シャネルの復刻トートを高額買取しました! 千葉県のお客様

名前:H様

年齢:40代

所在地:松戸市

買取した商品:シャネル 復刻トート 




買取した商品のご紹介

シャネルのパテント復刻トートを査定させて頂きました。

メーカー:シャネル

モデル:マトラッセ 復刻トート

材質:パテント(エナメル)

カラー:ブラック

チャームカラー:ゴールド

ギャランティカード:有り

サイズ:横31㎝×縦24㎝×奥行14㎝

「ミディアムトートバッグNo.1804」というマトラッセのテイストを取り入れたバッグが発売され、後に廃盤となったのですが、ファンから復刻してほしいとの希望が数多く上がり、再び発売されました。

このミディアムトートバッグNo.1804は1996年に再販され「復刻トート」と呼ばれるようになりました。


当時お母様にこのバッグを誕生日でプレゼントしてもらった今回お客様。

このバックを手放して新作のシャネルの商品購入し、次はご自身の娘にプレゼントしたいと考え、査定をご依頼してくださいました。


状態

ハンドルのひび割れ、表面、底面キズの量、内側の経年劣化による剥がれを見ていきます。

まずハンドルのひび割れを見ていきます。

基本的にシャネルのバッグは長期的に使う事を念頭に作られております。

画像を見て分かるように、目立ったひび割れもなく、変色もなくとても綺麗な状態でしたので高額査定に大きく反映いたしまし。

次に表面、底面のキズを見ていきます。


画像を見て分かるように、表面、底面どちらも目立ったキズ、汚れがありません。

元々この素材パテント(エナメル)はキズ、汚れが付きにくく綺麗な光沢を保ち続ける事で人気なだけあって、外側の状態は高額査定のポイントとなりました。

最後に内側の剥がれを見ていきます。


底面に細かなキズが見られますが、このレベルであれば査定額に影響はございません。

むしろ変色もなく、とても綺麗な状態です。

ここも大きな高額査定ポイントになります。


査定額

¥110,000-




査定ポイント紹介

バッグの査定ポイントをご紹介致します。

バッグの査定の場合大きな要点は

1.  表面、底面のキズや色褪せ

2.  ハンドル部分の経年劣化

3.  内側の剥がれ

以上の三点です

まず①の表面、底面のキズや色あせ。

バックに使用される素材には数多くの種類があります。

その中でもシャネルは最高級のカーフレザーを使用しているため、他のブランドに比べて劣化は少ないです。

そのため、ヴィンテージ物が何度もブームを起こし、現在も値段が高騰しております。

今回の復刻トートもヴィンテージ物なのに綺麗という付加価値が付き、高額査定となりました。

次に②のハンドル部分の経年劣化。

ハンドル部分はバッグ全体で一番傷みが顕著に現れる場所です。

夏場は使用後にしっかりと汚れを拭き取ったり、1か月に1度定期的な革のメンテナンスをお勧めいたします。

最後に③の内側の剥がれです。

どんなに表面が綺麗でも、内側に革の劣化、剥がれがあると査定額は下がってしまします。

こちらも定期的なメンテナンスをすることによって大きく差が出てきます。

しかし、車と同じで革製品も使わなければその分劣化も早くなります。

半年使わなかったバッグは二度と使わないといわれています。

皆様には、劣化して査定額が低くなってしまう前にご売却をお勧めいたします。




まとめ

この度は弊社ラフテルをご利用いただき誠に有難う御座います。

只今、弊社ラフテルではシャネル、ルイ・ヴィトンその他ブランド全般の買取を強化しております。

また、来店して頂き今の査定額を聞きに来るだけでも大歓迎です。

ご気軽に弊社ラフテルへご来店下さい。

社員一同心よりご来店お待ちしております。

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する