【初心者必見】珊瑚ネックレスの手入れ方法を徹底解説


珊瑚のネックレスを持っている方がこの記事を読んでいただいているかと思いますが、ネックレスの手入れはしっかりできていますか?正しい手入れをしていかないと、せっかくの高価な珊瑚が痛みやすくなってしまったり、輝きが出なかったりと本来の本領を発揮しなくなってしまいます。

また、置物とは異なり、珊瑚のネックレスタイプですと普段、使用することも多くあると思いますので、正しい手入れ方法を知っておきたいところです。仮に、珊瑚のネックレスを売却しようとしたら、全く価格がつかなくなっていたということも実際にある話ですので気を付けましょう。

では、早速記事を確認していきます。

 

珊瑚の取り扱いには注意(デリケートです)

珊瑚 デリケート

珊瑚 デリケート

まずは、主成分から知っていただきたいのですが、珊瑚は炭酸カルシウムでできていると言われています。そのため、酸に溶けやすいという性質があります。

例)化粧品、汗、食べ物(食品による)

ですので、普段よく身につける機会のある珊瑚のネックレスは、酸によって溶けやすい環境に直面しているということです。女性の場合は化粧をしていることがほとんどで、夏場であれば汗ばむ機会も多いので、特に気を付けておきたいところです。

実際、珊瑚が酸に触れたままになっているとどうなるかというと、表面が溶けてしまい白く変色してしまったりします。加えて、珊瑚の独特なツヤが失われてしまうので本来の輝きが出なくなってしまいます。珊瑚ネックレスは高価なものですから取り扱いには注意したいところです。

また、もう一点あります。

それは、熱です。

もちろん体温くらいであれば問題はないですが、熱湯くらいの熱さになるとヒビが入ってしまうこともあるので気を付けたいところです。料理をしていて珊瑚のネックレスに熱が伝わってしまい、ヒビが入ってしまうことなども考えうるので注意しておきましょう。

 

珊瑚ネックレスの手入れ方法

珊瑚 ネックレス

珊瑚 ネックレス

ただ、珊瑚が酸に弱いからといって身に付けないのか?と言われたらNOだと思います。なので、珊瑚のネックレスは少なからず酸の影響を受けやすい状態にさらされてしまいます。

そこで大事なのが着用した後の

アフターフォローです。

使用後は必ず、セーム皮やメガネ拭きのような柔らかい布で拭き取るようにしましょう。また、多くを汗をかいてしまったりした時は軽く水洗いをして、水分をしっかりと拭き取り、柔らかい布で拭くようにしておきましょう。珊瑚の拭き方は優しく包み込むように拭くイメージです。

 

珊瑚ネックレスのツヤがなくなってしまった時にはどうすべきか?

珊瑚 ネックレス

珊瑚 ネックレス

長い間、珊瑚を使用していると光沢も薄れてきてしまいます。そんな時におすすめなのが、ポリマール(艶出しの布)で磨くことです。超微粒子の研磨剤が入っており、光沢のなくなった珊瑚のツヤを取り戻させてくれます。

ただ、本当に傷をつけたくないという方は専門の業者にお願いするのも一つの手です。力を加えすぎてしまい、ヒビが入ってしまったではシャレになりません。

ですので、心配な方は業者に相談してみるのが手です。

【まとめ】珊瑚ネックレスの手入れ

珊瑚ネックレスの手入れを後回しにしがちですが、ツヤを保つために使用後には必ずアフターフォローをしておきたいところです。

珊瑚は本当に酸に弱く、すぐに白く変色してしまったり、ツヤがなくなってしまったりなってしまうので注意して使いましょう。

また、珊瑚のネックレスを売却する際にも酸で溶けてしまっている状態ですと、価格が安くなってしまったりするので、手入れはしっかりとやっていきましょうね。

珊瑚ネックレス」をより詳しくしたい方はこちらをお読みください

>>>珊瑚買取はこちらから