MENU

買取・査定のお申し込み

  • 0120-576-250 営業時間 平日 9:00—18:00
  • メールでの査定・買取
  • LINE査定
    • 宅配買取
    • 出張買取
    • 店頭買取

閉じる

宝石

HOME > 宝石買取について > エメラルド買取について

エメラルド買取について

エメラルド買取について

エメラルドの買取実績

エメラルドの高価買取実績

エメラルドとは

エメラルドリング買取

エメラルドの名前の由来はサンスクリット語で「緑の石」を指している「スマラカタ」という言葉があり、ギリシャ語では「スマラグドス」という言葉から変化をしていった結果、現在のエメラルドになったと言われています。

和名は「翠玉、緑玉」の二つとなっています。

 

エメラルドは愛の石とも呼ばれており、愛の力がとても強いとされる石とされています。

これは恋愛成就などに有効だとの言い伝えがあります。

エメラルドを身に着けることにより、人間として成長することもできるとの言い伝えもあり、知恵や忍耐力が強くなると言われています。

 

どれも恋人や夫婦にとって、大きな力をもたらす石とされており、エメラルドをプレゼントすることが愛と献身を意味すると言われており、結婚のお守りとして持つ石としても有名です。

3大宝石に名を連ねるエメラルド!?

エメラルドは緑色の美しい宝石として世間に周知されています。

美しく澄んだ緑色はエメラルドが発見されて以来、その美しさに心を奪われ特別な石として魅了されてきました。

エメラルドは5月の誕生石として有名で「幸福・希望・恵み」などの象徴や愛を誓うために渡す石としてもとても多くの人々に人気があります。

エメラルドの緑色は、「再生のシンボル」としても有名で、宝石の中でもひときわ価値が高いとされています。

更にエメラルドは3大宝石(ダイヤモンド・パール・エメラルド)と5大宝石(ダイヤモンド・パール・エメラルド・サファイア・ルビー)の両方に挙げられるほど、人気があり価値の高い宝石の1種となっています。

エメラルド 

エメラルド買取

分類・ケイ酸塩鉱物

形成・Be3Al2Si6O18

屈折率・1.577 - 1.583

結晶系・六方晶系

モース硬度・7.5

比重・2.7

光沢・ガラス光沢

・鮮緑色(エメラルド色)

 

 

鉱物名

エメラルドの鉱物名はベリルであり、緑柱石の一種です。

内部に含まれるクロムやバナジウムといった元素により、肉眼では緑色から淡緑色に見えます。

エメラルドには内部に特有の傷があり、多くの不純物を含んでいることが多いとされています。

モース硬度を見てみるとかなり硬い石のはずですが、内部に多くの傷や不純物があるという結晶の性質上、外部からの衝撃に極端に弱い宝石です。

エメラルドは世界の4大宝石にも数えられており、古代エジプトではクレオパトラも宝石として使用していたと言われています。

エメラルドの多くはオイル処理がされており、内部の傷を隠すことや石の耐久度を高める処理が施されています。

エメラルドの評価を決めるのは色とインクルージョン(不純物)と産地となります。

まず、色はエメラルドグリーンのような軽い緑色ではなく、深く重みのある緑色が良い宝石とされています。

次にインクルージョンですが、元々エメラルドには入っていて当たり前のものとなりますが、できる限り少ないものが良い宝石とされています。

最後に産地ですが、これはとても重要なポイントの一つとなります。

エメラルドを購入する際にはできる限りコロンビア産を選ぶことが良いとされています。

コロンビアは良い宝石が採れるということから、エメラルド、ルビー、サファイアのような宝石の場合は産地は大きく金額に関係してきます。

 

歴史・文化

エメラルドは宝石として最も古い歴史を持っており、紀元前4000~5000年ほどの昔にネックレスとして用いられていたとされています。

女王クレオパトラもこの宝石をとても愛し、エメラルドの鉱山を持っていたと言われています。

古代の宝飾用品のエメラルドの大部分はこの鉱山から採られたものとされ、1818年にエジプトのアスワンの北東約160キロメートルのところで採掘跡が発見されたとされています。

エメラルドの様々な緑色について

エメラルドリング

エメラルドには薄い緑から、深い緑までの沢山の種類があります。

もちろん、薄い緑より深い緑は評価が高く、美しい宝石とされています。

薄すぎるエメラルドは「グリーンベリル」と呼ばれることもあり、エメラルドの分類ではなくなってしまう可能性があります。

そのような場合、その宝石の価値は大きく下がってしまいます。

稀にエメラルドキャッツアイと呼ばれる、エメラルドだがキャッツアイの効果も兼ね備えているエメラルドが発見されますが、これもまた評価は高くなっています。

 

