ダイヤのピアスなら素材はプラチナがベスト?


ダイヤモンドを使用したピアスは、耳元を美しく飾り付けしてくれ、上品さを演出することができます。ダイヤモンドのピアスなら、素材はプラチナがおすすめです。プラチナの和名称は「白金」であり、白く美しい輝きを放つ金属です。レアメタルの一種であり、なかでも希少価値がとても高いのが特徴となっています。

また、ダイヤモンドと同様、物質としての安定感が抜群であり、薬品や熱などの耐久性に強いです。ダイヤモンドの素材にプラチナがおすすめの理由は、より上品さを演出することができるからです。同一系統の色であり、高級感もあるため、より上品な雰囲気を醸し出すことができます。特別なダイヤモンドピアスをご所望なら、素材はプラチナを選ぶのがおすすめです。

 

 

 

ダイヤのピアスでプラチナを使用するメリット!

0.7ctのダイヤモンドの買取額は?3

高級感を出すことができる!

ダイヤモンドのピアスでプラチナを使用するメリットとしては、やはり高級感を出すことができることが挙げられます。プラチナは、数多くある貴金属の中でも希少価値が高いです。そのため、ピアスの素材として使用することで、高級感を出すことができるのです。しかも、ダイヤモンドとプラチナは同一系統の色であり、相性が抜群となっています。これにより、より上品で高級感を出すことができるのです。ダイヤモンドのピアスで、大人な雰囲気を出したいなら、素材をプラチナにするのがおすすめです。

 

 

 

資産価値として考えることができる!

ダイヤモンドのピアスの素材としてプラチナを使用することで、資産価値の面でもメリットがあります。

先ほども紹介したように、プラチナは貴金属の中でも希少価値が高いです。そのため、プラチナは資産価値があると考えることができます。もちろん、プラチナは買取の対象となっており、高額査定になることもあります。ダイヤモンドのピアスを買取に出す場合、もし素材がプラチナならダイヤモンドの査定額にプラスして、プラチナの査定額も加わるのです。ダイヤモンドジュエリーを資産価値の面で考えるなら、プラチナはメリットがあると言えるでしょう。

 

 

 

ダイヤのピアスでプラチナ以外の素材について!

ダイヤ付金トップ買取

代表的なのは金!

ダイヤモンドのピアスの素材としては、プラチナ以外にも金を使うこともあります。金は代表的なピアスの素材と言えます。金の中にも種類があり、「24金」「18金」「14金」「10金」などがあり、それぞれ金の含有量が違うのです。24金は99.99%が純金であり、18金は75%が純金となっています。14金は58%、10金は42%が純金であり、金の含有量が多いほど高価になるのです。

ピアスの素材としては、18金や14金が使われやすい傾向があります。これは、高級感と加工のしやすさを両立できるからです。ダイヤモンドのピアスの素材に金を使うことで、ゴージャスな雰囲気のあるピアスになります。また、プラチナと同様、資産価値があるのも特徴です。

 

 

 

デザインが豊富なのはシルバー!

シルバーも、ダイヤモンドのピアスの素材として使用されることがあります。シルバーの特徴は安価であり、加工しやすい点が挙げられます。また、シンプルな輝きで存在感も十分です。シルバーを素材にしたピアスは、デザインが豊富です。安価で利用しやすく、加工しやすいためデザインがたくさん用意されているのです。もちろん、ピアスの価格も、プラチナや金に比べれば安くなります。気軽にダイヤモンドのピアスを購入したいなら、素材はシルバーを選択するのがおすすめです。豊富なデザインから、自分のお気に入りのデザインを見つけましょう。

 

 

 

金属アレルギーならチタン!

最近では、ダイヤモンドのピアスの素材としてチタンが使用されるケースもあります。チタンを使用するメリットとしては、金属アレルギーの方でも使用しやすいことが挙げられます。チタンは、アレルギーを起こしにくい金属とされているのです。そのため、金属アレルギーの方がピアスを選ぶ際には、チタンを素材にしているピアスを選ぶのがおすすめとなっています。ただし、チタンは加工するのが難しい金属となっており、比較的にシンプルなデザインが多い傾向があります。宝飾品としてのチタンは、発展途上の素材となっており、今後の発展に注目です。

 

 

 

まとめ

ダイヤモンドのピアスは、プラチナを素材にするのがおすすめです。プラチナは、希少価値が高く、美しい輝きを放ちます。ダイヤモンドと同一系統の色のため、相性は抜群であり、上品な雰囲気を演出することができるのです。また、資産価値のある素材となっているため、買取に出す際もプラスとなります。プラチナ以外にも、金やシルバー、チタンなどが素材として使用されます。金ならゴージャスな雰囲気を演出することができ、シルバーなら豊富なデザインが用意されているのが特徴的です。また、チタンはアレルギーを起こしにくい金属となっており、金属アレルギーの方におすすめとなっています。ぜひ、ダイヤモンドのピアスを選ぶ際には、素材にも注目してみてください。