ダイヤモンドを売るなら今!?価格が高騰しているワケ


ダイヤモンドは、古くから人気のある宝石のひとつであり、希少性が高くて高値で取引されています。そんなダイヤモンドですが、ここ数年は高騰傾向が見られているのです。価格が高騰している理由は3つあります。それは、「中国・インドの経済発展」「採掘量の減少」「投資としての需要アップ」です。ダイヤモンドの価格が高騰しているうちに、必要ないダイヤモンドを買取してもらうチャンスとなります。せっかく買取してもらうなら、できるだけ高値で買取したもらうべきです。

 

 

ダイヤモンドの価格が高騰している理由

ダイヤモンド リング 0.98ct

 

 

中国・インドの経済発展

ダイヤモンドの価格が高騰している理由のひとつが「中国・インドの経済発展」です。最近、「爆買い」という言葉を聞くことがあると思います。爆買いとは、中国人やインド人の富裕層が一定のモノを大量購入することを指している言葉です。中国・インドの経済発展は凄まじく、富裕層が増えており、世界中で様々なモノを爆買いしているのです。 この爆買いは、ダイヤモンドにも手が伸びています。そのため、ダイヤモンドの需要が高くなることになり、それに伴い価格が高騰していっているのです。

 

 

 

ダイヤモンドの採掘量の減少

ダイヤモンドの「採掘量の減少」も価格高騰の理由のひとつです。本当に採掘量が減少しているのか、それを証明するものはありません。価格高騰のための噂の可能性もあるのですが、ダイヤモンドは資源のひとつであり、採掘量が減っていてもおかしくはありません。また、採掘量ではなく、職人の減少も価格高騰の一因とされています。リーマンショックの影響で、ダイヤモンドをカットできる職人が数多くリストラされたのです。その結果、ダイヤモンドを採掘しても、カットできる職人がいないため、流通量が減ってしまい価格高騰につながっているのです。

 

 

 

投資としてのダイヤモンドの需要アップ

世界的にダイヤモンドを投資の対象にする傾向があります。リーマンショックやテロ、金融不安などにより、株や通貨への信用が落ちたのです。その結果、資産価値として高い金やダイヤモンドの信用が相対的に上がりました。そのため、投資の対象としてダイヤモンドの需要は高くなり、価格高騰の理由のひとつとなっているのです。

 

 

 

値段のつけ方にも影響!

ダイヤモンドの価格高騰は、値段のつけ方にも影響しています。価格が高騰すれば、自然に値段のつけ方も変わってきます。ダイヤモンドの価格が高騰することで、買取価格も高くなるのは自然の流れです。そのため、ダイヤモンドを手放すなら、価格が高騰しているときにするべきなのです。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドを選び方はグレードに注目すべき!

 

ダイヤモンドの価格の高騰だけじゃない値段のつけ方

ダイヤモンド リング 0.23ct

 

値段のつけ方は4つのCがポイント

ダイヤモンドの値段のつけ方は、価格の高騰以外にも重要なポイントがあります。それが、「4C」と呼ばれる4つのCです。4つのCとは、「カラット(Carat)」「カラー(Color)」「クラリティ(Clarity)」「カット(Cut)」の4つです。

4C

   意味
カラット(Carat ダイヤモンドの重量
カラー(Color ダイヤモンドの色
クラリティ(Clarity ダイヤモンドの透明度と混合物
カット(Cat ダイヤモンドの形

4Cは全世界で使われています。そして、この4Cを使ってダイヤモンドの値段はつけられるのです。

 

 

値段に一番影響するのはカラット

ダイヤモンドの値段に4Cはすべて影響しています。しかし、最も影響しているのがカラットであり、ダイヤモンドの重さです。やはり、重いダイヤモンドの方が高い値段がつけられます。極端に言えば、「大きいけどあまりキレイでないダイヤモンド」「小さいけどとてもキレイなダイヤモンド」があった場合、大きい方のダイヤモンドの方が高い値段がつけられるケースが多いのです。もちろん、あくまで一番値段に影響するのはカラットということであり、他の要素も重要です。重さにプラスして、他の要素とのバランスがポイントとなっています。

 

 

ダイヤモンドの価格高騰中だからこそ売り時

ダイヤ買取 東京都

 

価格高騰中だからこそ売るべき理由

ダイヤモンドの価格が高騰中である今こそ、要らないダイヤモンドを手放すチャンスです。価格が高騰している理由は3つあり、それらがいつまで続くのかは不透明です。つまり、価格高騰がいつ終わってしまうのかわかりません。 価格高騰中なら高価買取してもらうことができたのに、価格高騰が終わってからでは想像よりも低い価格で買取されることになりかねません。そのため、価格高騰中の今だからこそ売るべきなのです。

 

 

 

まとめ

ダイヤモンドの価格は高騰しています。高騰している理由は、「中国・インドの経済発展」「採掘量の減少」「投資としての需要アップ」の3つです。ダイヤモンドの値段のつけ方は、4Cがポイントになりますが、価格高騰中なら高い値段がつけられます。しかし、ダイヤモンドの価格高騰はいつまで続くのかわかりません。そのため、価格高騰している今こそ、高値で手放すチャンスになります。要らないダイヤモンドは、この機会に買取してもらうというのも選択肢のひとつです。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの買取価格がアップ!適正査定のラフテル