MENU

買取・査定のお申し込み

  • 0120-576-250 営業時間 平日 9:00—18:00
  • メールでの査定・買取
  • LINE査定
    • 宅配買取
    • 出張買取
    • 店頭買取

閉じる

ロレックス

HOME > ロレックス買取について > ミルガウス買取について

ミルガウス買取について

ロレックス「ミルガウス」について

ミルガウス買取

技師や医師・科学者など強い磁場にさらされる職業の人が使用するために開発された、耐磁機能を搭載したモデルです。通常の時計は50~100ガウスの磁場で影響を受けますが、ミルガウスにはその名のとおり1000(ミル)ガウスの耐磁性があります。ちなみに「ミルガウス」はフランス語で1000を意味するミルと磁束密度の単位ガウスを合成した造語です。

1950年代に登場しましたが、その特殊な職業向けのコンセプトのためか1989年に一旦生産が終了し、18年の時を経て2007年に復活を遂げた珍しいモデルです。磁場に強いことを象徴するように、初代ミルガウスの秒針は稲妻のようなデザインになっていました。復活したミルガウス(Ref.116400)も初代の稲妻形の針をオレンジ色にして採用し、遊び心を感じさせるデザインになっています。

ミルガウスはエクスプローラーをベースにして、パーツなどは専用のものが作られています。

ムーブメントには磁気の侵入を防ぐための高性能磁気遮断システムという機構を搭載し、強磁性合金で作られた耐磁シールドケースがムーブメントを包むように覆っていて、肉厚のケースに合わせてブレスレットも専用のものが作られています。インナーケースの裏蓋をねじ込み式にすることで耐衝撃性も向上し、磁力線の侵入を防ぐ目的で開口部分を極力なくしているためデイト(文字盤上の日付表示)機能はついていません。また、ロレックスが独自に開発し耐磁性を強化したミルガウス専用のムーブメントCal.3131が搭載されています

2007年に復活した際には、風防に耐傷性と耐蝕性の高いグリーンサファイアクリスタルを採用しました。同じサイズのモデルと比べると少々厚手になりますが、全てのステンレス面が鏡面仕上げで艶やかな光を放ち、非常にバランスの取れたデザインになっています。

ケース径40mmで自動巻き・100m防水機能を搭載しています。したがって普段の使用中に濡れるくらいなら問題はありません。

 

ミルガウスは、ロレックスが時計業界にもたらす革命的な影響を体現するようなモデルであると言えます。通常よりも時間の経過が重要な意味を持つ職業向けに、特殊な環境下であっても正確に時を刻むというニーズに応えて開発され、その限られたニーズに特化しているために人気の高いモデルではなく、正規店でもデイトナなどと比べると在庫があることの多いモデルです。しかし見方を変えれば、他の人との差別化をはかりオリジナル性を発揮できるモデルということになります。著名人では人気バンドMr.Children(ミスターチルドレン)の桜井和寿氏が身につけていたことがあると言われます。

 

1000ガウスの耐磁性と言われてもあまりピンとこないと思いますが、テレビ用スピーカーが30ガウス、ピップエレキバンなどの磁気付バンソウコウで700~1000ガウスです。オーディオや携帯電話など電化製品があふれる現代生活では耐磁性の重要度が上がっており、ミルガウスの特長の発揮される機会がこれから増えていくことでしょう。

ロレックス ミルガウスの査定ポイント

時計の買取査定では状態や付属品によって買取額に差がつきます。

大きな破損等があれば価格は下がってしまい、付属品の有無によっても査定価格に数万円の差がつくことがあります。

 

 

【状態(キズ・破損)】

ガラスが割れていたり大きなキズが付いていたりすると買取価格を下げる要因になります。

また、ミルガウスの最大の特徴である耐磁性能ですが、この耐磁性能の機能低下や故障・損傷が見られる場合には、大幅なマイナス査定となることは避けられません。

 
 

 

【箱、付属品】

購入時の付属品は全て揃っているのが理想で、特にブレスレットを調節した後の余ったコマは査定額に大きな差を生むので、大切に保管して一緒に査定に出すようにしましょう。

 

 

【見た目の綺麗さ】

ゴミや汚れの少ないものの方が高価買取されやすくなる傾向があります。

また汚れは腐食の原因にもなり、査定価格を下げてしまう要因にもなります。

 

【売り方のポイント】

付属品とともにオーバーホール証明書を持参すると、価格交渉の際に役立ちます。

 

それでは以下で、それぞれの項目について詳しく見てゆきましょう。

ミルガウス状態(キズ・破損)

買取価格に影響するのはガラスの欠けや割れ、補修不可能なほどの大きく深いキズなどです。コレクションとして保管していれば新品状態が保てますが、毎日愛用していれば当然キズもつきます。しかし、小さなキズならたとえ複数ついていても、買取店が新品仕上げをして販売するので買取価格に大きな影響はありません。そのため、買取価格に影響するのはガラスの欠けや割れ、補修不可能なほどの大きく深いキズなどです。

 

