珊瑚買取 赤珊瑚ペンダント 東京都のお客様


珊瑚買取実績 赤珊瑚K18ペンダント

お客様情報

お客様: Z様

所在地: 東京都

年齢:  60代

買取方法:出張買取

売却品: 赤珊瑚ペンダント

 

珊瑚買取実績 赤珊瑚 K18ペンダント

珊瑚買取実績 赤珊瑚 K18ペンダント

 

 

 

 

買取を依頼した理由

昔ネックレスとして購入した品物のペンダント部分でネックレスは別で使っているので使わなくなったペンダント部分だけの買い取りをしている買取業者を探していたそうです。

 

23区街に在住のお客様で大手の買取業者に電話をして問い合わせたが、買えても数千円にしかなりませんと言われどこで売ればいいか長い期間考えていたそうです。

 

そしてたまたま、ラフテルのチラシが入ったそうで「高額買取」との文字が入っていたため、ラフテルへ問い合わせいただきました。

 

電話にて特徴を聞きましたが、数千円~1万数千円になるかなという品物でした。

 

一旦査定だけをしたいということで、私たちは出張査定をオススメしました。

 

お客様も足を悪くしているようでしたのですぐに納得していただけました。

 

実際にお宅に訪問させていただき、査定をしましたが本物の珊瑚とK18を使ったペンダントでした。

 

その時点で買い取りは可能になり、お客様に最終的な査定額を説明付で提示したところ納得いただき、売却を決断してもらうことができました。

 

この度はラフテルにお問い合わせありがとうございました。

 

 

 

 

 

買取価格

買取金額   ¥10,000-

 

 

 

 

 

査定したポイント

今回の珊瑚の品物は赤珊瑚を使ったペンダントのトップ部分となりました。

 

地金のK18も珊瑚も本物でしたので査定額をしっかりとつけることができました。

 

しかし今回の珊瑚には残念な部分が2つありました。

 

まず、1つ目として珊瑚に傷やフがあったことでマイナス査定となってしまったことです。

 

珊瑚の傷は非常に目立ち、赤珊瑚なら特に目立ってしまいます。

 

フというのは白い斑点模様のようなものでこれもあると値段が下がってしまいます。

 

その2点が大きく値段を下げてしまいました。

 

次に2つ目の残念だった部分は珊瑚のカットの仕方です。

 

珊瑚のカットはとても重要なもので、今回のカットの仕方は「カボションカット」と呼ばれるものでした。

 

珊瑚のカットで1番高く評価されているものは丸玉カットです

 

丸玉カットは原木から取れる量に限りがあるため、希少価値が付きます。

 

しかし今回のカボションかっとはそれに比べ、取れる量が多いため値段が下がってしまうということになります。

 

そのことをお客様に説明しましたら、お客様も納得して売却していただけることとなりました。

 

この度はご利用ありがとうございました。

>>「珊瑚買取に関する情報」も合わせて読んでみてください。

 

☆珊瑚 ノウハウ記事☆

「100万以上!高額買取される宝石、血赤珊瑚。破格の4万!購入ならピンク珊瑚のネックレス」
珊瑚買取ノウハウのすべて。偽物に騙されず、高く売る方法とは
珊瑚買取の知識をつけて相場以上に売る方法!
高級な赤珊瑚のかんざしについて書いてみた
最安価格1万台。買うなら生きた宝石、赤珊瑚の指輪

 

 

 

 

珊瑚買取 まとめ

今回のお客様のマイナス査定となってしまった、珊瑚の傷とカット方法ですがどこの買取業者に行っても皆が見るポイントとなります。

 

傷はお客様自身肉眼で確認できるかと思いますが、カット方法は知らなかったというお客様も大変多く感じます。

 

珊瑚は様々な形にカットされてアクセサリーとなっていますが、その中で1番評価が高いカット方法が丸玉のカットです。

 

そしてこの丸玉のカットで血赤珊瑚や赤珊瑚となり、大きさが十分あると値段は大きく跳ね上がります。

 

希少価値がとても高いため私たちラフテルに持ち込まれる頻度も少ないです。

 

お客様から聞くお話ですが、他の買取業者で血赤珊瑚、赤珊瑚で綺麗な状態でないと買い取りすることができないかとても安く買い取りをすることしかできないということもよく聞きます。

 

私たちラフテルは珊瑚の買い取りに力を入れているため、お客様に満足していただけるような査定額を今後も提示し続けようと考えています。

 

今後も高額査定を続けることによって様々なお客様から頼られるラフテルでありたいと考えています。

 

たくさんのリピーター様もいらっしゃいますので、まだラフテルを使ったことがないというお客様は是非お問い合わせください。

 

お待ちしております。