珊瑚買取 K18珊瑚リング 東京都のお客様


珊瑚買取実績 K18 珊瑚 リング

お客様情報

お客様:H様

所在地: 東京都

年齢:50代女性

買取方法:店頭買取

売却品: 赤珊瑚のK18とPt900コンビリング、K18ネックレス

 

赤珊瑚リング

赤珊瑚リング

 

 

珊瑚買取を依頼した理由

母が使っていたものをもらい、大切にしていたのですがずっと使わずしまいっぱなしでした。

娘に聞いてみたところ「流行りじゃないから使わない」と言われ、そろそろ使わないものはまとめて処分しようと踏み切りました。

前に一度ラフテルで貴金属を売ったことがあり、目の前で査定していただけることでの安心感があり、接客も丁寧でしたのでもう一度ラフテルへ足を運んでみようと思われたそうで、今回足を運んでいただけました。

 

 

 

 

珊瑚買取金額

買取総額      ¥121000-

上記写真買取金額  ¥35000-

 

 

 

 

査定したポイント

珊瑚は真珠や琥珀とともに、鉱物でない有機質起源の宝石で、動物である「珊瑚」がつくりあげる特別な宝石であるといえます。

まず珊瑚には様々な種類があります。赤珊瑚、桃珊瑚、白珊瑚、ピンク珊瑚、黒珊瑚、などがあります。

その中でも最高級品とされているのが赤珊瑚で中でも日本産の赤珊瑚は人気があり、大変価値があるものとなっています。

今回お持ちいただいたものは赤珊瑚です。珊瑚の中で最高級品とされる赤珊瑚にだけカラーグレードというものが存在しております。

珊瑚は大変希少なのでその中でもさらに良し悪しを分けているってことですよね。

ここが一番価値を決める重要な要素となっております。

赤珊瑚の価格の決め手は、カラーグレード、「ヒ」の有無、「フ」の大小

 

カラーグレード

赤珊瑚のカラーグレードは「色味、色むら、キズ」を5段階で評価しております。

Sを最上級とし、S>A>B>C>Dの順にランク分けされてます。赤珊瑚の色のグレードは5段階で、濃い色になるほどグレードがあがり、4~5に当たるものが「血赤珊瑚」とよばれています。

色が濃く赤黒い程、最高級品として扱われるのです。

 

 

「ヒ」有無

「ヒ」とはクラック(縦方向のヒビ)のことです。ヒが無くキレイな状態のものほど高級となります。

 

 

「フ」の有無

日本産の赤珊瑚の特徴として、「フ」というものがあります。

これは珊瑚の中に人間の骨のように通っているもので、日本産の赤珊瑚の証明でもあるのです。

この「フ」は、球形の飾り玉である「丸珠」にカットする際、邪魔になるため、フが少ない血赤珊瑚のほうが、希少価値が高いとされております。

 

今回の珊瑚のリングなのですがまず地金の部分はK18とPt900のリングとなっております。

比率は6対4の割合になっておりそれぞれの割合で計算させていただき7.9gであったので27879円(当時の相場3529円/g)、メレダイヤが0.32ct入っており2000円、珊瑚なのですがカラーグレードは4で血赤珊瑚と査定させていただきました。

裏を見たら「フ」がはいっておりそこがマイナスの査定になってしまったものの、そのほかに傷や「ヒ」などはなく、単一な色調であったため小さいながら5000円出させていただきました。

細かいお値段はサービスさせていただき、35000円となりました。

 

 

 

☆珊瑚 ノウハウ記事☆

「100万以上!高額買取される宝石、血赤珊瑚。破格の4万!購入ならピンク珊瑚のネックレス」
珊瑚買取ノウハウのすべて。偽物に騙されず、高く売る方法とは
珊瑚買取の知識をつけて相場以上に売る方法!
高級な赤珊瑚のかんざしについて書いてみた
最安価格1万台。買うなら生きた宝石、赤珊瑚の指輪

 

 

 

珊瑚買取 まとめ

珊瑚は大きさ、カラーグレード、傷、「フ」、「ヒ」などの有無がお値段を左右する宝石です。貴重な血赤珊瑚ですが、丸珠にカットされているものよりも原木のほうが、高い価値があるとされています。

また、10mm以上の血赤珊瑚は滅多に採れないため、最高級ランクに位置づけされています。

今回のお客様は2度目のご来店になります。なので、前回同様しっかりサービスさせていただきました。

皆さまがお持ちいただく物には色々な思い入れがあるとおもっております。

その大切にしてきたものをお売りいただくわけですから、ラフテルではそのようなことも加味し、すこしでもお客様の気持ちに寄り添って応えようと高額査定させていただいております。