ダイヤモンドのカラットとは?ダイヤモンドの美しさにせまる!


女性にとって永遠の憧れの象徴でもあるダイヤモンド。婚約指輪はもちろんのこと、アクセサリーとしていつでも身につけていたい宝石の一つです。

数ある宝石の中でもきらめく美しさと、希少性の高い石として、昔から世界中で珍重されてきました。

そんなダイヤモンドの大きさをあらわす言葉として「カラット」という言葉があります。そのカラットとはいったい何のことでしょうか?カラットについて考えてみました。

 

 

 

ダイヤモンドのカラットとは何のこと?

ダイヤモンドを探していると、よくカラットという言葉を聞きます。このダイヤモンドは0.5カラットです、などという表現です。

この「カラット」とはダイヤモンドなど宝石の重さをあらわす単位のことです。1カラットは0.2gと決められています。ダイヤモンドだけではなく、他の宝石類もこのカラットという単位を使っています。

ダイヤモンドだけではなくすべての宝石の重さをカラットであらわしていきますが、宝石によって密度が違うため、大きさは必ずしも一定ではありません。

 

 

 

カラットとダイヤモンドの大きさに関係はある?

カラットはダイヤモンドそのものの重さをあらわしているので、見た目の大きさはやや異なります。なぜならばダイヤモンドはカットによって見た目の大きさにかなり変化が変わってくるのです。

一般的に1カラットのダイヤモンドというと、およそ6.5ミリほどになります。よくある婚約指輪のダイヤモンドは0.3カラットで4.4ミリほどになりますが、実はダイヤモンドの見た目の大きさ0.01gでもかなり変わって見えるのです。

 

0.3カラットのダイヤモンドは0.06gとなり、1カラットは0.2gとなります。0.1gを超えるダイヤモンドはカラットであらわすと0.5カラットから0.6カラットぐらい。つまりこの辺りからぐっと存在感のある大粒なダイヤモンドだと考えることができます。

 

カラットであらわされるダイヤモンドは、小さいサイズだとどうしても光を集めにくく、輝きがやや控えめな印象となります。しかし一般的に大粒と言われる0.5カラットを超えると、カットによっては屈折率がぐんと上がるため、集める光の量が急激に多くなります。そのため実際のサイズ感よりも、さらに大きなダイヤモンドに見えるようになるのです。

見た目のサイズ感は非常に重要で、特に輝きを集める加工をほどこすダイヤモンドの場合は、カットやクラリティと呼ばれる透明度でも大きな違いが生まれ、それが価格の違いへもつながっていきます。

 

 

 

ダイヤモンドの美しさをあらわす4Cとは?

ダイヤモンド 買取

ダイヤモンドは原石の質ももちろん重要ですが、原石の重さ(カラット)、原石の色(カラー)、原石の透明度(クラリティー)、原石のプロポーション(カット)の4つの要素が最高級であることが、必要とされています。

この4つの要素をダイヤモンドの評価として「4C」と呼んでいます。

 

ではカラット以外の要素についても少し見ていきましょう。

「カラー」は文字通りダイヤモンドの色を指します。無色透明な色の場合、少しでも黄色がかっているだけで、品質をあらわすグレードが下がります。見た目にはほとんどわからないカラーのグレードですが、非常に厳密に定められており、全部で5クラス23段階に分かれています。

 

「クラリティー」は石に含まれる内包物をあらわします。ほんの少しの違う鉱物や気泡など、傷のように見えるものはグレードが下がります。肉眼では見えない内包物も10倍の顕微鏡で細かく見ていきますので、専門家の詳しい知識と技術で鑑定されていきます。

このグレードも12段階に設定されています。

 

最後は「カット」についてです。原石から切り出されたあと形を整え、美しさに磨きをかける研磨を行います。カットの形はおよそ30種類ほどのデザインに分かれていますが、時代による流行によって常に変化しています。

カットの技術でダイヤモンドの美しさは決まりますし、またそのカットに耐えられる品質の高いダイヤモンドでないと、美しいジュエリーとはなりません。

 

 

 

ダイヤモンドのカラットはやはり重要

ダイヤモンドの美しさを決めるのは4Cという4つの要素だということがわかりました。

この要素がすべて高品質であれば、それだけ希少性の高いダイヤモンド、すなわち高値で取引されるダイヤモンドということになります。

この4Cの要素の中で、カラットはやはり重要視したい要素でもあります。カラット数が低ければ見た目のサイズもかなりダウンしますから、あまり繊細なカットをほどこすことはできません。しかし大粒のダイヤモンド、つまりカラット数が高ければ繊細なカットも可能ですし、さまざまなジュエリーへの加工も可能となり、可能性が広がります。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?ダイヤモンドでよく聞く言葉「カラット」から始まり、ダイヤモンドの価値を決める4Cについても調べてみました。

すべてが高品質のダイヤモンドももちろん憧れの宝石ではありますが、カラット数の高いダイヤモンドをカジュアルに身につけるのも、ゴージャスで素敵な使い方だと思います。

素敵なダイヤモンドと出会えることをお祈りしております。