珊瑚の帯留めを高価買取! 丸玉ではなくても高く売ることはできる?


買取した商品のご紹介

こんにちは。

 

ラフテルの鑑定士の半田です。

 

当店では珊瑚の帯留めの高価買取を行っております。

 

使用していない古い珊瑚の帯留めがありましたら当店までご連絡ください。

 

それでは今回買取させて頂いた珊瑚の帯留め K18 11.5g をご紹介させていただきます。

 

 

 

状態

K18枠の珊瑚の帯留めですが、珊瑚の色は血赤珊瑚まではいかない赤珊瑚です。

 

赤珊瑚の中でも赤が暗く深いものは血赤珊瑚とよばれ珊瑚の中でも一番高く価値があると言われていますが、赤珊瑚と呼ばれる赤色の珊瑚も血赤珊瑚に次いで価値も高いとされています。

 

表面も色ムラが少なく照りも綺麗な赤珊瑚です。

 

 

 

査定額

¥43,000

 

 

 

 

 

査定ポイント紹介

今回買取させて頂いた赤珊瑚は丸玉では無く帯留めやブローチにはよく使われる細長いカットのものです。

 

珊瑚のカットの評価としては丸玉のカットが一番高くなります。

 

カットで言えば丸玉でサイズが大きいほど買取の値段は高くなるのですが、赤珊瑚であれば丸玉のカットでなくとも大きさによっては高く売る事も可能です。

 

赤珊瑚はどんなカットでも原木からカットや研磨を施されます。

 

赤珊瑚とは日本産で日本近海で特に土佐湾の水深100m~300mの海底に生息しています。

 

日本産の赤珊瑚は表と裏があり潮流が流れてくる表面は穴跡が多くなりますが、裏面はなだらかな美しい面です。

 

赤珊瑚の原木は根元付近で直径3cmくらいで高さも30cmくらいとあまり大きいものはありません。

 

赤珊瑚の丸玉がありますが、根元付近は岩に付いていて丸玉が作れるような状態では無いので丸玉は枝部分の品質が良い部分で作ります。

 

品質が良い枝部分は大きな枝が少なく、大きな丸玉も取れないことから希少価値が高くなります。

 

赤珊瑚の査定ポイントは細いものより幅が大きいものや厚みがあるもののほうが査定は高くなります。

 

今回の赤珊瑚は細長いカットで厚みも少なかった為、上記の買取額になりましたが、形状が違えばもっと高い査定額になると思われます。

 

 

 

 

 

まとめ

珊瑚は着物と非常に合うため、古くからこうした帯留めが多く作られてきました。

彫刻が施されている珊瑚の帯留めもあるのですが、18金やプラチナの枠で使われている珊瑚は品質的にも高いケースが多いのです。

 

珊瑚の色は様々ですが、その中でも赤珊瑚はやはり希少です。

 

今回の赤珊瑚のように表面にも光沢があり全体的に色むらが少ない赤珊瑚は価値も高いと言えるでしょう。

 

当店では赤珊瑚、血赤珊瑚、桃珊瑚の帯留めやブローチなどは珊瑚の素材だけでなく、デザイン、彫刻も含めた高額査定をさせていただきます。

 

ご連絡をお待ちしております。