赤珊瑚のルースを高価買取! ルースの査定ポイント3選!!

Pocket

買取した商品のご紹介

今回、買取させていただいたのは、「赤サンゴ」の「ルース」になります。

 

 

元々所有のお客様はご自身でご購入されたものではなく、祖母の代から受け継がれてきたそうです。

 

ですが所有してから一度も使われていないとのことで、今回売却を決意されたそうです。

 

 

 

状態

今回拝見させていただきましたお品物は、稀にみる大変きれいな赤サンゴでした。

 

 

また、サイズも14.7mm×23.5mm×10.1mmと大きく、「フ」や「色ムラ」もなく状態のいい赤サンゴでした。

 

 

 

 

査定額

今回は8万円のお値段をつけさせていただきました。

 

 

 

 

 

査定ポイント紹介

査定ポイントは大きく分けて三つあります。

 

まず一つ目が「色」。

 

サンゴには暗い赤色(血赤サンゴ)から薄い赤色(ピンクサンゴ)まで、紅サンゴ、桃色サンゴ等、多数ございます。

 

その中でも今回のサンゴは一番希少価値の高い血赤サンゴになります。

 

※色が濃いほど希少価値は高くなります。

 

【カラーグレード】血赤サンゴ>紅サンゴ>桃色サンゴ>ピンクサンゴ

 

二つ目が「サイズ」。

 

 

サイズは通常よく見かけるものは5mm以下のものが多いですが、今回の赤サンゴは14.7mm×23.5mm×10.2mmと比較的大きい所もポイントとなりました。

 

三つ目が「重量」になります。

 

重量も通常見かけるのは1~2gが多いですが、今回の赤サンゴは5.3gございました。

 

また、「フ」といった白い線のようなものもなく濁ったような「色ムラ」もない単一の色調の大変希少価値の高いとにかく稀に見るきれいさだったもので1g15,000円の高額査定となりました。

 

 

 

 

 

まとめ

最後になりますが、日本の赤サンゴは品質が良く、中国や台湾の富裕層の方々に人気でここ数年をみましても赤サンゴの価値は何倍にもなっています。

 

ただ、サンゴはとてもデリケートなので、ちゃんと手入れをしないと劣化していきます。

 

いくら希少価値の高いサンゴでありましても、人工的な傷等がついてしますと価値が一気に下がってしますのでご注意ください。

 

簡単なお手入れ方法としまして、保管時、なるべく空気にさらさないようジップロック等で密封して保管しましょう。

 

また、アクセサリーで使用した際は、使用後に柔らかい布で汗等を優しくきれいにふき取りましょう。

 

サンゴは非常にデリケートで一度劣化したら元に戻せないので、劣化しないよう手入れをするか、使わないで手入れも面倒くさいという方は、劣化する前に御売却されてはどうでしょうか。

 

従業員一同、心よりお待ちしております。