MENU

買取・査定のお申し込み

  • 0120-576-250 営業時間 平日 9:00—18:00
  • メールでの査定・買取
  • LINE査定
    • 宅配買取
    • 出張買取
    • 店頭買取

閉じる

象牙

HOME > 象牙買取について > 象牙の登録票について

象牙の登録票について

象牙登録票の必要な物と不要な物について

トップページにも記載ありますが、1995年(平成7年)以降から象牙には登録票が必要となりました。

登録票の無い象牙に関しては、売買はもちろん、譲り受け、相続(本人が亡くなってしまってからの相続は別です)、すべて禁止となっております。

アフリカ象は密猟と象牙の違法取引によって、その個体数を大きく減らした時期がありました。

そのため、1989年(平成元年)に、ワシントン条約により、象牙の全面輸入禁止措置が取られていますが、それ以前に、海外からのお土産や、デパート、骨董屋さん、訪問販売、などで購入、もしくは譲り受けた象牙には登録票が付いていません。

これらの象牙の売買、譲り受けにも、登録票が必要になります。

 

それでは、何十年も前に買った象牙を取引するのはどうすればいいのか?

 

自然環境研究センターにて登録票の申請をし、発行してもらいましょう。

また、象牙製品すべてに登録票が必要なわけではありません。

環境省のホームページには象牙の登録票が必要な物の定義を、生牙(原木)、磨牙、彫牙、全形を保持した象牙は、(種の保存法)で譲渡し等(売買等)が原則禁止と説明されています。

つまり(全形を保持した牙)、牙の形をしていたら、彫刻していたり、加工していても登録票が必要ですよ!!という事です。

簡単に登録票の必要な物と不要な物で分けてみました。

牙の形をしているものは、彫象牙、原木、磨き象牙すべて登録票が必要です。

逆に加工、彫刻などが施してあって、牙状の形が残っていない象牙は、登録票不要です。

 

※但し、業として売買など行う場合は、登録票が不要な物でも、経済産業省へ(特定国際種事業)の届けでが必要です。

 

 

象牙買取 登録票

お客様自身で登録いただく場合の手順

 

STEP1 (財) 自然環境研究センターへ問い合わせ

「祖父の物だった」または「 お父様の持物だった 」「 他人から譲り受けた 」 等、ご自分の物でなかった物でも登録できます。また、1989年以前から国内にあれば登録ができます。

 

お問い合わせ番号

自然環境研究センター: 03-6659-6018 (平日10:00~17:00)

 

 

 

STEP2 登録申請用紙が届きますので必要事項を記入して提出します。

必要な書類

1.取得の経緯(いつ、だれが、何を、どこで、どのように購入または、譲り受けたかなどを記載します)

 

 

2.裏づけとなる書類(象牙規制前に日本に輸入された際の通関書類や、公的機関の発行した書類など)

 

※これらの書類が無い場合や紛失してしまっている場合は、自然環境研究センターにご相談下さい。

 購入当時に、申請する象牙を確認している第三者がいましたら、申請出来ます。

 

 

3.写真(象牙全体の裏表の写真、根本の空洞になっている部分か蓋の部分、申請する象牙の特徴的な部分、キズやシミ、彫り物などの場所)

 

※2本以上の場合は、上記写真の他に、申請する象牙、全てが移っている全体写真が必要になります。

※写真は、ピンとがずれていたり、不透明な部分がありますと、撮り直しになりますので、鮮明なカラー写真を送りましょう。

 

 

お問い合せしますと自然環境研究センターから登録申請用紙が到着しますので、用紙内の必要事項を記入します。また、申請には象牙1本につき3,200円かかります。

 

 

STEP3 登録票が届いて完了です

登録票が届きましたら、象牙の登録が完了したことになります。

  • 送料無料! キャンセルも無料!宅配買取

    自宅から着払いでお品物をお送りいただくだけで査定が可能です。
    宅配キットも送付させていただくのでダンボールをご用意いただく必要もありません。

  • 荷物を 運ばなくて良い!出張買取

    弊社のスタッフがご自宅まで査定に上がらせていただきます。
    沢山荷物がある方や持ち込みのが面倒な方におススメです。

  • 仕事帰りのついでに!店頭買取

    直接お品物を持ち込んでいただき査定をいたします。
    スタッフとじっくり交渉ができるのでご近所の方はおススメです。

もう少し気軽に
査定・相談してみたい方は

  • とりあえず相談メールで査定・相談

    自宅から着払いでお品物をお送りいただくだけで査定が可能です。
    宅配キットも送付させていただくのでダンボールをご用意いただく必要もありません。

  • 写真を撮って送るダケLINE査定

    弊社のスタッフがご自宅まで査定に上がらせていただきます。
    沢山荷物がある方や持ち込みのが面倒な方におススメです。

登録証のなしで売買してしまった場合の罰則

個人のお客様の中には、象牙の売買をする際に、まだまだ、登録票を取らなくてはいけない事を知らないお客様もたくさんいると思います。

知らなかったでは、済みませんので、必ず、登録票を取得してからの売買をしましょう。

 

登録票なしの売買は種の保存法違反となります。

 

種の保存法の違反に対する罰則

(個人の場合)5年以下の懲役もしくは、500万円以下の罰金

 

(法人の場合)1億円以下の罰金

 

 

いかがでしょうか?

 

非常に重い罰則となっているのがわかると思います。

 

とはいえ、登録票をしっかり取得すれば問題の無い話ですので、必ず登録票を取得して下さい。

 

関連記事

 象牙の偽物の見分け方

 

こんなに高い!?象牙製品、一本牙の買取実績

 

象牙の単価が落ちてしまう、詰め物について

 

ないと罰せられてしまう、登録票の取り方

 

こんなところにも使われている!?象牙製品一覧

 

取り締まりが厳しくなっている象牙の今後の考察

 

 

 

<象牙買取について>の記事を見た人は、こちらの記事もよく読まれています。

 

珊瑚の買取について

 

一角(イッカク)の買取について

象牙トップへ戻る

買取・査定のお申し込み

0120-576-250

買取・査定のお申し込み

0120-576-250

LINE査定

メールで査定・相談する

  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取

ラフテルスタッフが お送りする買取役立ちブログ