宝石買取 ルビー リング pt900 0.46ct 東京都のお客様


宝石買取 ルビー リング pt900 0.46ct

お客様情報

お客様: K様

所在地: 東京都

年齢:  60代女性

買取方法:店頭買取

売却品: ルビーリング pt900 5.3g 0.46ct D0.37ct

 

 

ルビーリング 0.46ct

ルビーリング 0.46ct

 

 

 

 

 

ルビーリング買取を依頼した理由

こちらのルビーリングの購入経由をお伺いしたところ、30年前、お客様が社会人1年目の初めてのボーナスで自分へのプレゼントとしてご購入されたものだそうです。

 

初めてのボーナスで購入したということで思い入れがあり、ご購入された当時はとても大切にされていたそうですが、結婚し、お子様がお生まれになってからは付ける機会もないまま月日が経ってしまったそうです。

 

最近、断捨離をしようと大掃除をしている際にタンスの中から出てきたそうです。

 

正直、指輪を見るまでその存在すら忘れてしまっていたとおっしゃっていました。

 

当時の気持ちを思い出し、懐かしい気持ちで指にはめてみたけれど、サイズが合わなくなってしまったそうです。

 

娘さんに譲ろうと思ったそうですが、デザインが古いから要らないと断られてしまった為、持っていても仕方がないと思い売る決心がついたそうで、今回のご依頼をいただきました。

 

 

 

 

 

買取価格

ルビーリング買取金額   ¥20,000-

 

 

 

 

 

ルビーリング査定したポイント

宝飾品の査定は地金の査定金額に+宝石の査定金額で決まります。

 

地金の単価はその時の相場で決まる為、宝飾品の査定額には宝石の査定が大きく査定額に響くのです。

 

しかし、ルビーのような色石にはダイヤモンドとは違い明確な品質の評価基準が存在しません

 

また、今回のように0.46ctと小さく、色味もピンク色に近いルビーになってしまいますと、他店では値段が全く付かないこともあります。(元々、色石の査定を除外しているところも多いです)

 

そうなってしまうと査定額は地金の査定金額のみになってしまいますよね。

 

ですが、ご安心ください。

 

弊社では、色石の査定もしっかりとさせて頂きます。

 

実際に今回のお客様も、他店ではルビーの部分を0円と言われてしまったとおっしゃっていました。

 

思い入れのあるもの、やはり1番高く買い取ってくれるところで売りたいですよね。

 

今回のルビーは上記に書きましたが、大きさは0.46ct、色味はピンク色に近く透明度のあるルビーですので残念ながら高額の査定額をお付けすることはできません。

 

しかし、多少にはなってしまいますが弊社ではお値段をつけさせて頂きました。

 

査定額にご納得は頂いたものの、お客様はやはり、思い入れがあったのと購入時の金額を思い残念そうでした。

 

しかし、売ったお金を足しにして家族と美味しいものを食べて思い出をつくります。

 

と言っていただけました。

 

 

 

 

 

ルビーリング買取 まとめ

ルビーの色が大きく3つに分かれていることをご存知でしょうか。

 

今回のルビーはピンク色に近いルビーになり、

 

チェリー・ピンク」と呼ばれるものになります。

 

スリランカ産で明るい色調で赤みが少し薄く、ピンクに近く、透明度が高い色合いのものを指します。

 

透明感ある赤色がとても可愛いと敢えてチェリーピンクのアクセサリーを選ぶ人もたくさんいますが、ルビーとしての評価は低くなってしまいます。

 

(ピンクサファイアやバイオレットサファイアと呼ばれることもあります)

 

特に美しいと珍重されているのは、「ピジョン・ラッド(鳩の血の色)」と呼ばれるルビーになります。

 

ピジョン・ラッドは主にミャンマーで産で、紫外線を当てると蛍光を発するものが多く、黒味の原因になる鉄の不純物が少ないのが特徴になります。

 

ピジョン・ブラッドほどの鮮やかさはなく、透明度が落ち、やや黒みを帯びた赤色のものを「ビーフ・ブラッド(牛の血の色)」と呼ばれています。

 

ビーフ・ブラッドは主にタイ産です。

 

このように、ルビーは産地や色合いによってその価値も変わっていき、査定金額も変わります。