日本刀を高額買取しました! 青森県のお客様

名前:U様

年齢:70代

所在地:青森市

買取した商品:日本刀 刀 長村清宣 全長65.2㎝




買取した商品のご紹介

今回買取した商品は、長村清宣の日本刀です。

日本刀 刀 長村清宣(ながむら きよのり) 全長65.2㎝


おじいちゃんの遺品で、飾ることもなく子供たちも要らないと言ったから売却したいと出張査定に依頼があり、ご自宅に伺いました。


状態

登録証あり。刃に数か所傷や錆びがある状態。


査定額

¥90,000




査定ポイント紹介

刀は登録証が必要です。登録証が発行されていないと買取りできません。

登録証がない場合は、最寄りの警察署に連絡して刀の証明書を出してもらい、お住まいの都道府県の教育委員会に登録申請をしましょう。

日本刀 刀 長村清宣(ながむら きよのり) 全長65.2㎝ 登録証


刀を抜いて刃の状態の確認をします。

刀を抜く時の注意事項ですが、必ず手袋をして刃を上にして左手で下から鞘を持ち上げるように握って、右手で柄を上から握ってゆっくり抜きます。

刀をしまう時は、抜くときと同様の手順で、左手で鞘を、右手で柄を持って刃を上にして刀の切先を鯉口の所に静かにのせ刀身が左右にゆれないように収めてください。

刃を素手で触るようなことは、たいへん危険です。怪我もそうですが、手油が付着して錆びの原因にもなります。

刃を抜いたら、正面、横からと錆び、傷、刃ぶくれ、刃こぼれの確認をします。

写真は光って分かりずらいですが、下のほうに若干の錆びと細かい傷が数ヶ所あります。

刃は手入れしないと傷んだり、錆びの原因になります。

こまめなメンテナンスが高価買取に繋がります。

年二回ほど脱脂綿や手ぬぐいなどに無水アルコールをつけてで刃を拭き打粉を両面に軽くかけ、湿度の低い場所で保管しましょう。刀は立てにして保管すると端に油が溜まって錆びの原因になります。必ず横にして保管しましょう。お手入れする時も危ないのと手の汚れがついてしまうので必ず手袋をしてください。

刃ぶくれ、刃こぼれを見ていきます。

刃ぶくれや刃こぼれはないのでプラス査定になります。

日本刀 刀 長村清宣(ながむら きよのり) 全長65.2㎝ 鞘と柄と刃


刃の状態を確認したら、柄の部分を外し銘が入ってるか確認、はばきが鉄で出来ていないかを確認します。こちらの刃は大丈夫ですね。

以上のことから、日本刀 刀 長村清宣 長さ65.2㎝の買取価格は¥90,000となります。




まとめ

いかがでしたでしょうか。

刀はまず登録証が必要です。そして刃の状態が悪いと査定もかなり低くなることが分かって頂けたかと思います。刀をお持ちの方で物置にしまいっぱなしの方は多いと思います。

刃の状態次第で、かなり査定額が変わるのでお手入れをすることが高価買取に繋がります。

刀の処分にお困りの方、ラフテルに一度お問い合わせ下さい。

ラフテルは高価買取の実績が多数あり、丁寧な対応を心がけてます。

スタッフ一同心よりお待ちしてます。





桃園美術より転用

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する