MENU

買取・査定のお申し込み

  • 0120-576-250 営業時間 平日 9:00—18:00
  • メールでの査定・買取
  • LINE査定
    • 宅配買取
    • 出張買取
    • 店頭買取

閉じる

宝石

HOME > 宝石買取について > トパーズの買取について

トパーズの買取について

トパーズ買取

トパーズの買取実績

トパーズの高価買取実績

  • トパーズ トップ買取 7.35ct

    買取価格¥54,000

    K18WG 10.90g
    7.35ct D0.64ct
    トパーズ トップ

  • トパーズ リング買取 5.22ct

    買取価格¥28,500

    K18WG 7.30g
    5.22ct D0.06ct
    トパーズ リング

  • トパーズ リング買取 7.28ct

    買取価格¥24,000

    K18 6.60g
    7.28ct D0.04ct
    トパーズ リング

  • トパーズ リング買取 7.08ct

    買取価格¥32,500

    pt900/K18 9.70g
    7.08ct D0.17ct
    トパーズ リング

  • トパーズ ネックレス買取 12.17ct

    買取価格¥54,000

    K18WG 9.10g
    12.17ct D0.49ct
    トパーズ ネックレス

  • トパーズ ブレスレット買取 4.00ct

    買取価格¥45,000

    K18WG 12.20g
    4.00ct D0.11ct
    トパーズ ブレスレット

  • トパーズ ネックレス買取 8.48ct

    買取価格¥55,000

    pt850/pt900 17.10g
    8.48ct D0.34ct
    トパーズ ネックレス

 

トパーズとは

トパーズとは

トパーズは11月の誕生石で「誠実」という石言葉があり、他にも「友情・友愛」を意味したり、大切なものや人に会えるという言い伝えもあるため、パワーストーンの中でもお守りや魔除けとして、人気が高い石です。そのため、女性に限らず、指輪やネックレスなどとして身に着ける風習は古代からあったようです。

 

「トパーズといえば黄色か金色のような色」というイメージが多いのですが、実は無色透明のものが多く、加熱処理などをして色がつけられることがほとんどです。基本的に、処理をしないと無色透明、または薄茶色の石が大勢を占めています。

 

名前の由来は、ギリシャ語で「捜し求める」という意味をもつトパゾス(topazos)から来ていると言われています。これは紅海にあるトパゾス島(現ゼバーゲット島)が産地であり、また霧が深い島であるため探すのが大変という意味で、「捜し求める」という言葉が由来になったという説があります。そのほか、サンスクリット語で「火」をあらわすタパス(tapas)という言葉に由来するという説もあり、いずれが正しいのかはいまだ判明していません。

トパーズの種類

先に述べた通り、トパーズはほとんどの場合加熱処理やトリートメント処理をされてから市場に出回ります。そのため、天然の色のまま出荷されることはあまりありません。たとえばブルートパーズや緑がかったものはほとんどの石が放射線を通したものです。またピンクトパーズやレッドトパーズも加工されたものが多く、天然石はほんの一部になります。

これを踏まえて、色で分ける場合は次のような分類になります。

 

オレンジトパーズ:

オレンジに近い輝きを放ち、11月の誕生石は主にこのオレンジトパーズの事を指します。

 

ブルートパーズ:

アメリカのテキサス州の州石に選ばれた石で、最も市場に出る数が多い種類になります。天然で青い色をした石は少なく、あってもライトブルーのように淡い色のものになります。はっきりとした色合いの場合は、加工によって青色を出しています。

 

シャンパントパーズ:

無色に近い色から薄い茶色をした、シャンパンカラーのもので、しっとりとした色相をしています。

 

ピンクトパーズ:

ピンクやブラウンに近い色合いの石です。パキスタンで採取された天然のものもありますが、希少度が高く、実際はブラジル産のオレンジトパーズを加熱してピンク色にしたものがほとんどです。

 

インペリアルトパーズ:

ブラジルのミナス・ジェライス州にあるオウロ・ブレットが産地であり、黄色から金色の配色が多いです。石によっては薄い紫色のものもあります。

他にもシェリーカラーと呼ばれるオレンジ、黄色から褐色の色をしたトパーズもこの部類に入ります。

 

カラーレストパーズ:

トパーズはもともと無色のものが多く、見た目はダイヤモンドのようです。パワーストーンとして使うと水晶に近い働きをし、集中力を高めてくれます。そのため、カラーレストパーズは受験生にも人気です。

トパーズの査定ポイント、良し悪しの条件

ダイヤモンドのようにはっきりとした4Cなどの数値がでないため、買い取り時のトパーズの状態が大切になります。

査定のポイント

【カラーグレード】

トパーズの色はさまざまですが、赤が最も需要の高い石と言えます。それより下に、そのほかの色が位置付けられます。

 

【模様やキズ】

石の性質によって傷が入りやすいため、取り扱いに注意が必要です。そのほかにも紫外線や熱などに気をつける必要があります。

 

【カットの種類・クラリティ】

ダイヤモンド同様、カラットが評価に直結します。またカットの形によって大きく価値が変わることは少なく、主にオーバル、洋ナシ型のペアシェイプなどといったカットがなされます。

 

