 

お客様情報

お客様: K様

所在地: 茨城県

年齢:  70代男性

買取方法: 出張買取

売却品: デイトジャスト16233 新ダイヤ

 

デイトジャスト 16233

デイトジャスト 16233

 

 

 

 

 

買取を依頼した理由

買ってからまだそんなにたってないがコンビとゆうのとブルーの文字盤がちょいと派手に思えてきたのでもうすこし落ち着いたデザインのものに買い換えようと思われたみたいです。

 

 

何を買うかはまだ決めかねているとのことでありましたが買取金額次第だねとやんわりとプレッシャーをかけられてこられました。

 

そんなプレッシャーなんかには負けないで適正な査定をしようと思い今回の査定を行いました。

 

 

 

 

 

買取価格

買取金額   ¥520,000-

 

 

 

 

査定したポイント

デイトジャストのダイヤ入りの場合旧ダイヤか新ダイヤであるのかが最大のポイントです。

 

その気分け方としてはダイヤの台座が 四角か八角の違いで見分けます。

 

この品物場合、八角なので新ダイヤになります。

 

当然買取価格は高額になり、なおかつ、文字盤がブルーなので人気が高く、より高額査定となります。

 

そのあたりを説明し52万円での買い取りとなりました。

 

お客様も大変お喜びになられ満足されたようでした。

 

 

 

 

 

 

ロレックス買取 まとめ

今回のデイトジャストはロレックスの中でも圧倒的な種類と人気を誇るモデルだと思います。

 

歴史も古く1955年に日付け表示が0時で瞬時に変わる文字通り、デイトジャスト機能が搭載されて人気が沸騰したそうです。

 

それ以降も数々のモデルが発売されているが、伝統的なデザインは残されたままです。

 

我々が買取するモデルも新旧取り合わせてもデイトジャストがダントツに多いです。

 

それも16233のコンビモデルです。

 

その次に多いのは、1960~1970年代後半製造された、ステンレスモデルの1601だと思います。

 

しかしかなり古いため、不動であったり、さびていたり、ベルトがなかったりしているものが多いです。

 

さすがにその分査定は低くなりますが、50年も前のものがまだお金になること自体すごいことだと思います。

 

さすがロレックスですね。

 

その次に来るのが 16233の前のモデルの16013だと思われます。

 

ムーブメントも変わっているのですが、見た目で大きく変わっているところがあります。

 

それは風防です。

 

16013はプラスチック風防ですが、16233はサファイヤクリスタルに変わっています。

 

プラスチックの方は少し盛り上がっており、小傷もかなりつきやすくなっています。

 

その点サファイヤ風防の方は傷がつきにくくフラットな感じですっきりした感じになってます 好みは分かれるところではあるのですが、そのダントツに人気の16233の中でも ダイヤ入りでなおかつ新しいタイプでブルーダイヤルとなりましたので、中々の査定額であったと思います。

 

しかし売るのは少しもったいないと思うのですが、お客様の意向なので仕方ありません。

 

そこでお客様に次回の購入予定のモデルは何ですかと尋ねたのですが、まだ決めかねているとのことでした。

 

あなただったら何が欲しと聞かれたので、エクスプローラー1と答えたのですが反応はいまいちでした。

 

なぜエクスプローラー1かというと、子供のころに見たアメリカのテレビドラマの中で主人公がはめていたのがそれでした。

 

それがなんともかっこよくて映像でずっと覚えていたのです。

 

のちにそれがロレックスだとゆうのが分かったときうれしかったですね。

 

結構高かったのでもびっくりしましたが・・・。

 

今回の査定のように私たちラフテルは高額買取を心掛けて査定をしています。

 

ご相談や、査定だけというお客様も是非ラフテルをご利用してみてください。

 

ラフテルのご利用、是非ともお待ちしております。