珊瑚リングを4万円で買取!珊瑚についての知識を紹介


珊瑚リングを4万円で買取!珊瑚についての知識を紹介

 

珊瑚は、古くから宝石として扱われており、今でも人気があります。

 

日本だけでなく、中国や台湾、ヨーロッパでも重宝されているのです。

 

珊瑚を使った製品は色々ありますが、比較的に高い人気を誇っているのがリングです。

 

美しい珊瑚を使った珊瑚リングは、古くから人気があります。

 

珊瑚リングに使われている珊瑚は、デザインや大きさが違います。

 

そして、それらの違いによって買取金額が違ってくるのです。

 

今回は、40,000円で買取となった珊瑚リングの情報とともに、珊瑚の基本知識について紹介していきます。

 

 

 

 

 

珊瑚リングの買取実績 直径15mm×8.5mm 4万円で買取!

 

 

 

珊瑚リングとお客様の情報

珊瑚(サンゴ)リング

 

直径:15mm×8.5mm

 

Pt90013.3g

 

買取価格:40,000

 

お客様:M

 

所在地:千葉県

 

年齢・性別:60代女性

 

買取方法:出張買取

 

 

 

珊瑚リングを買取に出した理由について

M様が珊瑚リングを買取に出された理由は、「使う機会がなくなったから」とのことです。

 

若い頃に珊瑚リングを購入し、しばらくは使っていたとおしゃっていました。

 

しかし、リングを付けることも少なくなり、今後も使う機会はないだろうと考え、買取に出してみたとのことです。

 

珊瑚リングを買取に出す理由で、一番多いのが「使う機会がないから」です。

 

使用する機会がなくなれば、価値のある珊瑚リングも意味を成しません。

 

もちろん、コレクションや思い出の品として保存しておくのもありですが、買取に出して処分するのもありです。

 

どうせ処分するなら、買取に出して売却するのがおすすめとなっています。

 

 

 

珊瑚リングの査定ポイント

珊瑚買取

 

 

珊瑚リングの査定ポイントは、主に「カラー」「大きさ」「カット」「貴金属」などが挙げられます。

 

まずカラーですが、珊瑚の色がポイントになります。

 

色によって「血赤珊瑚」「赤珊瑚」「ピンク珊瑚」「白珊瑚」の4種類に分類することができ、価値が違ってくるのです。

 

血赤珊瑚はとても希少価値が高く、逆に白珊瑚はあまり価値が高くありません。

 

また、大きさもポイントとなっており、珊瑚が大きいほど価値が高いです。

 

しかし、大きさにプラスして、カットもポイントとなります。

 

カットとは形状のことであり、真円型やカボションカットやドロップカットは価値が高いです。

 

それ以外のカットは、やや評価が落ちる傾向があるので注意してください。

 

珊瑚リングの場合、貴金属もポイントになります。

 

リングには貴金属が使われているケースがあります。

 

K18pt900など、金やプラチナが使われていれば、プラス要素となるのです。

 

 

 

4万円の査定結果になった理由

M様から査定依頼していただいた珊瑚リングは、40,000円という査定結果になっています。

 

珊瑚は本物であり、赤珊瑚として鑑定しています。

 

直径15mm×8.5mmと大きさ的には評価できるのですが、カットの面でややマイナスです。

 

しかし、pt90013.3gも使われており、プラス査定となっています。

 

その結果、40,000円という査定結果になったのです。

 

M様には、珊瑚の状態とともに、査定結果になった理由を説明しています。

 

さらに、珊瑚の相場などについても紹介させていただき、納得の上で買取させていただきました。

 

 

 

 

 

珊瑚の基本情報を紹介

珊瑚買取

 

 

 

宝飾用の珊瑚と珊瑚礁の違い

珊瑚と聞くと、珊瑚礁をイメージする方がいます。

 

しかし、宝飾用の珊瑚は、珊瑚礁とは違います。

 

宝飾用の珊瑚は、「深海珊瑚」「宝石珊瑚」などとも呼ばれており、珊瑚礁とは違うのです。

 

そんな宝飾賞の珊瑚の特徴は、とても成長が遅いことです。

 

なんと、わずか1㎝成長するために、数十年もの年月がかかるものもあります。

 

そのため、宝石としての珊瑚は、とても希少価値が高く、高額で取引されているのです。

 

ちなみに、日本では高知県沖で血赤珊瑚を取ることができ、とても高い評価を受けています。

 

他にも、小笠原諸島や五島列島、奄美大島などで珊瑚を採取することができます。

 

 

 

今後の珊瑚の需要について

珊瑚の需要は、とても高いです。

 

この理由は、珊瑚の人気は日本だけではないからです。

 

実は、珊瑚はヨーロッパでも人気があります。

 

ギリシャ神話に登場するほど珊瑚は、ヨーロッパでも馴染みがある宝石なのです。

 

しかも、中国や台湾でも珊瑚は人気があります。

 

中国や台湾では、赤色は縁起が良いとされており、血赤珊瑚や赤珊瑚を中心に高い人気があるのです。

 

今後も、珊瑚の需要の高さは維持されるとみられています。

 

 

 

 

 

まとめ

今回は、珊瑚リングの買取実績と珊瑚の基本情報について紹介してきました。

 

珊瑚リングの買取査定では、「カラー」「大きさ」「カット」「貴金属」がポイントになります。

 

そのため、査定に出す前に、それらの要素をチェックしておくのがおすすめです。

 

また、宝飾用の珊瑚は、珊瑚礁とは別物です。宝飾用の珊瑚は、1㎝成長するのに数十年もの年月が必要になるものもあります。

 

ですから、価値がとても高く、高値で取引されているのです。

 

珊瑚の需要は、ヨーロッパや中国、台湾でも高く、今後も需要の高さは維持されると思われます。

 

珊瑚の価値が高まっている時に、買取に出すのがおすすめです。

 

 

合わせて珊瑚買取に関する基本情報もご確認ください