赤珊瑚、ルースセット買取いたしました。千葉県のお客様


こんにちは。

 

ラフテルの鑑定士の半田です。

 

当店では赤珊瑚、血赤珊瑚のルースも高価買取を行っています。

 

それでは今回買取させて頂いた血赤珊瑚のルースセットを紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

血赤珊瑚の実態

 

 

 

珊瑚の中でも最も価値の高い血赤珊瑚の生産量は日本が世界でも一番です。

 

また血赤珊瑚は製品にしなくても価値が高いので、ルースの状態で販売される事も多いのです。

 

 

血赤珊瑚は血の色のような深い赤色をした珊瑚のことです。

 

珊瑚をおおまかに色分けすると、血赤珊瑚、赤珊瑚、桃珊瑚、白珊瑚の4種類になりますが、この中でも血赤珊瑚は最も希少で価格も高いものになります。

 

質の高い血赤珊瑚が採れるのは日本で、特に高知県の土佐湾の血赤珊瑚は世界一の品質を誇っています。

 

以前から日本産の血赤珊瑚は評価が高かったのですが、特に台湾や中国の富裕層に人気が高くオックスブラッドやトサなどの名称で呼ばれ相場が高騰しているのも事実なのです。

 

 

血赤珊瑚とはカラーグレードが高い赤珊瑚の事ですがカラーグレードで4〜5の赤珊瑚の事を言います。

 

日本産の赤珊瑚は深海に生息しているため色の密度が高いものができると言われています。

 

 

 

 

 

お買取りした赤珊瑚

今回買取させて頂いた血赤珊瑚のルースセットはトータルで18gありました。

一つ一つの大きさはさほど大きなものではありません。

 

枝サンゴの大きめのルースになると50gを超えてくるものもあります。

 

また色だけでなく、品質によっても評価は変わってきます。

 

日本産の赤珊瑚はには「フ」と呼ばれる白い斑点や模様があります。

 

このフは地中海産の赤珊瑚には無く、日本産の証として目安とされますが、血赤珊瑚は特に色むらやこのフの白い部分が少ないほど程評価は上がります。

 

その他にも表面にヒビや穴が開いていたりと状態があまり良くない珊瑚はどうしても価値は下がります。

 

血赤珊瑚だからと言っても傷が多いものや表面のテリや輝きがない赤珊瑚はすべての相場が高騰しているとは限らないのです。

 

 

 

ラフテルでの査定

今回の買取はルースセットトータルで¥140,0000 の買取とさせていただきました。

 

品質的には表面にも白い部分が目立つ部分もあり最高品質ではありませんでしたが、血赤珊瑚の希少性を考慮しての高額買取をさせてもらいました。

 

最後にご自宅に珊瑚があって本物かどうかわからないものは、その珊瑚を白熱灯に近ずけてみてください。天然の珊瑚は熱を伝えないのでほとんど熱くなりません。

 

また色むらが無いものも偽物の可能性がありますので、見分けが分からないときも当店までご連絡ください。