象牙 一本牙 高価買取しました。埼玉県のお客様


こんにちわ、ラフテル 鑑定士の鎌田です

 

ラフテルでは象牙を始め骨董品、切手、ブランド、など様々な品の買取も行っております。

 

自宅で不要になったものの整理などの際にはぜひ当店をご利用ください。

 

家族が所有していて価値が分からず安易に処分した方もいらっしゃると思います。

 

自宅に眠っている気になる品がありましたら当社査定は無料ですのでまずはお気軽に査定だけでもご依頼下さいませ。

 

 

 

 

 

買取した商品のご紹介

それでは本日はお客様の自宅に長年代々受け継がれてきて飾ってあった一本象牙の買取をさせていただきました。

 

 

それでは早速見てみるとみごとな象牙で鑑賞用には最適な象牙ですね。

 

 

 

登録票の有無

もちろん登録証もしっかりあります。

 

 

御存じの方も多いかと思いますがワシントン条約により象牙が輸入禁止になった1989年以前に国内にあった象牙であれば登録できますのでこの象牙は登録してあるので大丈夫ですね。

 

 

 

 

 

象牙の査定ポイント

長さは60.1.センチです。

 

象牙の価格は長さと重量で査定額が決まることが多いようです。

 

自然会のものなので腐食具合など状態にも左右されます。

 

よって買取店でもかなり価格差が出るようです。

 

拡大した写真を見てみると象牙特有の縞模様が見えます。

 

経年変化のような茶色いシミのような傷や汚れもあります。

 

象牙が本物か偽物か見分けるのにも重要なポイントの一つになってきます。

 

人工的に作られたものであればこのような自然な縞はありませんし、偽物は妙に奇麗だったりします。

 

 

さらに先端の部分を見てみましょう。年代ものの割には先端部分も黄ばみも少なく奇麗な状態を保っております。

 

象牙は自然のものなので保管状態によっては割れや多く黄ばみがでたりして状態が悪い象牙も多々見受けられます。

 

 

次に中を見てみると・・・

 

 

中が空洞になっていますね。

 

全形を保持した象牙(一本物の牙)は根元から先端に向かう三分の一くらいは必ず空洞になっています。

 

中の汚れもありますが自然の汚れという感じですね。

 

象牙の贋作は練ものが多く実物を見ると縞模様も均一で不自然なものが多いですので注意が必要です。

 

 

 

 

 

ラフテルでの買取

ところで肝心の査定金額はなんと2万1千円の金額になりました。

 

お客様も象牙の価値が分からず捨てようと思っていたそうですが思わぬ金額に大変満足されていました。

 

このぐらいの象牙だと普通1万ほどの安価で買い取られることも少なくありません。

 

現在象牙は年々希少性が高まってきておりその価値は上がってきております。

 

印鑑、麻雀パイなど様々な象牙加工商品がありますがその希少性のため加工品でも思わぬ高額査定にあることもあります。

 

等ラフテルでは多くの骨董買取実績からもお客様の常に納得いく査定を心がけております。

 

自宅に眠っているこれもしかしたら本物の象牙か分からないなど御座いましたら一度無料で査定行っておりますので一度ご相談下さい。