一生に一度だからこだわりたい!結婚指輪にこそダイヤモンドを。


結婚の記念に夫婦そろって購入するのが結婚指輪です。最近では婚約指輪を省略するケースも増えてきましたが、結婚指輪はみなさん必ず用意されるとか。

以前はシンプルなリングのみ、というデザインが多かったですが、最近ではダイヤモンドやご自身の誕生石をセッティングした結婚指輪のデザインも増えてきました。

今、人気のあるダイヤモンド入りの結婚指輪について考えてみましょう。

 

 

 

結婚指輪とは?いつ使うもの?

まず結婚指輪とは何かを調べてみました。よく間違われてしまうのが婚約指輪です。

婚約指輪は男女が結婚の約束をした記念として、男性から女性に贈られる指輪です。約束や記念としての意味合いが強く、日常的に使うというよりも、パーティなどの華やかな席やお祝い事などで正装する時に使います。

それに対して結婚指輪は、いわゆるペアリングです。結婚する男女が結婚式の誓いの約束の際に、お互いに交換しあうもの。その後も日常生活で常に身につけて使います。

 

婚約指輪はお祝い事などがないとなかなか使う機会が少なく、少し寂しい思いもすることがあります。しかし結婚指輪は毎日使うものなので、やはり気に入ったデザインや好きな宝石が入っているのは嬉しいものですね。

 

 

 

結婚指輪にダイヤモンドは入れないもの?

ダイヤ買取

以前の結婚指輪はシンプルなリングで、デザインもあまり凝ったものはありませんでした。いわゆるかまぼこ型のリングを薬指にはめて、日常的に使用していました。

 

しかし最近ではリングそのものにも、デザインが入った指輪が使われたり、ダイヤモンドや誕生石をはめた結婚指輪も登場しています。

婚約指輪を購入せずに、その分を結婚指輪にダイヤモンドを使ったデザインのものにする、という選択も増えています。

 

ダイヤモンドを使っていけない、という理由はまったくありません。

以前は宝石をはめたリングを日常的に使うのは傷をつけたり宝石がはずれたり、という心配があったとされていますが、今は技術も進んでそのような心配もなくなりました。

また結婚指輪の裏側に、小さなダイヤモンドを入れる習慣がヨーロッパにありましたが、それを受け継いだのちに、表側にもダイヤモンドを入れるようになった、とも言われています。

 

 

 

ダイヤモンドを入れた結婚指輪のデザインは

婚約指輪のように立て爪の立派なセッティングでは、さすがに使いづらいと思いますが、結婚指輪にきらりとダイヤモンドが光るのはとても素敵なですね。

 

デザインは基本、指輪のアーム部分にダイヤモンドを埋め込むスタイルが多くとられています。

一粒だけダイヤモンドが目立つように配置したり、またとても小さいダイヤモンドを石畳のように埋め込むスタイル(エタニティと呼ばれます)が主流です。

一粒のダイヤモンドとエタニティを併用することもあり、その場合は一つだけをカラーダイヤモンドにするというデザインを使うこともあります。

いずれにしても、ダイヤモンドのあしらい方で自分だけの結婚指輪を作ることができますね。

 

ちなみに男性の結婚指輪にはダイヤモンドを入れずに、アーム部分のデザインだけおそろいにしたり、指輪の裏側に一粒のダイヤモンドを入れるなど、配慮されたデザインの指輪が人気のようです。

 

 

 

ダイヤモンド入りの結婚指輪で困ることは

ダイヤモンドを使った結婚指輪にもデメリットがあります。

日常の家事でつい傷をつけてしまったり、うっかりダイヤモンドが外れてしまうなどのアクシデントです。

またお子さんが生まれて、抱っこをしている時に肌に傷をつけてしまった、またセーターなどをひっかけてしまう、ということもあります。

 

生活する上で起きるアクシデントには、家事をする時には外すというのが一番です。

昔は寝る時にもつけているもの、という結婚指輪でしたが、今は自宅にいる時は外す、また仕事の間ははめない、という方も増えています。

 

またダイヤモンドがポロリと取れてしまうことがありますが、その時にはあわてずに、外れたダイヤモンドをていねいに拾い、購入したお店へ持って行って修理をしてもらいましょう。必ず元に戻りますのでご安心を。

 

 

 

ダイヤモンドがついている満足感

結婚指輪にダイヤモンドを入れたデザインにすることで、日常的にダイヤモンドを使うという満足感を得ることができます。

イヤリングやネックレスは鏡を見ないとつけている姿を確認することができませんが、結婚指輪ならばいつでも視界に入れることができます。きらりと光るダイヤモンドに幸せな気持ちにもなることでしょう。

婚約指輪ももちろん大切な記念ですが、毎日つける結婚指輪にこそ、幸せな結婚を確認することのできる、ダイヤモンドを入れるのがオススメです!

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?以前は結婚式までがとても大切なイベントのように考えられていたため、婚約指輪に重点をおくスタイルでした。

しかし今は、長い人生の日々の充足感を考える人が増えており、毎日使う結婚指輪にこそ気に入ったデザインで、少しアクセントとなるダイヤモンドを使うデザインを選ぶ人が増えています。

ご購入を考えていらっしゃるようでしたら、ぜひダイヤモンド入りの結婚指輪も候補に入れてみてくださいね!