脇差しを高額買取しました! 埼玉県のお客様

名前:F様

年齢:60代

所在地:浦和市

買取した商品:「大名登録 日本刀 脇差 和泉守藤原兼重」です。




買取した商品のご紹介

皆様こんにちは。

ラフテル鑑定士の楡木です。

本日ご紹介させて頂きますお品物は脇差になります。

弊社ラフテルは日本刀の査定もしておりますが近年査定件数も増加傾向にあります。

理由は様々ですが刀の所有者が減少していること、遺品として残った刀を手放す方々が増加していることが考えられます。

今回はもしご売却をご検討されている方々へ向けて少しでも参考になればなと思います。

こちらが今回お買取りしてきた脇差になります。

遠目は綺麗に見えますが細かく状態を見ていきましょう。


状態

長さは58.5㎝です。

下記画像は刀身の状態です。

かなり状態としては悪い方だと思われます。

錆があり良く見ると刃こぼれしている箇所もありました。


※日本刀の売買には必ず刀剣類登録証が必要です。


もし無い場合は売買が出来ないので最寄りの所轄に問い合わせすると取得まで案内してくださると思います。


査定額

今回弊社ラフテルがご提示した査定額は「¥35,000‐」です。




査定ポイント紹介

査定ポイントです。

1.「状態」

刀の状態です。

刀身の状態は勿論のこと柄(つか)等の状態も査定時は重要ポイントとなっております。

2.「登録証の有無と刀と相違ないか」

まず、登録証が無い場合は売買が出来ないません。

また登録証のコピーや刀と登録証に相違がある場合も不可ですのでご売却時は登録証の原本があるか相違は無いか今一度確認する事を推奨します。

3.「刀の作り・名の有無」

価値ある刀は作りが細部までこだわっており見事な代物が多いです。

柄や鎺(はばき)等も豪華であったりする事が多々あります。

査定時は細かい作りを拝見させて頂いてから査定額をご提示しております。

4.「認定書等の有無」

刀剣類の登録証とは別に特別重要認定書や新作日本刀証明証などがある場合、査定額は大幅に上がります。

ただ取得時もそれなりに費用がかかるため取得するかどうかは一度お品物を拝見させて頂いてからを推奨いたします。

その際は弊社ラフテルまでお気軽にお問い合わせくださいませ。




まとめ

今回は日本刀を査定してきました。

状態に関して決して良いとは言えませんがそれでも今回の査定額になりますので状態が良ければもっと高額査定になっていたと思われます。

弊社ラフテルは日本刀の高額査定は勿論のこと「貴金属や宝飾品」「ロレックス等の高級時計」など幅広くお買取りさせて頂いてますのでお気軽にお問い合わせください。

お客様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。





桃園美術より転用

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する