象牙買取 象牙 中国系 像 神奈川県のお客様


象牙買取実績 象牙 中国系 像

お客様情報

お客様: L様

所在地: 神奈川県

年齢:  60代

買取方法:出張買取

売却品:象牙 中国系 像

 

 

象牙 中国系 像

象牙 中国系 像

 

 

 

 

 

象牙買取を依頼した理由

今回お持ちいただいた象牙製品の置物はL様のコレクションの1つだったそうで、最近象牙の相場が下がったと知人から聞き、処分をお考えになったとのことでした。

 

当時は象牙製品の置物や牙などが流行っており、L様もその流行に便乗し購入なさったようでした。

 

その時期は将来象牙は価値が上がると言われていて、期待していたのだが時代が急速に変わり価値が上がるのではなくどんどん下がってしまっている状況でどうしようと考えていたところ知人から弊社ラフテルをご紹介していただいたとのことでした。

 

昔は象牙製品は値段が高く高額なお値段で購入されたようでしたが、ワシントン条約の改定や需要と供給問題で象牙製品も昔と比べるとかなり相場が下がっているとご説明させていただき、このまま持っていてもしょうがないとのことで今回お買取りさせていただきました。

 

 

 

 

買取価格

象牙買取金額   ¥80,000-

 

 

 

 

 

象牙査定したポイント

今回お買取りさせていただいた象牙の置物は高さ30cmほどのものでした。

 

状態はやや汚れ等ありましたが今回のお値段でお買取りさせていただきました。

 

今現在、象牙は昔と比べるとかなり相場が下がってしまいました。

 

ワシントン条約での中国、アメリカが象牙から手を引いてしまったことや、国内の大手会社、ハンコ屋さんなどが象牙製品の売買撤退などが重なり、国内での規制も厳しくなり一気に相場が下がってしまいました。

 

いつ日本も象牙禁止を法律できめてしまってもおかしくないのが現状です。

 

象牙の売買を禁止してしまったらその瞬間に象牙の価値は0になってしまいます

 

このような厳しい現状ですので象牙を買取している数多くのお店も象牙の買取を辞めてしまいました。

 

ですが、弊社ラフテルでは厳しい現状の中なんとか独自のルートを確保しておりますので、国で象牙を禁止するまでは象牙のお買取りを頑張っております。

 

象牙のご処分をお考えの方がいらっしゃいましたら早めの決断をしていただき是非とも弊社ラフテルまでお問合せいただければと思います。

 

 

 

 

 

象牙買取 まとめ

象牙製品をお持ちでご処分をお考えの方からよく登録票についてお問い合わせがあるのですが、登録票のことをご存じない方が多くいらっしゃるのが現状です。

 

ですので、今回は登録票についてご説明したいと思います。

 

そもそも登録票の発行制度ができたのはいつからかというと、1995年です。

 

そのころから登録票のないものは売買ができず、相続や譲り受けなども禁止となっています。

 

もちろん登録票がないまま外に持ち出しも禁止です。

 

刀などと一緒ですね。

 

また、1989年にワシントン条約が設立し、それ以前に象牙を入手された方は登録票がついていないので持っていないのは当然です。

 

この登録票が必要なものは象牙が牙状のものとなります

 

置物やアクセサリー、印鑑などは登録票は必要ありません。

 

では、登録票はどのようにして作成するのかというと、「自然環境研究センター」にて発行手続きができます。

 

また、登録票の作成には作成する象牙が本物かどうかの真贋をすませておかなければいけません。

 

これが済めば、いざ発行手続きとなります。

 

後は、自然環境研究センターの職員の方の指示通りに作業をこなしていただければ完成なので、登録票の原本がご自宅へ届くのを待つのみとなります。

 

こちらの真贋ですが、弊社ではメール査定や出張査定などで真贋をおこなっておりますので、お気軽にお問合せください。

 

現在は象牙の規制がかなり厳しくなり相場がかなり下がっています。

 

ご処分をお考えでしたら早めのご処分をおすすめいたします。