中国切手こんな高い⁈中国切手を高額買取してもらう方法


牡丹小型シート

中国切手を持っているもの、「どうしていいかわからない方」いらっしゃるのではないでしょうか。ただ、中国切手はものによっては非常に高価なので丁寧に取り扱う必要があります。ただ、素人だと普通の切手との差はほとんどわからないのが現状です。

切手は、ご存知の通り紛失しやすかったりします。買取をしてもらっていれば、かなりの高額だった、なんてことにならないように、まずはこちらの記事で中国切手の価値と、高く買い取ってもらう方法を見ておきましょう。

 

中国切手の市場状況とは

中国切手の市場と経済発展

バブル期の日本がそうであったように、経済が発展するとその国の人々は自国の骨董品や美術品を収集し始めます。
中国本土でも少し前から、骨董品、美術品、コインや切手などの価値が高騰し投機ブームが訪れました。その流れに乗って中国切手も価値が急上昇しました。
特に、文化大革命前後(1960年代~70年代)に関しては時代背景も相まって、高額で取引されています。
また、文化大革命が始まると、中国国内での切手収集は禁止同様の状態となり、さらに1967年には国外の切手の輸出も禁止されるなど、一部の旅行者がお土産などで中国切手を持ち帰った物など非常に少数の中国切手しかない事になります。

 

日本で高騰

中国で当時の時代背景では、骨董品、美術品を初め個人で収集する余裕がありません。したがって保管状態も悪いものがほとんどです。中国切手も同様に現在中国本土を流通している物は状態が悪く、また贋作やコピー品が横行し始めています。このような状況の中、日本では中国よりも早くから骨董品、美術品をはじめ切手の収集をするという習慣があり、コピー品なども作るような人はあまりいません。そのような状況から中国人バイヤーが日本の中国切手市場にも買い求めに来たことにより、中国切手が日本で高騰した背景があります。

 

最近のトレンド

やはり、文化大革命前後(1960年代~70年代)、オオパンダや毛主席シリーズなどの中国切手は有名ではないでしょうか?
また、1980年代になりますが、赤猿(子ザル)は中国切手の代名詞となっています。
また、切手ではなく小型シートに分類される、梅蘭芳舞台芸術や、牡丹小型シート、徐悲鴻莽馬シリーズ 小型シート、中国人民共和国成立15周年、徐悲鴻、雲南のツバキ、少年たちよ、子供の時から科学を愛そうなども、人気で高額な取引になっています。

少年たちよ、子供のときから科学を愛そう小型シート

(中国切手 少年たちよ、子供の時から科学を愛そう)

 

中国切手の相場

中国切手の相場ですが、希少価値と人気によって値段が決まっています。
また、綺麗な状態で保管されている物が少なく、同じ切手でも、保存状態により相場1/10程度の買取額になってしまう物も少なくありません。
業者間での売買を行う市場や、個人でも参加できるオークションによって相場は把握出来ます。
近年では、中国経済の発展により、多くの中国の裕福層の間でも、自国の切手収集がブームとなっており、中国切手相場を後押ししています。
中国切手の価格を知るためには?
中国切手には額面以上になる高価な切手が含まれています。そのようなものはあらかじめ自分で大体の値段を把握することによって査定額の上昇へと繋がります。
売却する側からしてみれば、本来高額な価値があるにも関わらず通常の切手と同じように額面通りの取扱いをされてしまい、結果的に高価な商品としての価値を逃してしまう可能性もあるのです。
このように損をしないためにも、手元にある切手が高価なプレミア切手かどうかだけでもきちんと自分で調べてみたり、その取引価格や価値を事前にある程度知っておくことは、有利な買取を進めるためには必須条件となります。
高価な切手の見極め方は、様々切手買取店のホームページなどを検索してその切手の平均の買取り相場を確認することです。また、ヤフオクなどのオークションも、切手がどれくらいで売れているのかを確認する手段としてはいいと思います。

 

中国切手買取相場

中国切手を高く売るための3つのポイント

切手の良好な状態保存をキープするように気を付ける

日焼けや、汚れ、折れ、破れなど一箇所あるだけで、買取額が変わってしまいます。
保存状態によって高価な中国切手の査定額がガクッと下がってしまう可能性があります。
そのため、ストックリーフを使用して保存することをオススメします。

 

総額面を知る

例えば、沢山の中国切手を所持しており、自分で数えるのが面倒な量があったとしても切手1枚ずつの値段を把握することで大体の売却額がわかります。
ここで注意したいのが使用済みの切手、外国の切手、傷や変色してしまっている切手は価値がなくなってしまっているため、ノーカウントとして計算するようにしましょう。