また、ミルガウスの特徴と言えば耐磁性能ですが、この性能が弱くなっている、または正常に機能しないなどの不具合が見られる場合には、買取価格に大きく影響します。1,000ガウスを誇るミルガウスの特徴でもありますので、性能がうまく機能しているかどうか分からないという方は、一度買取店に相談してみることをお勧めします。

ミルガウス箱、付属品について

ミルガウス箱

こちらは、ロレックスすべてに共通する事ですが、箱や保証書、サイズ調整したコマなどの付属品がすべて揃っていて新品か未使用品であれば、かなり高額の買取価格が期待できますが、特にそろえておきたいのはブレスレットのコマと保証書です。

 

欠品がある場合の価格差は、箱で3,000円ほど、保証書では1万~10万円になります。

保証書も真贋や販売ルートを知る手掛かりになるものなので、あるなしで最大10万円ほどの差が出ることもあるのです。

ブレスレットのコマの場合は素材によって違いますが、ステンレスなら1コマ5千円~1万円以上になります。

ブレスレットが調節されている場合、コマの欠品はかなりの痛手です。

 

また、並行品と国内正規品の買取価格を比較すると、若干ですが、並行品の方が買取価格が高くなる傾向があります。

差額にすると3,000円前後です。

これは、付属品となる保証書を無記名の状態で購入できるためです。

正規代理店(日本ロレックス)での購入の場合、シリアル番号ごとに購入者の名前が登録されます。

盗難や紛失した際にシリアル番号から、持ち主を特定する事が出来る為です。

中古市場の場合、他人の名前が登録されている時計は少し敬遠されますので、買取額は並行輸入店で購入したものより低くなってしまう傾向にあります。

見た目の綺麗さ

皮脂汚れが金属に付着すると変色や腐食の原因になるので、査定前に手入れしようとしても簡単にはきれいにならないことがあります。

毎日ひと手間かけるだけで状態に差が出るので、使用後は汚れを拭きとる習慣をつけましょう。

 

タオルなどではリュウズや突起が繊維にひっかかって変形するおそれがあるので、毛足の短いセーム革やマイクロファイバークロスがお勧めですが、汚れたら洗えるのでマイクロファイバークロスの方が経済的です。リュウズやガラスの縁などはゴミがたまりやすい部分ですが、拭くだけでは除去しにくいので柔らかい素材の歯ブラシや爪楊枝を使って掃除してください。

ミルガウス売り方のポイント

上記にあるものが、ロレックスを査定するときに見ているポイントとなってきます。少しでも高く査定をして欲しい場合には、以下の点に気を付けましょう。

 

・オーバーホールをしている場合はオーバーホール証明書も必ずつけてください。

・買取店へ持ち込む前には、外側をきれいに掃除しておくことが大切です。

・付属品はできるだけ探し出しましょう。

・事前に相場を調べ、いくつかの店舗から相見積りをとる旨を店員に伝えておけば、他店を意識した査定額が提示される場合もあります。

ミルガウス保管方法、メンテナンス方法

保管場所には直射日光が当たらず高温多湿にならないところを選びましょう。電磁波はムーブメントに影響を与えるので、携帯電話やテレビ、スピーカーなど電磁波を発生させる機器の近くは避けるようにしてください。また、盲点なのはクローゼットやタンスの中で、防虫剤に使用される樟脳(しょうのう)はブレスレットの素材や文字盤の変色を引き起こすので、必ず防虫剤の成分を確認するようにしてください。

以上のことから、テレビやスピーカーから離れていて直射日光の当たらないところにある、成分に樟脳を含む防虫剤を使用していないクローゼットやタンスの中が理想的な保管場所ということになります。

 

3年に1度はオーバーホールを行うことをお勧めします。10年間全くオーバーホールをしていないものと比較するとムーブメント内部の状態に大きな差が出ます。

オーバーホールは時計を部品にまで分解して油汚れやごみを取り除く掃除のような作業で、これを行うことにより長期にわたって正確な動きを維持することができます。

 

故障・破損したミルガウスの買取

「動かない」「ガラスが割れている」「ブレスレットがゆるんでいる」といった状態でも、ラフテルなら買取可能です。

故障したロレックスであっても、ラフテルなら独自の販売ルートを持っているため、お値段をつけさせていただくことができます。

故障、破損してしまったロレックスでも、あきらめずにラフテルへご依頼ください。

ミルガウス買取まとめ

ミルガウスは特殊な環境下で使用することを目的としているため、他のモデルに比べ厚みがあり重いという特徴がありますが、カジュアルからビジネスまで活躍するモデルです。

多くの愛用者がいる人気モデルのためラフテルでは極力お客様のご希望に沿った高額査定をする努力をさせていただきます。

また、不具合が生じたロレックスにつきましても当社なら買取りが可能です。

 

ロレックス、その他の時計をお売りになる際には、ぜひラフテルへご依頼ください。お待ちしております。

関連記事

リファレンスナンバーの読み方

 

ロレックスの手入れ方法について

 

ブランド時計の買取について

 

ブランド時計の買取実績

買取・査定のお申し込み

0120-576-250

買取・査定のお申し込み

0120-576-250

LINE査定

メールで査定・相談する

  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取

ラフテルスタッフが お送りする買取役立ちブログ