エメラルドの産地について

エメラルドの産地はそのエメラルドの価値を決める重要なポイントとなります。

 

・コロンビア産

コロンビア産のイン来るジョンの特有は、三相含有物です。

液体、気体、立方体をした個体がエメラルドの中に内包されているものです。

必ずしもも全てのコロンビアエメラルドに三相含有物が見られるわけではありませんが、特徴のある三相含有物はコロンビア産で、天然であることの証となります。

インドのオールド・マイン(古い鉱山)のエメラルドといわれていた非常に品質の良いものも、三相含有物によって実は16世紀以降にスペイン人がコロンビアから持ち込んだエメラルドであると推定されています。

 

・ザンビア産

コロンビア産を除くエメラルドには、黒雲母(バイオタイト)インクルージョンの内包が認められます。

黒雲母の存在はザンビア産の証明にはなりませんが、ザンビア産に最も多いインクルージョンであるといえます。

ザンビア国内のそれぞれの鉱山によって、種々の異なったインクルージョンが見られます。

 

・ジンバブエ産

ジンバブエ産のインクルージョンの特徴は、トレモライトの繊維状の結晶です。

針のように長く、交差していて、時には曲がっているものもあります。

エメラルドが生成した時に周りの環境を取り込んで結晶した結果です。

天然宝石が厳密には一つひとつ全部異なるのは、何億年も前の結晶性政治の環境に左右されているからです。

それはなんとも神秘的で美しさを損なわない程度のインクルージョンは存在した方がよいのかもしれません。

 

他にも様々な産出国が存在していますが、現在商業的価値があるのはこの3つの産出国となります。

やはり、コロンビア産のエメラルドはシェア率を半分以上占めているという結果も出ているため、コロンビア産のエメラルドは人気があり、とても大きな価値がついています。

エメラルドの買取額を決める4つのポイント

エメラルドの価値は総合的な観点から判断されており、基本的に4点のポイントから価値を決められています。

その4つのポイントは「色・大きさ・輝き・内包物」の4点です。

 

1・色

一番美しいと最大評価を受けているのは、鮮やかな色をしていて暗すぎず帯青緑色から純粋な緑色です。

もちろんこのような色のエメラルドが採掘されることは滅多に無いですが、仮にこのような色のエメラルドが市場に出回った場合には物凄い額の価値がつけられると思われます。

そしてエメラルドの色はそのエメラルドがどこで採掘されたものなのかという産地によって色が変わってきます。

綺麗なエメラルドが採掘できるのは一般的にコロンビア産とされています。

 

2・大きさ

エメラルドの大きさはダイヤモンドなどと同じで単位はカラット(ct)で表されています。

これは大きさではなく宝石の重さの単位ということなので間違いには注意しましょう。

宝石の大きさは大きければ大きいほどカラット数(ct)が上昇していき、価値が高くなりますが、大きさだけで評価をつけることはとても難しくなっています。

その理由は、大きさだけがずば抜けて大きくても色・輝き・内包物の評価が低い場合小さくて評価の高いエメラルドには匹敵しません。

このように宝石の評価は1つのポイントだけが目立っていても高い価値がつくということはとても難しいのです。

 

3・輝き

輝きとはそのエメラルドがどれほど輝いており透き通った緑色をしているかを表しています。

輝きとも言われますが多くは照り(テリ)とも呼ばれています。

この輝き(照り)は内包物の評価と深い関係性を持っています。

その理由は、内包物と言われる宝石内部(結晶の中)にある別の鉱物や液体気体などの総称であり、これが多いと輝きが減ってしまいます。

いくら綺麗な色で透き通った緑であった場合でもこの内包物が多いと同時に輝きも失ってしまいます。

最近では輝きを多くするために様々な技術がありますが、この技術を施すことで綺麗な状態の宝石を身に着けることができるという反面、売却時には大きく値段を下げてしまうマイナス評価ともなってしまいます。

色が綺麗であり、内包物が少ないエメラルドはとても綺麗な緑色の輝きをしており、この輝きが人々を魅了していると言われています。

 

