象牙買取り 偽物


__

鑑定士の伊藤です。

今回は福島はいわき市にきています。

ここであった出来事を軽くお話しします。

たぶん姉妹であろうと思われる、上品な女性二人が査定に来て頂きました。

バスタオルに包まれており、端から白い象牙の先が2本覗いているではありませんか!

美しい女性と白い象牙が私の心臓をうちならしたのは、まちがいありません。

バスタオルを丁寧にあけてみると、美しく彫りが施されている2本の象牙が現れました!

たぶん2本で15、6キロはあるでしょうか。

亡くなったおじいさまのもので、本物かどうか、本物だったら売りたいとのこと。
そう みなさんはもうお気づきだとおもいますが、偽象牙でしたあ!

象牙特有の網目もないし、持っていると、温かくなってきます。

本物は持っていても、しばらくは冷たいのです。

熱が伝わりにくいんです。

これはパールや珊瑚もおなじです。
お二人はさぞがっかりとしたのではと思いきや、笑って思い目をして、おじいさまは持って帰ってきたのねと、しばしおじいさまを思い出していたみたいでした。なんかわたしも救われた思いがしました。

今回は写真があります。
いつも偽物話が多いので、次回は違うお話しをしたいとおもいます。