赤珊瑚、買取いたしました。東京都世田谷区のお客様


ラフテルの鑑定士の半田です。

 

当店では赤珊瑚の高価買取を行っています。

 

今回買取させて頂いたものは赤珊瑚の原木です。

 

磨きも入ってない原木の枝サンゴです。

 

 

枝サンゴのコーラルで重量は約43.7gでサイズは約14cmで写真のように欠けがありました。

 

枝サンゴは枝が細いものもあり、非常に欠けやすいものです。

 

ですが、枝サンゴは欠けや折れがあっても買取は可能です。

 

 

 

 

 

赤珊瑚の価値

珊瑚はコーラルとも呼ばれ珊瑚の原木は宝飾品や室内装飾品としても人気があります。

 

特に赤珊瑚と呼ばれる赤色の珊瑚が価値も高いとされています。

 

赤珊瑚の中でも赤が暗く深いものは血赤珊瑚とよばれ珊瑚の中でも一番高く価値があると言われています。

 

 

赤珊瑚とは日本産で日本近海で特に土佐湾の水深100m~300mの海底に生息しています。

 

日本産の赤珊瑚は表と裏があり潮流が流れてくる表面は穴跡が多くなりますが、裏面はなだらかな美しい面です。

 

赤珊瑚の原木は根元付近で直径3cmくらいで高さも30cmくらいとあまり大きいものはありません。

 

 

よく珊瑚の丸玉がありますが、根元付近は岩に付いていて丸玉が作れるような状態では無いので丸玉は枝部分の比較的良い部分で作ります。

 

日本産の赤珊瑚の大きな特徴は原木の中心を人間の骨のように白い部分の「フ」がある事です。

 

原木でもこのフが少ないものは希少で価値も高いものとなります。

 

白い部分が少ない赤珊瑚ほど高価な値段が付きます。

 

原木をカットして丸玉を作るときは裏側にフを隠して製品に使われるものがほとんどです。

 

 

 

 

 

赤珊瑚とは

赤珊瑚は海中で生息しているのでフジツボなどの貝や色々な生物が珊瑚に付着して成長していくのでこれが不純物となったり、海底で海綿等に浸食されたり枯れたりして表面に多数の穴が開くものもあり、これを虫食い珊瑚と呼びます。

 

土佐沖で採取される赤珊瑚は世界でも最高の評価を受けていますが、規制もあり採れる量が非常に少なく採れたうちの8割程度が虫食い珊瑚の為、宝石珊瑚として加工できるものは2割程度と言われています。

 

 

 

ラフテルでの買取

今回買取させて頂いた赤珊瑚は表面が白っぽく一部黄色っぽい部分も見受けられました。

 

原木なので加工されていない自然なものですので、様々な赤珊瑚があります。

 

全長は14cm程で重量は43.7g程ある大きな赤珊瑚の原木であることも考慮して¥67,000の買取額を着けさせていただきました。

 

お客様も状態の割には高い査定をしてもらったとお喜びでした。

 

当店では珊瑚製品に関しましては赤珊瑚に限らず、高額買取を致しますので珊瑚の原木や製品をお持ち方は是非とも当店までご連絡ください。