4・内包物

内包物はインクルージョンとも呼ばれ、宝石内部(結晶の中)にある別の鉱物や液体気体のことを指しています。

宝石内部に内包物が含まれていることによってその宝石は天然石の証拠となります。

作られた宝石には内包物が全く含まれていないので美しいですが本来の宝石の美しさを引き出すことはできません。

他の宝石に比べてエメラルドは内包物が少ないので輝きをしっかりと持っているエメラルドが採掘されることは多いとされています。

 

 

このように4つのポイントがそれぞれの相互作用を働いて評価の高い、価値の高いエメラルドができあがっているということです。

最高級品のエメラルドはあまり見られませんが、高級アクセサリーなどに使われるのはエメラルドの中でも評価の高いとても美しいエメラルドとなっています。

エメラルドのカットと買取額について

エメラルドカットとカボションカット

左(エメラルドカット) 右(カボションカット)

 

宝石に「エメラルドカット」という名前があるほど、エメラルドと言ったらエメラルドカットです。

このカットはエメラルドの美しさを最大限に活かしたカット方法となっています。

エメラルドは比較的割れてしまいやすいということからエメラルドカットにすることによって多少の強い衝撃や圧力が掛かっても割れないようにという思いから面を広くしたこのエメラルドカットが生まれました。

エメラルドにはこのエメラルドカット以外にも沢山ありますが一般的に多くみられるカットはエメラルドカットとカボションカットとなっています。

カボションカットは全体に丸みを帯びており、半円のようになっているのがカボションカットとされています。

最近になり、ブランドジュエリーのエメラルドに使われるなど人気が集まっているカット方法となっています。

カット方法はそれぞれのジュエリーの形に合わせて作られますが、基本的にエメラルドで価値が高く出るのはエメラルドカットと覚えてもらえるといいと思います。

価値を気にせず、そのエメラルドを長く使い続けるという人は自分の好きな形でその用途に合わせたカット方法を選ぶことで愛着が湧くエメラルドとなってくれるはずです。

エメラルドの処理(エンハンスメント)について

エンハンスメントの前に「ノンエンハンスメント」についてご紹介していきます。

ノンエンハンスメントとは無処理のエメラルドのことを指しており、世界全体のエメラルド産出量の0.001%未満と言われるほど見つかる確率の低いエメラルドです。

さらにエメラルドを評価する基本的4つのポイントをクリアしたエメラルドは市場で見られることはほぼないと言っても過言ではないほどの貴重なエメラルドです。

ノンエンハンスメントとは名の通り、エメラルドに対して何も処理を施していない状態のことを指しています。

 

さて、ここからが「エンハンスメント」のエメラルドの説明です。

ノンエンハンスメントが0.001%ということでしたのでエンハンスメントはその逆の99.999%となります。

エンハンスメント処理が施されているものが限りなく100%に近いということでこちらでもノンエンハンスメントのエメラルドはとても希少価値が高いということがわかります。

では、エンハンスメントとはどのようなものなのでしょうか。

エンハンスメントには2つの処理方法があります。

どちらの処理も内包物が目立ってしまう場合など、エメラルドを綺麗に見せるために行われている処理です。

 

 

「加熱処理」

加熱処理は1000度以上の高熱を加えることで色を変化させる手法となります。

この方法でそのエメラルドが本来持っている美しさや輝きを引き出している一般的な処理方法となっています。

この加熱処理はルビーやサファイアに使われており、市場に出ているルビーやサファイアの役95%もこの加熱処理がされています。

ルビーやサファイアはこの加熱処理がされていないと非加熱のルビー・サファイアとなっており希少価値がグッと上がります。

 

 

「含侵処理」

この処理方法は無色の油や樹脂を宝石に染み込ませる処理方法です。

この処理方法はエメラルドが採掘されたときに結晶内部に内包物があり、カットや研摩、ジュエリー加工の段階によって内包物が拡大されて見えてしまう可能性を防ぐために含侵処理が行われます。

この含侵処理に使われる油や樹脂はエメラルドの屈折率に合わせたものですので、内包物を目立たなくさせることが可能となります。

この含侵処理は超音波洗浄などをすると油が溶け出してしまう恐れがあるので注意が必要となります。

 

