どんな色のダイヤモンドがお好み?多くの種類があるダイヤモンドの不思議!


女性だったら一度は手にしたいダイヤモンド。婚約指輪に使われることの多いダイヤモンドは、無色透明できらきらとまばゆい光を放つ宝石です。

実はダイヤモンドにはたくさんの種類があり、さまざまな色が豊富なことでも知られています。ではどのような種類と色があるのでしょうか?

 

ダイヤモンドの種類と色の秘密

ダイヤ買取 滋賀県

ダイヤモンドはいったいどのように生まれてきたのでしょうか?地球からの素晴らしいプレゼントであるダイヤモンドの秘密をご紹介します。

 

ダイヤモンドの色は作られる過程で変化する

ダイヤモンドは地球の深いところにあるマグマから生まれます。地球の中にある岩石やさまざまな鉱物が、高温と高い圧力の中で圧縮されて、硬いダイヤモンド原石へと変化します。

その原石は少しずつ地上に押し出されてきて、ダイヤモンド鉱山として姿をあらわします。ダイヤモンド鉱山はインドと南アフリカに多く発見され、厳重な管理の元、少しずつ掘り出されて加工され、きらきらと輝くダイヤモンドになって私たちの手元へと届けられています。

 

ダイヤモンドの色は、地球の中で圧縮される時の温度や圧力の違いや、そこに含まれる鉱物のわずかな違いで、無色透明になるか色がつくかの違いが生まれます。しかしその謎はまだ完全に解明されておらず、地球の神秘的な謎の一つでもあります。

 

ダイヤモンドのグレードは色によって変わる

ダイヤモンドはその品質を決める基準となる項目があり、ダイヤモンドの色もカラーグレードと呼ばれる色見本に照らし合わせてランクを決めていきます。

もっとも無色なものが最高級のランク、だんだん黄色味がかっていくとカラーグレードが落ちていきます。

またカラーダイヤモンドと呼ばれる色のついたダイヤモンドは、別のカラーグレードを使って鑑定をしているため、鑑定の基準や値段をつけるポイントも通常のダイヤモンドとはまったく違うグレードとなっています。

 

ダイヤモンドの色の種類はどのように決まる?

ではダイヤモンドの色は、たくさんある中からどのように決まっていくのでしょうか?

 

ダイヤモンドの色によってランクも変わってきます

ダイヤモンドの品質は、国際基準の「4C」と言われるグレードで決められており、これはアメリカのGIA(米国宝石学会)によって出された基準です。

この4Cにはカラーだけではなく、カラット、クラリティー、カットの要素で成り立っており、ダイヤモンドの品質はこれらを総合して判断されます。

 

カラーだけの要素で見ると、もっとも高額になるのが無色のダイヤモンドで、そこから少しずつ色が加わっていき、最後にはあきらかに黄色のダイヤモンドになるまで、グレード表に記載されています。

高いグレードだけでみると、1ランク落ちたところでもほとんど違いがわからないほどです。それだけ厳しい品質の管理がされているのですね。

また透明度をあらわすクラリティーとの関係も深いため、カラーだけで品質の判断をするのはとても困難です。

 

人気のあるダイヤモンドの色は種類も豊富!

普通のダイヤモンドと違い、カラーダイヤモンドはバリエーション豊かな色が展開されています。有名なカラーだけでも、レッド、ブルー、イエロー、ピンク、グリーン、ブラック、グレー、など、ほとんどの色のダイヤモンドがあります。

 

いずれも天然のカラーダイヤモンドは非常に希少性の高く、大きいカラットともなるとびっくりするようなお値段がつけられています。

ハリウッドのスターが身につけていて話題になることや、ジュエリーブランドの新商品として紹介されることも多いですね。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの色はどのくらいの種類がある?

 

種類豊富なジュエリーは色のついたカラーダイヤモンド!

では見ているだけでも楽しいカラーダイヤモンドは、どのような種類があるのでしょうか?

 

カラーダイヤモンドはグレードの高いジュエリーです

カラーダイヤモンドは小さいサイズであれば、比較的手頃なジュエリーとして購入することができます。他の宝石とくらべると、やはりカラーが入っているとはいえダイヤモンド特有の輝きに満ちていて、きらりとした輝きとはっきりとした色はとても特徴的なものです。

大きいカラットのカラーダイヤモンドとなると、ジュエリーブランドの看板となるジュエリーに使われたり、個性的なデザインのアクセサリーに使われることも多いですね。日常使いというよりも、パーティなどの華やかなシーンに登場するグレードの高いジュエリーです。

 

カラーダイヤモンドのお値段も多くの種類があります

カラーダイヤモンドのお値段も非常に幅が広く、小さなメレダイヤモンドであれば数万円から購入することができます。ピアスやリングなどが種類豊富に販売されています。

大きなサイズのカラーダイヤモンドは、数百万から数千万円になるものまであり、世界に一つしかない6カラットのブラックダイヤモンドは、大変な話題になりました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?ダイヤモンドの色と種類、そしてカラーダイヤモンドについてご紹介しました。

カラーダイヤモンドは、ご自身の大切な記念として購入する方も多く、大人の女性にぜひオススメしたいダイヤモンドです。

種類豊富なダイヤモンドをぜひ楽しんでくださいね。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの買取価格がアップ!適正査定のラフテル