5カラットのダイヤモンドの値段はいくらなのか⁈


よく芸能人がとても大きなダイヤモンドの指輪をしているのをテレビで見たりするのでは無いでしょうか。

1ctで約0.2g程の重さになりますが、ではあの大きなダイヤモンドは一体何カラットでいくらぐらいの値段がするの?と疑問に思うかと思います。

今回はそんな疑問に答えるべく5カラット、つまり1gのダイヤモンドの値段等を紹介していきましょう。

 

 

5カラットのダイヤモンドとは

5カラットのダイヤモンドとは一体どれくらいなのか想像が付かない人も多いのでは無いでしょうか。

冒頭でも話した通り1ctは0.2gですのでその5倍、つまり1gの重さです。

では、寸法はと言いますとラウンドブリリアントカットの場合で直径が11.05mm深さが6.69mmとなります。

通常人気のダイヤモンドのサイズが0.2ctから0.4ctと言われていますので、比較するととても大きいことがわかります。

 

そんな大きなダイヤモンドの埋め込まれた指輪等はセレブの女性達のステータスと化してきています。

特に海外のセレブ達の間では5カラット以上のダイヤモンドが埋め込まれた指輪をはめているのを目にします。

 

 

5カラットのダイヤモンドの値段は!?

ダイヤモンド 買取

では、気になる5カラットの指輪の値段はいくら位なのかを紹介していきましょう。

 

ダイヤモンドはその日に応じて価格が変動したり、為替相場に応じても、日本円で買う際には価格が変動します。

更にカラット(Carat)、カラー(Color)、クラリティ(Clarity)、カット(Cut)の4Cからなる品質評価によっても値段が変わってきます。

 

大体の平均的な相場では4Cの品質評価が1番良い物で2,700万円、1番低い物で340万円程です。

1ctで1番良いものと低いものの値段の差が20万円位なのに対して5ctともなると2,000万円以上も価格の差がある事が驚きです。

ただ大きいものを購入するのか、それとも質の高い物を購入するのかは人それぞれですが、ダイヤモンドには金額に見合っただけの輝きがある事も事実です。

 

 

グレードの高い色合いや透明度はどんな物か

カラーの場合、グレードが上がるほど、無色に近く、光を屈折させることなく、浸透させることができます。つまり、虹色の輝きを引き出すことができるようになり、希少価値が上がります。

 

クラリティの場合、そのグレードが上がるほど、傷なども減り、一般的に婚約指輪に最適といわれているVS-2以上のものは、肉眼では確認できないレベルの傷の少なさをしています。

最高ランクのFL、次いでIFは見た目の差はないといわれていますが、とても高価になります。

 

素人の目での判断は難しい程ですが、最高グレードの物と、低いグレードの物では輝き方が違うと言われています。

買うか買わないかは別にしても是非1度でもグレードの高い物を目にして、グレードの低いものと見比べて見る価値はあると思います。そして、今金銭的に余裕が無かったとしてもいつかは最高グレードの物を手に入れるという野心が芽生える事間違いなしです。

 

ダイヤモンドの選び方は!?

ダイヤモンドの選び方は人それぞれになってきますが、年を重ねるに連れ、ダイヤモンドの大きさよりも質に拘る傾向にあるようです。

質によって輝き方等が変わってくるため、若い時は見栄で質が落ちても大きい物を選んでいても、次第に小さくても4Cのグレードの高い物を選ぶようになります。

ダイヤモンドは高価な物なので幾度と買い換えたりする物ではありません。

後々に満足するような質の高い物を選んで置く事が無駄の無い買い物になるのではないでしょうか。

 

綺麗なダイヤモンドを選ぶコツは透明度

ダイヤモンドは世界で最も硬い物質と言われていますがそんな物質にも傷が付くことをご存知でしょうか。しかし、そんなダイヤモンドも一側方からかかる力には弱いため、欠けたり傷ついたり破損してしまったりすることはあります。

更に内部に入ってしまった異物は磨いても取れない為、傷としての判断になってしまい、透明度の等級が下がってしまいます。

透明度のグレードが高いと入ってくる光が邪魔されずに浸透する為、輝き方も綺麗で見た目に差がつくと言われています。

綺麗なダイヤモンドを持ちたい場合は大きさや色合いを妥協したとしても、透明度には拘って選んだ方がいいと言えるでしょう。

輝き方を重視する事で、質の良いダイヤモンドを選べるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

他の様々な物の場合、大きければ大きいほど、沢山買えば沢山買うほど、格安になったり、割引がきいたりする事があります。

ですが、ダイヤモンドの場合はそういう訳には行きません。

大きければ大きいほど素直に高く、むしろ大きさが2倍でも金額は2倍以上になります。

金額や大きさ等自分に見合ったものを選ぶように心掛けると共に、自らが納得の行く物を購入できるよう、知識を深めることが大切になるかと思います。