高価で買取される珊瑚一覧


世界各国には、無数の宝石や装飾品があります。そのほとんどの物が海外での採取をされています。その中で、産地が日本として世界的にも認められているもの、それが珊瑚と真珠です。日本では、古くから珊瑚を魔除けやお守りのひとつとして飾っていました。

 

特に「産後のお守り」としての珊瑚は有名です。高価で取引される珊瑚の宝石は、血赤珊瑚という珊瑚の中でも、赤みが強く、血の色のような赤黒い色をした珊瑚がとても高価で取引されています。

 

実は宝石珊瑚は、一般的によく目にする珊瑚礁とは違います。

珊瑚礁は、六放サンゴといい、触手が6本に分かれていて、すり鉢珊瑚、石珊瑚、テーブル珊瑚とイソギンチャク類が含まれています。六放サンゴの特徴は、海の浅瀬50mまでの暖かい場所で、温暖な地域に生息しています。
骨格は、軽石状でとても壊れやすく加工出来ないので、宝飾品には適していません。

宝石珊瑚で使用する珊瑚は、八放サンゴといい、触手が8本に分かれています。
特徴は、100m以上の太陽の光が届かない冷たい深海で生息しています。
宝石珊瑚として使用される珊瑚は、硬度が人の歯と同じくらいの硬さで、磨くと美しい光沢が出ることで、宝飾品として愛用されてきました。

 

 

宝石珊瑚の一覧をご紹介

珊瑚買取

様々な宝石珊瑚がありますので、それを一気に紹介します。

 

 

「血赤珊瑚」

日本原産、高知県沖で採取される血赤珊瑚。地中海でも赤珊瑚は採取されますが、日本産の珊瑚との違いは色にあります。赤珊瑚よりも更に深く濃い色、血のような赤黒い色をした色にちなんで、血赤珊瑚と呼ばれています。


血赤珊瑚は、土佐沖、海底100m~300mに生息しています。天然ものなので、虫食いやキズ、ヒビなども入っている為、状態が良いものは採れたうちの1~2程度しかないです。

 

 

「赤珊瑚」

地中海原産の赤珊瑚。イタリア・フランス・スペイン・チュニジア・ギリシャなどの地中海沿岸の国で採取されています。赤珊瑚は、50m~200mと日本の珊瑚よりも比較的浅い海底に生息しています。


他の珊瑚よりも柔らかく、キズや薄い白濁などの欠陥があるのが多く、採取した中でも商品になるものは少ないのが欠点です。
状態の良い珊瑚は、研磨した時に色やツヤがとても綺麗なものになります。

 

 

「桃色珊瑚」

桃色珊瑚は、様々な色彩で赤に近いピンクや白に近いピンク色もあり、宝石珊瑚の中では、最も大きく成長します。桃色珊瑚は、日本近海で採取されます。
水深200m~500mに生息。宝石珊瑚の中でも大きく成長し、1m以上の原木もあります。重さも40kgととても大きく育つのが特徴です。

 

桃色珊瑚の中でも均一にピンク色が出ているものは、「本ボケ」と言われていて、高価で取引されていました。しかし、多く採取されたために今では採取できません。幻の珊瑚となっています。

 

 

「白珊瑚」

白珊瑚は、南シナ海、沖縄近海、長崎沖、土佐沖などで採取されます。水深100m~400mの海底に生息しています。骨軸の部分が白色をしており、表面自体は桃色であるため、研磨前の見た目は桃色珊瑚と似ています。白色は、純白からセピア色まであります。象牙色のものは、ほとんどなく貴重なものです。純白の白珊瑚も大変貴重でほとんど出回ることがありません。

 

 

「深海珊瑚」

深海珊瑚は、1000m以上の海底で採取される珊瑚です。白色とピンク色が混ざり合ったもので、均一の単色のものがやはり高価に取引されています。色の具合によっては、桃色珊瑚、白珊瑚として用いられます。

 

 

「黒珊瑚」

今までの宝石珊瑚と違い、六放珊瑚の一種です。そのため輸入が禁止されています。
採取も環境保護のため、ハワイ州政府の認めた漁師のみが許可されています。

 

珊瑚細工 加工一覧

珊瑚

有名な彫刻家・職人が制作した物
宝石珊瑚の加工にも様々な硬い形状があります。
加工されるなかでは、高価なものは、有名な職人が手掛けたものであると、価値が上がります。
素材にかかわらず価格が上がる傾向にあります。

 

 

血赤珊瑚指輪・リング

血赤珊瑚が丸型に加工されているものは高価です。
原木は10mm以上成長するものが珍しく、10mmで加工されているものは、大変貴重です。

 

 

原木

綺麗な赤珊瑚は、原木のまま流通しているものも数多くあります。綺麗な扇形をした赤珊瑚、鑑定付きのもので、とても高価な取引がされています。

 

 

その他の加工装飾された珊瑚

観音様・仏像・ブローチ・数珠・そろばん・ネックレスペンダントなど

 

様々な加工された宝石珊瑚が存在します。宝石珊瑚は天然物で、キズやへこみなど細かい部分でついていることが多いです。天然物の味わいとして、そのまま加工してあります。
キズの少ないものほど希少価値があり、高価で取引されています。

 

 

珊瑚の買取について

珊瑚の買取価格は、どこまでの金額を出すかは業者や個人の人によっても違います。
自分で確かめるために、ある程度色々な業者の価格を見て相場感を養っておくのが賢明です。
オークションに出す場合も自分である程度のラインを知っておくとよいでしょう。