宝石買取 エメラルドリング pt900 埼玉県のお客様


宝石買取実績 エメラルドリング pt900 8.4g 

お客様情報

お客様:E様

所在地:埼玉県

年齢:60代

買取方法:店頭買取

売却品:エメラルドリング pt900 8.4g 3.03ct

 

 

エメラルドリング 8.4g

エメラルドリング 8.4g

 

 

 

 

 

買取を依頼した理由

今回お買取りさせていただいたエメラルド ダイヤリングはE様のお母様に20歳の誕生日に譲り受けた大切な宝飾品でした。

 

お母様からお譲りされたときはエメラルドがルース(裸石)のままだったようです。

 

その際にリングを新たにH様用に作り上げたとのことでした。

 

リフォームに結構なお値段がかかったようで、普段身に着けるのには気が引けるのであまり身に着けられず大切な日につけるというようにしていたようでした。

 

ですので1年に1度身に着けるかどうか…。

 

そして、H様のお子様に譲ろうとお話されたとのことでしたが、H様のお子様は、「趣味が合わないからいらない。」と断られてしまったようです。

 

だったらご自分で身に着ける機会もほとんどないので処分をお考えになり弊社ラフテルにお持ちいただきました。

 

 

 

 

買取価格

買取金額   ¥220,000-

 

 

 

 

 

査定したポイント

今回お買取りさせていただいたE様は、エメラルドリングと一緒に中央宝石研究所の鑑定書もお持ちいただきました。

 

エメラルドのキズやカラーグレードもよく、中央宝石研究所の鑑定書でしたのでしっかりとしたお値段でお買取りさせていただきました。

 

宝飾品は鑑定が非常に難しいため鑑定書がないとお買取りしてもらえないお店もあるようです。鑑定書といっても世の中にはたくさん存在します。

 

その鑑定機関でも日本で優秀とされている機関の1つがこの中央宝石研究所になります。

 

この機関の鑑定書であればどこのお店であっても適正価格で買取してくれます。

 

また、あまり聞いた事のない機関の鑑別所は、そのお店の子会社だったりすることもありますので注意が必要です。(お買取りの際は減額になる場合もあります。)

 

どの鑑定機関が安心できるかというと日本には3つあります。

 

中央宝石研究所、GIA、AGTの3つの機関です。

 

その3つの鑑定機関はすべて世界基準であるGIAが決めたグレーディングに則っていますので、どこで出しても同じ質です。

 

もし、この3つの鑑定機関の鑑定書をお持ちであれば処分する際は一緒にお持ちいただくのが良いです。

 

また、この3つの機関以外の鑑定書であればお持ちいただかなくても大丈夫です。弊社ラフテルでは宝飾品のみでも査定はしっかりとさせていただきます。

 

弊社らふてるでは鑑定書をお持ちでない方でも1つ1つしっかりと査定させていただいていますので、お気軽にお持ちいただければ幸いです。

 

 

 

 

 

エメラルドリング買取 まとめ

今回はなぜ信頼のおける鑑定機関の鑑定書があると良いのかご説明したいと思います。

 

そもそも宝石はアクセサリーなどに使用するために人工的な処理がされているのですが大きく分けて2つの処理方法があります。

 

それは、エンハンスメントトリートメントです。

 

その2つをご説明したいと思います。

 

まずはエンハンスメントですがエンハンスメントとは、宝石がもともと持っている美しさを人工的に引き出す処理のことをいいます。

 

天然の宝石が本来持っている性質に沿って、それを損なわない範囲で人工的に処理し、より美しさを引き出す方法で「改良」を意味します。

 

改良された天然の宝石は、性質を何ら変えるものではないので天然石と同様に扱われます。

 

次にトリートメントですが、トリートメントとは科学的な操作で自然界ではありえない変化を宝石に及ぼす人工処理のことをいいます。

 

石に色を塗ったり穴にプラスチックを詰めたりと天然宝石として容認できない処理を施すことをいいます。

 

エンハンスメントは人工処理ですが宝石の本来の性質を変えた訳ではありません。

 

むしろその性質に沿って、自然がたまたまできなかったことを、人間が代わりに行っただけです。

 

このトリートメントの目的は宝石を美しくするためです。

 

また、エメラルド内部の亀裂に無色透明のオイルを染み込ませ、亀裂を目立たなくすることで色を良くするという処理もエンハンスメントと考えられています。

 

ほとんどの宝石が人口処理を施されていますが、宝石の価値を下げる処理とは「トリートメント」です。

 

エンハンスメントは、天然の宝石が本来持っている性質に沿って、それを損なわない範囲で人工的に処理し、より美しさを引き出す方法で、性質を何ら変えるものではありませんので天然石と同様に扱われるため価値を下げる要素とは判断されないので査定等に一切問題はありません。

 

一方、トリートメントは科学的な操作で自然界ではありえない変化を宝石に及ぼす人工処理ですので、石に色を塗ったり、穴にプラスチックをつめたりと、天然宝石として容認出来ない処理が施されている為、エンハンスメントとは逆に宝石の価値を下げてしまいます。

 

このように信頼のおける鑑定機関であればどのような人口処理が行われたのかが分かります。

 

なので信頼のおける鑑定書であれば査定もしっかりとおこなえるというわけですね。

 

ご参考にしていただければ幸いです。