宝石買取 アレキサンドライト リング 山梨県のお客様


宝石買取実績 アレキサンドライト リング

お客様情報

お客様: A様

所在地: 山梨県甲府市

年齢:  50代女性

買取方法:宅配買取

売却品: アレキサンドライト リング pt900 9.6g 2.04ct

 

 

アレキサンドライト リング

アレキサンドライト リング

 

 

 

 

買取を依頼した理由

今回は山梨県にお住まいの方からご依頼がありました。

 

ずっと宝石がお好きな方で、こちらのリングは10年ほど前に東京の展示会へ足を運び購入されたお品物だそうです。

 

購入してからはお気に入りでよく使用していたそうですが、ここ数年体調を崩すことが多くなり、好きだった宝石類の整理を始めたそうです。

 

すでにほとんどの宝飾品は地元で売却したそうですが、こちらのアレキサンドライトリングは思い出もありとっていたそうです。

 

ただ今回娘さんに相談したところ都内の買取屋さんに聞いてみようとなり、娘さんに調べてもらうい弊社ラフテルまでご連絡を頂きました。

 

住まいが山梨県だったので来店は難しいとなり、宅配買取になりました。

 

宅配ということで少し不安もあったのですが、すぐに宅配キットが届いたのでスムーズに取引ができたと喜んで頂けました。

 

 

 

 

 

買取価格

買取金額   ¥390,000-

 

 

 

 

 

査定したポイント

この度はラフテルにて査定をご依頼いただきありがとうございました。

 

今回の宝石は、アレキサンドライトです。

 

宝石屋さんにあまり行かれない方にとっては聞きなれない名前かもしれませんが、アレキサンドライトは1830年ロシア帝国のエメラルド鉱山で発見されました。

 

特徴として人工照明の下では赤系、太陽光の下では青緑色に色が変化する珍しい宝石です。

 

査定ポイントはほかの宝石と同じく透明度とアレキサンドライトならではの変色性もポイントになります。

 

青緑から赤への変化が強いと査定額も上がってきます

 

透明感があり青緑色も濃く、赤への変色性が強いアレキサンドライトが最高級のランクになりますね。

 

今回のお品物は、ランクはA~Bランクほどでしたが変色性がよく、周りについているダイヤモンドも粒が大きかったことから、今回は宝石に30万円以上の査定額になりました。

 

勿論宅配買取ですので査定が終わり次第お電話でご連絡をいたしました。

 

やはり展示会で購入されていたので買った時のお値段がかなりお高かったようです。

 

ですが査定額を比べていただき今回ご成約となりました。

 

ランクの良い宝石には周りを囲む宝石(ダイヤモンドなど)もランクの良い物を使うことが多いです。

 

また日本ではプラチナ台が主流になります。

 

なのでプラチナ台で、粒の大きいダイヤモンドで囲っている宝石は高額査定になりやすい傾向があります。

 

 

 

 

 

アレキサンドライトリング 買取 まとめ

アレキサンドライトはクリソベリルの変種でクリソベリルキャッツアイの仲間になります。

 

そのクリソベリルの中で変色するものをアレキサンドライトと呼びます。

 

ちなみに変色性がありキャッツアイが出るものは、アレキサンドライトキャッツアイと呼ばれ高額な宝石になります。

 

(キャッツアイとは宝石にライトを当てると猫の目のような模様が出る効果で、ほかの宝石でもキャッツアイとつく宝石があります)

 

アレキサンドライトはまだ歴史の浅い宝石ですが、その希少性や変色などの特有の性質でダイヤモンド、エメラルド、サファイア、ルビーに加え5大宝石として呼ばれることも有ります。

 

また大きなサイズの石が取れにくいため、サイズがデカくランクが良い物はとても高額で取り引きされることも有ります。

 

産地はロシア、ブラジル、スリランカ、タンザニアなどが主な産地になります。

 

宝石名:アレキサンドライト

 

鉱物名:クリソベリル 和名:金緑石

 

硬度:8.5

 

比重:3.71

 

屈折率:1.74~1.75

 

誕生石:6月

 

宝石言葉:高貴、情熱