ダイヤモンドの作り方!実は人工的に作り出せる


ダイヤモンドと言えば、美しい輝きを放っており、世界的に人気のある宝石となっています。ダイヤモンドは自然鉱物であり、希少性が高く高額取引されています。しかし、実はダイヤモンドは人工的に作り出すことが可能です。人工的に作り出したダイヤモンドは、人工ダイヤモンドもしくは合成ダイヤモンドと呼ばれています。

 

人工ダイヤモンドの作り方には、主に「高温高圧法」と「化学気相蒸着法」の2つがあります。どちらの作り方でも、人工ダイヤモンドを作り出すことが可能です。人工ダイヤモンドを作り出す理由は、工業用部品や工具、機械などに利用するためです。ダイヤモンドは硬いのが特徴となっています。その硬さは工業用の機械などに使用するのに便利です。とは言え、天然のダイヤモンドを使うのは高価でもったいないため、人工的にダイヤモンドを作り出すことで、工業用の機械などに使用しているのです。

 

 

 

人工ダイヤモンドの作り方には2つある!

ダイヤ買取 埼玉県

人工ダイヤモンドの作り方と「高温高圧法」

人工ダイヤモンドの作り方として、まず挙げられるのが「高温高圧法」です。高温高圧法を簡単に説明すると、高温と高圧で作られる方法となっています。高温と高圧によって、黒鉛の結晶構造をダイヤモンドと同じ結晶構造にすることで、人工ダイヤモンドを作り出すのです。高温高圧法は、人工ダイヤモンドを作り出そうとした初期の段階から使用されています。特徴としては、低予算で人工ダイヤモンドを作り出すことができることです。

 

 

 

人工ダイヤモンドの作り方と「化学気相蒸着法」

人工ダイヤモンドのもう1つの作り方が「化学気相蒸着法」です。化学気相蒸着法を簡単に説明すると、炭素原子の液体や個体などを蒸発させ、ダイヤモンドのもとになる炭素原子を含んだ化合物気体から人工ダイヤモンドを作り出す方法です。化学気相蒸着法の特徴としては、厚さ方面に成長させるのに時間がかかってしまう点となっています。そのため、大量生産には高温高圧法の方が優れているのですが、化学気相蒸着法は高圧力環境を必要としないメリットがあります。

 

合わせて読みたい→良質なダイヤモンドの選び方

 

人工ダイヤモンドの作り方の歴史!

 

人工ダイヤモンドの始まり

人工ダイヤモンドを作り出そうとする試みは、1879年頃から行われているとされています。しかし、人工的にダイヤモンドを作り出すことに成功したのは20世紀後半のことです。1955年、アメリカの会社が高温高圧法による人工ダイヤモンドの合成に成功したことを発表しています。さらに、スウェーデンの会社も人工ダイヤモンドの合成に成功していたことを発表しています。その後も、人工ダイヤモンドについての研究は進み、高温高圧法や気相蒸着法以外の人工ダイヤモンドの作り方についても研究されているのです。

 

 

 

人工ダイヤモンドの現状

人工ダイヤモンドを作る技術については、どんどん進化を遂げているとされています。生産コストも下がっており、天然ダイヤモンドの約半分のコストまで抑えることが可能とされているのです。しかも、天然ダイヤモンドに引けを取らないほどの品質や科学的成分になりつつあります。そのため、これまでは「人工ダイヤモンド」=「工業用」のイメージだったのですが、今後は宝石として人気になる可能性があるのです。天然ダイヤモンドを扱い業界としては、人工ダイヤモンドに戦々恐々としているとの声まであります。もしかしたら、将来的にはダイヤモンドは人工ダイヤモンドが当たり前になるのかもしれません。

 

 

 

人工ダイヤモンドの作り方と価値!

ダイヤ買取 東京

人工ダイヤモンドには価値がある?

人工ダイヤモンドの作り方や歴史がわかったところで、気になるのが価値ではないでしょうか。人工ダイヤモンドの価値は、天然ダイヤモンドに比べると低いのが現実です。天然ダイヤモンドと人工ダイヤモンドで同じカラット・条件だとしたら、天然ダイヤモンドの数パーセントほどの価値しか人工ダイヤモンドにはありません。とは言え、人工ダイヤモンドは天然ダイヤモンドと比べても、肉眼ではほとんど見分けることができません。今後さらに人工ダイヤモンドの技術が向上すれば、人工ダイヤモンドの価値は高まることでしょう。これからの人工ダイヤモンドには注目です。

 

 

 

まとめ

ダイヤモンドは人工的に作り出すことが可能です。人工的に作り出したダイヤモンドは人工ダイヤモンドとされており、工業用などとして使われています。人工ダイヤモンドの作り方は、主に「高温高圧法」と「化学気相蒸着法」の2つです。他にもいくつかありますが、この2つが代表的な作り方となっています。人工ダイヤモンドの価値は、天然ダイヤモンドに比べれば圧倒的に低いです。しかし、今後人工ダイヤモンドの技術が向上されることで、人工ダイヤモンドの価値は高まる可能性があります。そのため、今後の人工ダイヤモンドについては注目なのです。いつの日か、ダイヤモンドと言えば人工ダイヤモンドとなり、ダイヤモンドがもっと身近なものになるかもしれません。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの買取価格がアップ!適正査定のラフテル