象牙麻雀牌を高価買取しました。東京都台東区のお客様


今回は象牙の麻雀牌をお持ち込みいただきました。

 

 

以前にも象牙をお買取りさせていただいたことのあるお客様で、再度ご来店いただきました。

 

いつもご利用いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

麻雀牌の査定

今回お持ちいただいた象牙は遺品として譲り受け、ご自宅の倉庫にずっと眠ってあったお品物だそうです。

 

整理した際に出てきて売却希望ということでお持ちいただいたお品物になります。

 

麻雀牌の査定ポイントとしましては、付属品の有無、麻雀牌の状態、象牙の牌の大きさや色彩などが重要になってきます。

 

お持ちいただいた物は少し飴色に変化しており使用感はありましたが、付属品がすべて揃っており大きな欠けや傷のない状態でした。

 

そのため今回こちらのお品物は151,000でお買取りさせていただきました。

 

ご成約いただきありがとうございました。

 

 

 

麻雀牌の材質

麻雀牌には様々な材質の物があります。

 

 

アクリル樹脂製牌、ユリア樹脂製牌、竹牌、牛骨牌、象牙牌などがありますが、その中でも最高級な素材が象牙になります。

 

象牙は大変高価なものですので偽物も当然存在します。

 

インターネット上でもあたかも象牙であるかのように販売している物も多数存在してます。

 

そのような贋作をつかまないためにも象牙の真贋のポイントをいくつかご紹介いたします。

 

象牙とは「カルシウム」であり、年数が経過すると徐々にアイボリー、飴色に変化していきます。

 

人口ではなかなか再現できないような美しい色合いに変わっていきます。

 

そのような色合いや質感は象牙の特徴であると言えます。

 

 

 

象牙の真贋

次に象牙には斑目模様が存在します。

 

それは真贋を見極める上で見分けやすいポイントの一つと言えるかもしれません。

 

偽物の場合は模様を人工的につけるため、均一の仕上がりになっていたり斑模様がなかったりもします。

 

そういった点を見ることで真贋の判断がつきやすくなります。

 

(ただ本物でも班模様が均一であったり模様がないものも実際には存在します。)

 

上記のような点が象牙を見分ける上での簡単なポイントになりますが、それだけで絶対見極められる訳ではありません。

 

もし正確に真贋を見極めたい場合は専門家への依頼をいた方がいいかもしれません。

 

 

 

 

 

ラフテルでの査定

弊社ではただいま麻雀牌の買取に力を入れています。

 

ご自宅に眠っている麻雀牌はございませんか。

 

もしかしたら思ってる以上の査定額をなるかもしれません。

 

まずは一度ラフテルまでご連絡ください。

 

スタッフ一同お待ちしております。