ダイヤモンドのさまざまな種類と用途をご紹介

ダイヤモンドのさまざまな種類と用途をご紹介

  宝石の王様とも言えるダイヤモンド。キラキラと輝くダイヤモンドは、昔から世界中の人に愛されてきました。 そのダイヤモンドには、実はいろいろな種類があります。宝石として扱われるダイヤモンドから、工業用のダイヤモンド、また天然ダイヤモンドと人口ダイヤモンドなど、私たちの身近なところにダイヤモ…

ダイヤモンドの色は、どのくらいの種類があるか知ってた?価格も異なるので確認しておきましょう。

ダイヤモンドの色は、どのくらいの種類があるか知ってた?価格も異なるので確認しておきましょう。

宝石の中でもっとも人気が高いダイヤモンド。 無色透明で光り輝くイメージがあるダイヤモンドですが、実はさまざまな色がついたカラーダイヤモンドも珍重されています。 時代とともに流行する色もありますが、そんなダイヤモンドのカラーについて考えてみましょう。       なぜダイ…

ダイヤモンドのカラットとは?ダイヤモンドの美しさにせまる!

ダイヤモンドのカラットとは?ダイヤモンドの美しさにせまる!

女性にとって永遠の憧れの象徴でもあるダイヤモンド。婚約指輪はもちろんのこと、アクセサリーとしていつでも身につけていたい宝石の一つです。 数ある宝石の中でもきらめく美しさと、希少性の高い石として、昔から世界中で珍重されてきました。 そんなダイヤモンドの大きさをあらわす言葉として「カラット」という言葉が…

一生に一度だからこだわりたい!結婚指輪にこそダイヤモンドを。

一生に一度だからこだわりたい!結婚指輪にこそダイヤモンドを。

結婚の記念に夫婦そろって購入するのが結婚指輪です。最近では婚約指輪を省略するケースも増えてきましたが、結婚指輪はみなさん必ず用意されるとか。 以前はシンプルなリングのみ、というデザインが多かったですが、最近ではダイヤモンドやご自身の誕生石をセッティングした結婚指輪のデザインも増えてきました。 今、人…

きらめくダイヤモンドの秘密はカットにあり!

きらめくダイヤモンドの秘密はカットにあり!

きらきらと光り輝くダイヤモンド。女性にとって永遠に憧れる宝石です。 そのダイヤモンドがあのまばゆい光を放つには理由があります。ダイヤモンドのカットの手法です。 昔から引き継がれているカットのデザインから、最近流行の新しいカットまで、ダイヤモンドのカットの種類についてご紹介します。   &n…

ダイヤモンド買取に悩む時には口コミが大事って本当なの?

ダイヤモンド買取に悩む時には口コミが大事って本当なの?

大切にしてきたダイヤモンドのアクセサリーを手放す時、いったいどのお店に相談したら良いのかとても迷いますよね。大切にしてきたからこそ少しでも高く買い取ってほしいし、でもたくさんのお店を回るのはちょっと大変。 買取を悩む時にどうしたら良いか、買取店を探す方法をご紹介します。     …

憧れの1カラットのダイヤモンド!お値段はどれくらい?

憧れの1カラットのダイヤモンド!お値段はどれくらい?

  女性にとって永遠の憧れでもあるダイヤモンド。婚約指輪でもらうなら1カラットのダイヤ!など、雑誌で特集をされることもあります。 ダイヤモンドのわかりやすいイメージとして1カラットという言葉がよく聞かれますが、はたして1カラットのダイヤモンドとはいったいどのようなものなのでしょうか? また…

ダイヤモンドとはどんな宝石か・・・

ダイヤモンドとはどんな宝石か・・・

ダイヤモンドの実態は・・・   宝石として最も知名度が高く、世の中の宝石の中で最も硬度の高い宝石として広く知られている宝石、「ダイヤモンド」。           ダイヤモンドの次に硬いとされているルビーやサファイアのモース硬度は9とされて…

ダイヤモンドの価値はこう決まる!! なぜ、お店によって買取額が違うのか?

ダイヤモンドの価値はこう決まる!! なぜ、お店によって買取額が違うのか?

    ダイヤモンド基礎知識 ダイヤモンドは、この世に存在している宝石の中で周知率がとても高く、世界で一番固い宝石として知られています。 ダイヤモンドのモース硬度は10とされていますが、モース硬度9のルビーやサファイアとは比較にならないほど硬いのですが、一定方向からの衝撃に弱い特…

ダイヤモンドリング買取 0.87ct

ダイヤモンドリング買取 0.87ct

こんにちはー!青木です。 もう秋ですね〜。 秋晴れの空、何気にすきです(笑)でも、寒かったり暑かったりと気温差にやられてしまい風邪ひきましたー。 皆様を気をつけてくださいね。 さて、本題ですが。 今回僕が査定させていただいたのは、ダイヤモンドリングになります。 0.87ctある豪華な品でした。 以前…