【産地】

産地によって大幅な価値の変動が起こるということは少ないようですが、希少なものであれば価値が上がります。

トパーズのカラーグレード

トパーズはもともと無色透明のものが多く、さまざまな色は天然のものもしくは加熱や放射線などで人工的に作られたものになります。そのなかでも天然で極めて美しい発色のあるものは希少なため、高い査定額が付きます。さらに天然で赤い色味の多色性を見せるものも、高く評価されます。

 

一方で、ゴールデントパーズ、イエロートパーズ、ブラウントパーズに関しては赤が入ったものに比べ、査定額が抑え目になる傾向があります。これは数が豊富で希少性がないため、赤の入る石よりも評価が下がることが原因です。

トパーズの模様やキズについて

トパーズの特徴として「へき開性」というものがあります、これはある一定以上の衝撃をトパーズに与えると、一定方向にヒビが入る、または割れてしまうことです。トパーズのモース硬度は8なので7の水晶よりも強いのですが、この性質があるため、取り扱いには注意が必要です。

 

また色のついたトパーズは光に弱く色が褪せてしまうため、紫外線の入らない箱で保管する事も大切です。日常生活で、蛍光灯などの下で使うような場合はほとんど問題がありませんが、強烈な光や太陽光に当てっぱなしにすることは望ましくありません。

 

これらの弱点に対するケアを日頃から行っているかどうかで、石の品質や評価が変わってきます。

トパーズのカットの種類・クラリティについて

トパーズの結晶は細長い形か円柱状がほとんどのため、歩留まりを向上させるためのカットがなされます。

カットの種類は比較的多く、オーバルかペアシェイプのほか、エメラルドカット、ブリリアントカット、ステップカット、ミックスカットなどやデザイナーのオリジナルカットをされる場合もあります。

またカットをしたトパーズには、肉眼でも見えるような内包物や傷はそれほどありません。

カラットは価格に影響しますが、トパーズの場合は10mm×8mmを超えると値段が上がる傾向があります。

トパーズの産地

トパーズは世界各地で採取でき、アメリカ、ロシア、メキシコ、パキスタン、オーストラリア、ナイジェリア、他に日本も産地となったことがあります。

 

その中で最もトパーズの採取量が多いのは、ブラジルにあるミナス・ジェライス州です。

トパーズは主に2種類あり、ブラジルで採取されるのはインペリアルトパーズと呼ばれるもので、ミナス・ジェライス州のオウロ・ブレットでしか採取できません。

もうひとつのトパーズは無色のものから茶色の色のものまであり、これは世界中で発見されています。

 

これ以外にも、ごくまれにパキスタンで天然のピンクトパーズやレッドトパーズが採取されることがあり、これらは希少性ゆえに高値がつけられます。

 

日本では1800年代に滋賀県で大きなトパーズの結晶が採取されたのですが、数年で採れなくなってしまいました。そのほか、岐阜でもトパーズの採れた土地はあるのですが、ブラジルなど他国ほどの採取量は臨めず、日本産のトパーズが市場に出ることは少ないと言えます。

トパーズ豆知識

トパーズネックレス

トパーズは世界各地で採取でき、アメリカ、ロシア、メキシコ、パキスタン、オーストラリア、ナイジェリア、他に日本も産地となったことがあります。

 

その中で最もトパーズの採取量が多いのは、ブラジルにあるミナス・ジェライス州です。

トパーズは主に2種類あり、ブラジルで採取されるのはインペリアルトパーズと呼ばれるもので、ミナス・ジェライス州のオウロ・ブレットでしか採取できません。

もうひとつのトパーズは無色のものから茶色の色のものまであり、これは世界中で発見されています。

 

これ以外にも、ごくまれにパキスタンで天然のピンクトパーズやレッドトパーズが採取されることがあり、これらは希少性ゆえに高値がつけられます。

 

日本では1800年代に滋賀県で大きなトパーズの結晶が採取されたのですが、数年で採れなくなってしまいました。そのほか、岐阜でもトパーズの採れた土地はあるのですが、ブラジルなど他国ほどの採取量は臨めず、日本産のトパーズが市場に出ることは少ないと言えます。

トパーズ買取まとめ

記事中でも記載している通り、インペリアルトパーズと呼ばれる赤みがあるオレンジ色をしたトパーズが高値になりやすいです。

逆にブルーのトパーズは料金が安くなってしまう傾向がありますが、サイズやデザインによっては、買い取り額をUPしておりますので、ご自身で価値が低いと決め込まずに、まずはお気軽に査定のお申込みを頂けたらと思います。

トパーズ以外の宝石も高価買取中! 宝石のことならなんでもお任せください!

 ルビー買取  サファイア買取  エメラルド買取  タンザナイト買取
 ルビー  サファイア  エメラルド  タンザナイト
 アレキサンドライト買取  パライバトルマリン買取  オパール買取  翡翠(ヒスイ)買取
アレキサンドライト パライバトルマリン オパール 翡翠(ヒスイ)
 アクアマリン買取  ガーネット買取  トパーズ買取  トルマリン買取
アクアマリン  ガーネット  トパーズ トルマリン
 キャッツアイ買取  アメジスト買取  パール買取  サンゴ買取
クリソベリル・キャッツアイ  アメジスト  真珠(パール) 珊瑚(サンゴ)

買取・査定のお申し込み

0120-576-250

買取・査定のお申し込み

0120-576-250

LINE査定

メールで査定・相談する

  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取

ラフテルスタッフが お送りする買取役立ちブログ