このようにエンハンスメント処理はエメラルドを美しく見せるためにとても重要な役割を果たしていますが、売却をする際には価値を落としてしまいます。

無処理の状態でとても綺麗なエメラルドを持っている際には無理にエンハンスメント処理をせずに、ノンエンハンスメントの状態で保存しておくことをオススメします。

最後に!エメラルドを高価買取致します。

さて、ここまでエメラルドの価値についてお話してきました。

最後にまとめとしてどのようなエメラルドに高い価値が付くのかをご説明します。

エメラルドは、緑色の美しい宝石として有名であり、3大宝石と5大宝石に選ばれるほど人気があり、価値の高い宝石となっています。

基本的にエメラルドの価値は「色・大きさ・輝き・内包物」で決まってきます。

この4つのポイントは決してどれか1つだけが特化していればいいものではなく、それぞれが、平均以上の評価を受けることができて価値が高いエメラルドとなります。

この4つのポイントの中でも特にエメラルドに重要とされるのが、色と輝きです。

見た目が美しくない宝石は誰も購入しようとはしないのと同じで、エメラルドのこの2つのポイントは見た目の特徴を表す大きなポイントとなっています。

エメラルドのカット方法は、「エメラルドカット」という名のカット方法があるようにエメラルドカットが1番価値の高いカット方法です。

エメラルドカットはエメラルドが一番美しく見えるという形にカットされているのでこのカット方法が1番価値が高くなります。

その他のカットも存在しますが、カットの仕方で評価を上げることができるのは基本的にエメラルドカットというように覚えておいて下さい。

最後に「エンハンスメント・ノンエンハンスメント」ですが、基本的にエメラルドはエンハンスメント処理が行われています。

市場に出回っているエメラルドはほとんどがエンハンスメント処理が行われていますが、仮にノンエンハンスメントのエメラルドを手にする機会があれば、とても大切に保管しましょう。

ノンエンハンスメントのエメラルドは普通では考えられない金額がつけられます。

それほど希少価値が高いエメラルドとなるので購入・使用中・売却の際には注意して取り扱うことがとても重要となっています。

 

よってエメラルドで最高の価値を出すものとは、

「基本評価の4つのポイントが全て平均以上のもので、カットはエメラルドカットであり、ノンエンハンスメント」

というエメラルドとなります。

ラフテルでは、カラーストーン(宝石)の買い取りにとても力を入れています。

特に、ルビー、サファイア、エメラルドは市場としてもとても需要があり、高額査定の対象となります。

コロンビア産、ジンバブエ産、ザンビア産などのエメラルドをお持ちの方がいらっしゃいましたらどうぞラフテルまでお問い合わせください。

 

どこの産出国だかわからないけど見てほしいという方も大歓迎です。

 

他店で、高い値段でかったエメラルドをとても安く見積もられた経験はございませんか?

エメラルドの価値を見るのにはしっかりとした知識が必要です。

 

万が一他社さんでお値段に納得いかないエメラルドがありましたら、ぜひ、一度、査定させて下さい。

査定料はもちろん無料です。

 

査定方法も、「店頭買取、出張買取、宅配買取」と3つの種類を用意しております。

都内在住でないお客様でも出張買取と宅配買取を用意していますのでいつでも査定を行うことができます。

もちろん、査定をしたら売らなくてはいけないというようなルールはございません。

 

いろいろな買取店がひしめく昨今ですが、納得のいく金額で買い取ってもらっていますか?

この金額なら・・・と諦める前に一度ラフテルへお問い合わせください。

ラフテルではお客様に最大限、還元出来るよう、精一杯値段を付させて頂きますので、是非、お気軽にお持ちになってください。

宝石の買取はラフテルへお任せください!

 ルビー買取  サファイア買取  エメラルド買取  タンザナイト買取
 ルビー  サファイア  エメラルド  タンザナイト
 アレキサンドライト買取  パライバトルマリン買取  オパール買取  翡翠(ヒスイ)買取
アレキサンドライト パライバトルマリン オパール 翡翠(ヒスイ)
 アクアマリン買取  ガーネット買取  トパーズ買取  トルマリン買取
アクアマリン  ガーネット  トパーズ トルマリン
 キャッツアイ買取  アメジスト買取  パール買取  サンゴ買取
クリソベリル・キャッツアイ  アメジスト  真珠(パール) 珊瑚(サンゴ)

関連記事

買取実績 pt900 エメラルドリング 3.03ct

 

買取実績 pt900 エメラルドネクタイピン 3.45ct 

 

買取実績 pt900 エメラルドリング 1.44ct 

 

買取実績 K14 エメラルドブレスレット 12.1g

 

買取実績 pt900 エメラルドリング 4.25ct

 

買取実績 pt900 エメラルドトップ 1.72ct

 

 

 

 

 

 

買取・査定のお申し込み

0120-576-250

買取・査定のお申し込み

0120-576-250

LINE査定

メールで査定・相談する

  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取

ラフテルスタッフが お送りする買取役立ちブログ