ファイヤーオパールのトップを高額買取しました! 群馬県のお客様

名前:F様

年齢:70代

所在地:太田市

買取した商品:Pt900/ファイヤーオパール・トップ/8.1gです。




買取した商品のご紹介

こんにちは。

ラフテル鑑定士の楡木です。

本日ご紹介させて頂きますお品物はファイヤーオパール・トップになります。

CT数や純度等細かくご紹介させて頂きます。

Pt900、ファイヤーオパール2ct、ダイヤモンド0.68ct、8.1gです。

ファイヤーオパールの別名は火蛋白石(ひたんぱくせき)とも呼ばれています。

ファイヤーオパールは赤に近い色味で内包物が無く透き通っているほど価値があると言われています。

コロナの影響で貴金属や宝飾品は相場が高騰していますので査定ポイント等をご紹介させて頂きますので、いざという時に活用していただけると幸いです。

それでは先ず状態から見ていきましょう。



状態

正面の状態です。

黄緑色もありますが透き通っていてとても綺麗です。

地金部分に多少の使用感を感じました。

ただ目立つ傷なども無く美品だと思います。



査定額

今回弊社ラフテルがご提示させて頂いた査定額は「¥57500‐」でした。




査定ポイント紹介

さて査定ポイントです。

今回は大きく分けて3つポイントをご紹介させて頂きます。

ポイント1

「状態」です。

お品物の状態はとても大事です。

特に石に傷や欠けがあると査定額は大幅に減額してしまう為、査定に持ち込む前に欠けなど無いか確認しておきましょう。


今回のお品物は欠けなど無かったです。

ポイント2

「希少性や色味・ct数」

2つ目は希少性やct数です。

希少性とは宝石の希少度合になります。

例えば三大色石やダイヤなどは色味にも左右されますが他の石に比べ高値になる事があります。

逆に水晶系は希少性があまり高くない為、高値が付く事が少ないです。

またct数が大きければ大きいほど高額になりますので検討中のお品物が何ctなのか色味は濃いのか薄いのかなど見ておくといいでしょう。

ポイント3

「付属品・鑑別書の有無」

良いお品物には鑑別書が付いている事が多いでしょう。

鑑別書が無い場合でも査定額は大きく変わりませんがご一緒にお持ち込み頂くと査定額が上がることがありますので覚えておくといいでしょう。




まとめ

今回はファイヤーオパールのネックレストップを査定いたしました。

お客様から聞いたお話ですが実は今回査定する前に他社にも査定してもらったことがあるとの事。

他社ではオパールにはお値段が付かずプラチナのみの値段だったとの事。

弊社の査定額は他社に比べ3万ほど高く本場の査定が出来て良かったと喜んでいただけました。

弊社ラフテルは宝飾品以外にもロレックス等の高級時計や出番が少なくなったカメラや楽器類等も高価買取しております。

お客様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する