中国切手を高価買取! 中国切手の保管方法をご紹介します!!


買取した商品のご紹介

今回は「毛主席の長寿をたたえる」をお買取りさせていただいたのでご紹介します。

 

 

こちらの切手は第一次と第二次で分かれて発行されたもので、全部で8種類あります。

 

1967年5月の第一次に5種類、1967年9月の第二次に3種類が発行されました。

 

第一次5種は1、毛主席を讃える 2、毛主席と詩 3、毛主席と人々 4、毛主席と紅衛兵5、紅衛兵を閲見。

 

第二次3種は1、毛主席と林彪 2、毛主席 3、毛主席と林彪、上記8種類になります。

 

この時代中国では切手の持ち出し・収集が禁止されており、中国共産党により切手が処分されていた背景から、現在残っている切手の価値が高くなっているのです。

 

そして毛沢東がモチーフの切手はこの文化大革命の時代に発行されている物が多いため希少性が高く、価値があるものとなっています。

 

 

 

状態

今回のお品物は消印の付いている切手ではありましたが、全8種あり際立って大きな劣化は見受けられませんでした。

 

 

その当時の印刷技術は現在ほど優れていなかったため、慎重に扱わないと表面の印刷部が薄くなったり、素手で触ってしまうと皮脂により切手が変色してしまうこともあるため、取り扱いには注意が必要です。

 

 

日本の気候は湿気が多いこともあり、保管する場所も気を付けた方がいいかもしれません。

 

湿気の少ない暗がりに保存するなど直射日光は当たらないようにしましょう。

 

 

 

査定額

今回お買取りさせていただいた金額は42,000円になります。

 

8種類揃った状態でしたので高額査定にてご案内することができました。

 

 

 

 

 

査定ポイント紹介

中国の文化大革命の時代に発行されてこちらの切手は、希少性が高く、8種類揃った状態ですと高値で取引される傾向にあります。

 

全て揃った状態で、なおかつ未使用の品物は特に高額で取引されます。

 

今回お持ちいただいた切手は消印付ではありましたが、希少性の高さから高額でのお買取りをすることが出来ました。

 

上記で述べたように切手は繊細なお品物でもあるため、劣化やシミがでないよう取り扱いには特に注意して保管をしてください。

 

状態の良いものと悪いものでは査定額に雲泥の差が付いてきます。

 

 

 

 

 

まとめ

ラフテルではただいま中国切手及び日本の切手全般を買取強化中でございます。

 

以前に集めていた物や譲り受けたものはございませんか?

 

精いっぱいの査定額をご案内させていただきます。

 

お問合せスタッフ一同心よりお待ちしております。