ダイヤモンドの価値を決める!ダイヤモンドの色について


 

ダイヤモンドでとても気になるのがその色です。ダイヤモンドといえば無色透明な輝きを伴うのが一般的ですが、実はそれ以外にもさまざまな色があり人気や価値が違います。そんなダイヤモンドのカラーについて調べてみました。

 

 

 

ダイヤモンドの色と価値はどうして変わるの?

ダイヤ 色

ダイヤモンドの価値は、アメリカにある国際的なダイヤモンド鑑定機関「GIA(米国宝石学会)」が決めたグレードに基づき、鑑定が行われています。

ダイヤモンドのカラーは23段階のグレードに分かれており、マスターストーンと呼ばれる見本のダイヤモンドのカラーと比べて鑑定を行います。

高品質のカラーのダイヤモンドは無色透明で、他の基準である「クラリティー」とも相まって、非常に美しい輝きを放ちます。カラーのグレードが落ちていくと少しずつ黄色味

を帯びていき、見た目にも黄色だとわかるグレードまで設定されています。

 

カラーとしてはやはり無色透明であれば非常に価値が高くなりますが、普段使いをするならば中程度のグレードでも十分にダイヤモンドを楽しむことができるでしょう。

 

 

 

ダイヤモンドの価値は色が大切?どんなカラーがあるの?

ダイヤモンドには無色透明のものとは別に、カラーダイヤモンドと呼ばれる色のついたダイヤモンドもあります。地球の中でダイヤモンドが作られる時に、他の鉱物を取り込んだり、精製される時の温度や圧力の違いで偶然に色がつくと言われています。

 

また人工的に作られるダイヤモンドにも、この成り立ちを応用してカラーダイヤモンドを作り出すことも可能です。またあまり高額ではないダイヤモンドに人工的に着色しているものもあります。

 

これらのカラーダイヤモンドはとても希少価値が高く、ファンシーダイヤモンドと呼ばれ人気があります。

ジュエリーとして取引されているのは、イエロー、レッド、ブルーなどがあります。またオークションなどでは、大きなピンクダイヤモンド、ブラックダイヤモンドなどがたびたび取引され、新聞の記事でも取り上げられていますね。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドを売るときの注意点!高く売る方法は?

 

ダイヤモンドの色のランクはどのように決まるのか?またその価値は?

ダイヤ 色

ダイヤモンドのランクを決めるのは「GIA(米国宝石学会)」によるグレードです。このグレードはカラーだけではなく、「4C」と呼ばれる4つの基準があります。

「カラット(重量)」「カラー(色)」「クラリティー(透明度)」「カット(加工技術)」です。

ダイヤモンドの価値はこの4つの基準から、それぞれ細かく分けられたグレードによって鑑定され、それらを総合的に鑑定して価値が決まります。

この4Cの中でもカラーは大切な要素となっており、高いグレードのダイヤモンドほど人気も高く高額で取引されています。

 

またカラーダイヤモンドは、これらのグレードとはまったく違う基準で鑑定が行われており、価値や相場なども独自の価格で取引されています。

 

 

 

ダイヤモンドの色はそのカラーによって価値が変わる?

ダイヤモンドの価値はカラーによって大きく変わります。無色透明のダイヤモンドであれば、カラーグレードに照らし合わせて鑑定を行い鑑定書を作成します。ジュエリーブランドから販売されているダイヤモンドであれば、さらにその価値は高くなり、ブランドという付加価値も相まって、高額なダイヤモンドとなるでしょう。

 

またカラーダイヤモンドはその希少性に人気があり、価値も高いと言われています。無色透明なダイヤモンドは婚約指輪や結婚指輪など記念として購入されるケースが多いですが、カラーダイヤモンドはその独特の色あいや存在感がジュエリーとして人気が高く、ドレスアップのアクセサリーとして愛されています。

特に大粒のカラットで作られたカラーダイヤモンドは、その豪華さから話題になることも多く、他の宝石などと組み合わせた豪華なジュエリーとして、多くの著名人に愛されています。

 

 

 

ダイヤモンドの人気は色で決まる!人気のカラーとその相場は?

カラーダイヤモンドで人気があるのは、ブルー、ピンク、レッド、イエローなどの色です。相場もその色ごとに大きく変わります、

ブルーダイヤモンドはもっとも希少性の高いダイヤモンドで、濃い青色を帯びており大変人気があります。0.5カラットで150〜500万円、さらに大きなカラットのダイヤモンドでは1億円を越えるものもあります。

 

ピンクとレッドのダイヤモンドはそれぞれの色が違い、赤の濃度が濃いほど価格が高くなるようです。結婚指輪のインナーストーンとして使われる方も多いです。

相場価格はかなり広く、0.5カラットで40〜200万円と大きな幅があります。

 

イエローは気軽なカラーダイヤモンドとして人気が高く、日本人の肌色にもなじみやすいため、ネックレスやピアスなどのアクセサリーとして人気があります。相場価格は0.5カラットで20〜40万円ほどです。

 

いずれにしても個性の強いカラーダイヤモンドは、通常のダイヤモンドに比べて希少性が高く、ファッションに敏感な方の間ではとても人気があるダイヤモンドです。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?ダイヤモンドの色と価値について調べてみました。一口にダイヤモンドの色と言っても、とても多くの色があり、それぞれに価値が違いますね。

ぜひご自身のダイヤモンドについて参考にしてみてください。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの買取価格がアップ!適正査定のラフテル