IWCを高価買取! IWCの革ベルト使用の査定ポイント3選!

Pocket

買取した商品のご紹介

この度買取しましたのはIWCポートフィノムーンフェイズ37ロレウスリミテッド型番.IW459006です。

 

 

IWC(ローレウス・スポーツ・フォー・グッド)珍しいモデルです。

 

特徴は12時の下の位置に満天の星夜空が入っており、空の色はブルーであり、アワーインデックスにダイヤモンドがあります。

 

素材はステンレススチール、自動巻きムーブメント、ベルトはアリゲーターストラップ(ワニ皮革)です。

 

防水性能は3気圧防水となり1500本限定生産のものになります。

 

 

 

状態

ベゼルとケースは、ダメージなく綺麗な状態です。

 

 

尾錠にIWCのロゴマーク入っていますのでメーカー純正になります。

 

 

ベルトに傷はないですが、裏面に少し汚れがあります。

 

 

 

査定額

査定金額は60万円になります。

 

腕時計のベルト裏面に汚れが見受けられるものの、ベゼル、ケースの状態が良いので相場最大買取額でした。

 

お客様からも大変喜びを頂きました。

 

 

 

 

 

査定ポイント紹介

今回はIWCの革ベルト使用の査定ポイント3選を紹介いたします。

 

1、ブランド時計の場合革ベルトが純正かを判断です。

 

メーカー純正ベルトはオリジナルで綺麗です。

 

中古時計でよくあるのは交換ベルト、交換されている場合は査定額マイナスになります。

 

2、革ベルトはキズが付きやすいです。

 

革ベルトは綺麗に見せるため、皮革の表面を加工しています。

 

繊細な加工のため美しい反面、革ベルトの表面はキズ付きやすいのが特徴です。

 

買取の場合キズが少ないほど査定額がアップできます。

 

3、革製品は水に弱いです。

 

日常汗や水に濡れたとき、すぐに紙や布で水分をやさしく拭き取る事をおすすめします。

 

濡れた箇所を拭かないとで放置しますと、使い込んでいく上でシミになります。

 

シミの有るベルトですと査定額がマイナスに影響します。

 

 

 

 

 

まとめ

腕時計は日々身につけるアイテムになりますので、革ベルトは金属素材より肌に優しくデザイン性も高い為、選択する方は多いです。 長期間愛用するため日頃の管理には気をつけましょう。

 

腕時計の革ベルトを長期間、状態をよく保つ方法紹介いたします。

 

よくあるのは下の写真のようにベルトの折り曲げて出来てしまったシワです。

 

 

これは尾錠をとめるときに締めすぎた原因ですので、外すときもベルトを強くひっぱって折り曲げしないように注意しましょう。

 

しばらく使わない場合、保管する場所も大切です。

 

湿気のない場所や箱にシリカゲル(除湿剤)を入れ、ベルトを丸めたままで入れて保管することをおすすめします。

 

革ベルト使用と査定については以上になります。

 

株式会社ラフテルでは現在、革ベルトのIWCを買取強化しております。

 

IWCに限らず、他のブランド時計の売却をお考えの方も、是非弊社まで問い合わせください。