ダイヤモンドを徹底比較!クラリティーの大切さを考える


ダイヤモンドの購入を検討する時に、一番見落としがちなのがクラリティーです。カラーと混同してしまうことの多いクラリティーは、ダイヤモンドの輝きにとって重要な要素となっています。そんな大切なクラリティーについてご紹介します。

 

ダイヤモンドを比較するのに大切な要素とは

ダイヤ

ダイヤモンドの品質を比較する時には、国際的に決められた基準があります。その基準をどのくらい満たしているかで、そのダイヤモンドの価値が決まるのです。その大切な要素とはどのようなものでしょうか?

 

ダイヤモンドのクラスを比較する基準は4C

ダイヤモンドのクラスをあらわす基準は「4C」と呼ばれます。これはアメリカのGIA(米国宝石学会)によって出された基準です。この4Cにはカラット、カラー、クラリティー、カットの4つの要素で成り立っており、ダイヤモンドの品質はこれらを総合して判断されます。

 

ダイヤモンドを鑑定する時には、この4Cに基づいたグレード表とダイヤモンドを照らし合せながら、どのクラスに当てはまるかを入念にチェックしていきます。

どれか一つの要素がずば抜けていても、他の要素が基準を満たしていないと、そのダイヤモンドのクラスは下がるしくみになっています。

 

ダイヤモンドのクラリティーとは透明度のこと

この4Cの基準のうち、クラリティーとは「透明度」をあらわす要素です。クラリティーの鑑定のポイントは、そのダイヤモンドの中にある内包物や外からの圧力による亀裂など、輝きをくもらせる原因になるものがどれだけあるかをチェックしていきます。

 

鑑定の方法は熟練した技術を持つ鑑定士(ダイヤモンドグレーダー)が、10倍のルーペを使い細かくダイヤモンドを観察していきます。内包物はカットの角度によって見えないこともあるので、ダイヤモンド全体をくまなく観察し不純物がどの程度含まれているかを見ていきます。

 

クラリティーのグレードは6段階で11グレードに分かれており、最高級の「フローレス」と呼ばれるグレードでは、熟練の鑑定士でも内包物を見つけることができないほど純度が高いダイヤモンドです。逆にもっともグレードが低い「インクルージョン」と呼ばれるグレードでは、10倍のルーペを使わなくとも内包物が確認できるグレードとなっています。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの名前の由来や語源とは?

 

ダイヤモンドの比較をするには何が大切?

高級なダイヤモンドを比較するには、4Cすべてのグレードが大切です。大きさや色は見た目でも判断できますが、クラリティーはどうなのでしょうか?

 

希少なダイヤモンドはそのクラリティーも重要

ダイヤモンドのクラリティーは、ぱっと見た時にあまり目立つ要素ではないので、こんな感じでいいかな?と軽く考えてしまいがちです。しかしダイヤモンドができるまでの成り立ちを考えると、その重要性と希少性はとても大切な要素となるのです。

 

ダイヤモンドは地球の深いところで高い熱と圧力で急激に圧縮されて生まれます。その時にまわりの違う鉱物を、少しだけ取り込んでしまうことがあります。これがいわゆる内包物(インクルージョン)です。

内包物にはまわりの岩石のかけらや、ダイヤモンドとは違う性質の鉱物が大小さまざまな大きさで取り込まれることもありますし、先に固まった部分と後から固まった部分の間に、羽のような模様が入ることもあります。

また原石が固まったあとにさらに力が加わったり、ダイヤモンド原石を掘り出す際の衝撃で亀裂が入り、それが内包物として残ることもあります(ブレミッシュと呼びます)

 

内包物を含まないダイヤモンドはありませんが、10倍のルーペで見つからない内包物はそのクオリティを保証されていますので、クラリティーのグレードでも最高級となります。

またダイヤモンドをカットする時に、目立つ内包物は入らないように加工しており、それでも残ってしまうものは、残念ながらグレードが低くなる原因となります。

 

ダイヤモンドは大きさだけでなくクラリティーも比較して

つい大きいカラットのダイヤモンドにひかれがちですが、ダイヤモンド本来の輝きを楽しむためには、クラリティーがとても大切です。

ダイヤモンドのカットは、とても特殊なブリリアントカットという技法を使っており、一番人気があるのはラウンドブリリアントカットです。

これは真上から見ると真円の形ですが、横から見ると円錐形に近い形をしており、外からの光をダイヤモンドの中で交差するように工夫をしたカットです。このカットのおかげでダイヤモンドは、みずから光を放つような輝きをまとっているわけですね。

 

この光を誘い込むカットをほどこしているのに、内包物があるとそこで光がさまたげられたり、乱反射してしまう原因となります。角度によっては内包物の場所だけが暗く沈むように見え、せっかくのダイヤモンドの輝きがくもってしまう原因となります。

それを防ぐためにも、クラリティーのグレードは重視されており、購入する時にはよく比較したい要素となっているのです。
ダイヤに関する全体的なノウハウはこちらの「ダイヤモンド買取ページ」をお読みください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?ダイヤモンドのクラリティーについて、そしてその重要性についてご紹介しました。

せっかくのダイヤモンドの透明度が低いのはやはり残念ですね。大きさや色も気になりますが、小さくてもきらりと美しく輝くダイヤモンドをぜひ購入してくださいね。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの買取価格がアップ!適正査定のラフテル