人民元の単位は、元と角と分があり、1元=10角=100分となっています。

2017年現在、1元、約16円です。
1円未満の切手もノーカウントとして計算を進めていきます。
額面を知ることによって売却しに行ったときにどれだけ値段が下がったのかが明確になります。根気強く計算することで査定額の上昇にも繋がるということです。

 

査定額の高い前歴がある切手屋を探す

買取り店としてオススメが色々な品物を扱っている金券ショップやリサイクルショップよりも切手の専門店または、切手買取に特化している買取り屋さんを探すべきです。
その理由として、なにより切手専門だからこそその切手買取に関する豊富な知識や査定の目利きがしっかりしているのです。切手買取店ならば、価値に見合わないような安い価格で切手買取が成立する危険性も少ないので切手の価値にイマイチ自身が持てなくても安心して査定に出すことができます。
また、買取や取扱分野を切手に特化している買取店なので、買取した切手を再び販売や転売するルートを独自に豊富に持っているため、プレミア切手のように高価な切手も含めて必然的に買取り切手を高額な商品として取り扱える可能性が一気に上昇するのも特徴的です。
そして、切手買取店の中でも更にオススメなのが、宅配買取や出張買取で切手査定、買取をしている切手買取店です。
宅配買取や出張買取での査定なら、売却したい切手が大量だとしてもきれいに集めて店頭まで持ち込む手間が省けます。さらに、切手の価値に見合った適正な買取価格が提示される可能性が非常に高いため、高く売却したい人に満足のいく買取取引ができるでしょう。
自宅まで査定士が来てくれて切手を無料査定してくれる出張買取であれば、査定申込をしたら自宅で待つだけで大丈夫です。もう一つの買取方法でもある宅配買取は、買取業者が準備して送ってきた返信用の段ボールに、買取ってもらいたい切手を入れて買取業者へ送り返すだけで買取までできるという時間にとらわれない手軽で簡単な方法が人気となっています。

 

中国切手取り扱い方法

切手は薄い紙に印刷されたものでとても繊細です。特に、中国切手の中でも価値があるのは、製紙技術や印刷技術があまり高くなかった時代のものなのです。中国では古い切手が残っていたとしても、ほとんどが保管方法が悪かったために、印刷が薄れたり、紙が虫にくわれたりしてしまっています。
中国切手を正しい保管方法で保存するのは、その価値を保つことはもとより、中国切手ならではの美しさを鑑賞するためにも大切なこと。切手は湿気に弱いので、湿気を避ける保管方法が必要です。保管方法が正しいかどうかで、中国切手の価値も変わってくるのです。
どのように取り扱うべきか?
古い中国切手はあまりいい紙を使っていないということから、粗末な扱い方をするのは禁物です。また、人間の指のわずかな皮脂でも切手についてしまうと変色の原因になるので、かならず切手用のピンセットを使うようにしましょう。
また、最初から正しい保存方法をしているコレクション(切手)は、あまり取り出さず、そのまま鑑賞するのがいいでしょう。せっかくの高価な中国切手を傷めない為にも、取り扱うときや鑑賞するときは、部屋の湿気を低くすることや、直射日光が入らないように気を付けることも大切な保管のポイントとなってきます。

 

切手の保管方法は?

さて、重要である切手の保管方法についてご紹介致します。
中国切手は、日本の切手よりも傷みやすいですから、保管方法は日本の切手以上に気遣いが必要です。中国切手を傷めずに保管するには、まず一枚一枚切って保護フィルムに入れてから、ストックリーフに保管します。ストックリーフは様々なポケットサイズがあるので、縦長のものでも横長のものでも切手全体をしっかりカバーしてくれます。また、切手を入れたストックリーフ自体の置き場所も重要。湿気を避けるとともに、虫がつかないように、日が差さない戸棚の高い位置に置いて、湿気取りや備長炭などを一緒に入れておくのがよいでしょう。
※ストックリーフとは、切手を綺麗に保管するための道具。
一般的にはストックブック等、本の形をしているものが多い。

 

中国切手を高額買取してもらう方法 まとめ

いかがだったでしょうか?
中国切手がいかにデリケートで状態により買取額が左右されるかがわかったと思います。
少しの折れや、シミ、キズだけでも数万円の買取額の開きが出てしまいます。
中国切手の価値を落とさないよう取り扱いには、十分注意し、しっかり保管しましょう。
また、高額買取を目指すならどこで売却するかも大事になります。
全国にたくさんの買取店がありますが、買取額が一緒なわけではありません。
少なくても、近くのリサイクルショップなどで売却せず、中国切手の買取に力を入れているお店を探しましょう。
時間に余裕があれば、複数のお店を回ってみるのもいいと思います。

 

中国切手の買取額と種類