赤猿、中国切手を高価買取しました。 群馬県高崎市のお客様


こんにちは、今回は中国切手の中でも有名な赤猿を買い取りさせていただきました。

 

 

今現在、中国切手は高額な切手が多く、消印などがある使用済みの切手にでさえ、数万円の値段がつくこともあります。

 

 

 

 

 

赤猿の価値

なぜそんなに高額な取引ができるのか?と気になる方もいらっしゃるはずです。

 

1960年代から1980年代までの切手が高額な値段の切手が多く、今回買い取りさせていただいた赤猿は1980年に発行された切手です。

 

その年代に発行された当時の中国は、文化大革命時代という騒乱の時代でした。

 

そのころ中国政府によって切手の収集は禁止されておりました。

 

海外への輸出も禁止であったため、旅行にきた方がお土産に買ったり、内緒で集めていた方々しか所有しておらず、切手の収集が解禁されたころには、もう発行された枚数よりも大幅に少なくなっていたのと、中国の切手ブームがいま来ているという2点が重なったため、高額になったのではないか?と私は思っております。

 

赤猿は発行枚数も極端に少なく、当初の予定では800万枚発行される予定が、諸事情によって500万枚まで減少しました。

 

収集は禁止であり、発行枚数も少なかったため、現存する赤猿は極端に少なく瞬く間にプレミアム切手の称号を「赤猿」は手にしたのです。

 

 

 

 

 

赤猿の査定

赤猿には他の切手と違い、同じ赤猿の切手でも金箔が多くついているものや、少し雑にインクがはみ出ている切手などがあります。

 

少しインクがはみ出ている切手ときれいな状態の切手では、数万円変わってしまうこともあります。

 

今回の赤猿はどうでしょうか?

 

 

比較的きれいに作られています。

 

中国切手に関して査定対象で大きく値段が変わってくる部分があります。

 

 

 

マイナスになってしまうポイント

それは雑に作られていることや、色が焼けて薄くなってしまったりすることもそうですが、それ以上に後ろの状態です。

 

いくら赤猿や他の高額切手であっても後ろに紙が付いていたり、汚い状態であると大幅に値段が変わってしまうことがあります。

 

 

今回の赤猿は残念ながら少し汚れがありました。マイナス査定にはなってしまいましたが、それでも15万6千円つけさせて頂きました。

 

1枚の切手で10万円を超えてくるということは、まだまだ中国の切手ブームは続きそうですね。

 

ですが日本にも郵便局に並ぶくらい切手ブームがあったようにいつかはブームは過ぎ去ってしまいます。

 

いまは10万円をゆうに超えてきますが、中国切手のブームが過ぎ去ってしまえば100円になってしまう可能性もあります。

 

中国切手の売り時は間違えなくいまですので、ぜひご相談ください。