珊瑚リングを26,000円で買取!査定ポイントと珊瑚情報を紹介


珊瑚リングを26,000円で買取!査定ポイントと珊瑚情報を紹介

 

珊瑚は、古くから人気のある宝飾品です。

 

今でも高値で取引されており、買取の対象にもなっています。

 

日本だけでなく、世界的にも珊瑚は人気があるのです。

 

珊瑚を使った製品で人気なのがリングです。

 

珊瑚リングは美しく、魅力的な女性を演出してくれます。

 

しかし、若い女性からすれば珊瑚リングは、ファッションとして扱いづらく、売却したい方もいるはずです。

 

そこで今回は、珊瑚リングの買取実績と査定ポイント、珊瑚情報について紹介していきます。

 

 

 

 

 

珊瑚リング 直径11mm×9.4mmの買取実績は26,000円!

早速ですが、買取実績から紹介していきます。

 

珊瑚(サンゴ)リング

 

直径 11mm×9.4mm

 

K18 6.5g

 

D  0.04ct

 

買取価格 26,000

 

 

 

買取に出された理由

この珊瑚リングを買取査定に出されたお客様は、お母様から珊瑚リングを譲り受けたとのことです。

 

譲り受けた際にお母様から、「使わないなら売ることができるはずだよ」と言われたとのことで、使用する機会がないため今回買取査定に出してみたとのことです。

 

珊瑚リングを含む珊瑚を使ったアクセサリーは、誰かから譲り受けるケースが多いです。

 

彼氏や身内からプレゼントされたり、渡されたりすることが多くあります。

 

しかし、最近はあまり珊瑚を使ったアクセサリーを身に付ける機会がありません。

 

そのため、買取査定に出してみる方が多くなっているのです。

 

もちろん、査定結果に納得できない場合、「売却しない」という選択もあるので、安心して査定に出してみてください。

 

 

 

珊瑚の査定ポイント

珊瑚買取

 

 

珊瑚の査定ポイントはいくつかありますが、なかでもポイントになるのが3つです。

 

まず、「真贋」がポイントになります。古くから宝飾品として人気がある珊瑚は、偽物も流通しています。

 

そのため、査定の際には真贋がポイントとなっているのです。

 

次にポイントになるのが、珊瑚の「色」です。

 

珊瑚の色によって、「血赤珊瑚」「赤珊瑚」「桃色珊瑚」「白珊瑚」と珊瑚は4種類に分類することができます。

 

血赤珊瑚が最も価値が高く、白珊瑚はあまり価値が高くありません。

 

また、珊瑚の大きさもポイントになります。

 

基本的に、珊瑚のサイズが大きいほど高額になります。

 

10mm以上から価値が高くなっていき、20㎜を超えれば10万円を超える査定金額になることもあるのです。

 

 

 

今回の査定結果の理由について

今回の珊瑚リングの査定結果では、まず珊瑚は本物の赤珊瑚と鑑定しています。

 

大きさについては11mm×9.4mmで、ある程度の評価をすることができる大きさです。

 

さらに、今回の珊瑚リングについては、リングに「K18」「D」が使われていました。

 

そのため、それらの価値もプラスさせて26,000円という査定金額となっています。

 

お客様には、珊瑚リングの状態や相場などについて説明されていただきました。

 

お客様は金額について納得していただき、買取となったのです。

 

 

 

 

 

珊瑚情報について紹介!

珊瑚買取

 

 

 

珊瑚はとても高価!

ここからは、珊瑚情報について紹介していきます。

 

まず、実は珊瑚には色々な種類があります。

 

珊瑚の中でも宝飾品として扱われているのは八放珊瑚です。

 

なぜ珊瑚が高価なのかは、この八放珊瑚にあります。

 

八放珊瑚は、深海で成長する珊瑚となっています。

 

そのため、採取するのが難しいです。さらに、成長する速度がビックリするほど遅いです。

 

なんと1㎝成長するのに、50年ほど必要とされると言われています。

 

これらの点から、宝飾品としての珊瑚はとても希少価値が高く、高価となっているのです。

 

ちなみに、珊瑚は真珠と併せで「海の二大宝石」と言われています。

 

それほど、珊瑚は古くから人気があって、高価な宝飾品なのです。

 

 

 

世界的に需要が高い!

珊瑚は日本だけでなく、世界的に需要があります。

 

日本には小笠原諸島や五島列島、土佐湾など、様々な珊瑚の産地があります。

 

しかし、珊瑚の産地は日本だけではありません。

 

イタリアやフランスなどヨーロッパも産地となっているのです。

 

実は、ギリシャ神話にも珊瑚は登場しており、ヨーロッパでも古くから宝飾品として扱われています。

 

そのため、ヨーロッパでも、珊瑚の需要はあるのです。

 

さらに、最近珊瑚の需要が高いのは、中国や台湾などとなっています。

 

この理由は、中国・台湾は赤が縁起の良い色とされており、血赤珊瑚や赤珊瑚の需要があるのです。

 

ちなみに、中国漁船による珊瑚密漁が話題になったことがありましたが、それも中国国内で珊瑚の需要がとても高く、高値で取引がされているからなのです。

 

 

 

 

 

まとめ

珊瑚買取

 

 

今回は、珊瑚リングの買取実績とともに、査定ポイントと珊瑚情報を紹介してきました。

 

珊瑚リングの査定ポイントは、主に「真贋」「色」「大きさ」が挙げられます。そのため、買取に出す前に、これらの要素をチェックしてみてください。

 

また、珊瑚は日本だけでなく、世界的に需要が高いです。

 

そのため、珊瑚は高値で取引されており、買取査定でも高額査定になりやすいのです。

 

ぜひ、不要になった珊瑚があるのなら、買取に出してみてください。

 

 

合わせて珊瑚買取に関する基本情報もご確認ください