象牙は加工性能が高い!どんな加工品があるのか紹介!


象牙は加工性能が高い!どんな加工品があるのか紹介!

 

象牙製品は、とても高値で取引されています。

 

その理由の1つが、象牙は加工性能がとても優れているからです。

 

適度に吸湿性があるため、様々な加工品にピッタリの素材となっています。

 

また、材質も硬すぎず、柔らかすぎないため、加工しやすい素材なのです。

 

実は、金属や水晶などに比べ、象牙の方が加工性は高いとされています。

 

象牙の加工性能が高いということは、象牙加工品の種類の豊富さからわかります。

 

彫刻・アクセサリー・茶道具・和楽器・印鑑・数珠・麻雀牌など、本当に様々な形に加工されているのです。

 

ひ、そんな象牙製品を手に入れてみてください。

 

 

 

 

 

象牙の加工品で価値が高いものは?

 

 

 

彫刻の価値は高い傾向がある

象牙の彫刻は、比較的に価値が高い傾向があります。

 

仏像や七福神象など、象牙の彫刻には様々な種類があります。

 

象牙の彫刻で価値が高いのは、大型の彫刻です。

 

理由は単純で、象牙の重量があるからです。

 

重量があるほど、基本的には価値が高くなります。

 

また、象牙の彫刻の場合、作者が重要なポイントとなります。

 

作者が有名なのか、無名なのかによって価値が全然違うのです。

 

当たり前ですが、有名な作者ほど価値が高くなりやすいです。

 

 

 

麻雀牌は一式揃っていると高い

 

 

象牙の加工品の中でも、麻雀牌も価値が高い傾向があります。

 

麻雀牌の場合は、一式揃っているのかがポイントです。

 

麻雀牌だけでなく、点棒や花牌まで象牙を使用されている場合、さらに価値が高くなります。

 

象牙の麻雀牌の価値が高いのは、買取実績からもわかります。

 

ラフテルの買取実績からわかるように、麻雀牌を20万円で買取をしているのです。

 

それほど、象牙の麻雀牌の価値は高いのです

 

もし、使用しない象牙の麻雀牌一式があるなら、買取査定に出してみてください。

 

想像以上の査定金額になるかもしれません。

 

 

 

印鑑も他の印材に比べれば高い

350f58f01f513a8c6a65dd466f95d318-2

 

 

象牙の加工品で有名なのは、やはり印鑑ではないでしょうか。

 

象牙は、印材として優秀で、古くから高い人気を誇っています。

 

そして、印材の中でも象牙を使った印鑑の価値は高いです。

 

使用している象牙の部分や大きさによって価値は違いますが、他の印材に比べれば圧倒的に高くなっています。

 

もちろん、象牙の印鑑も買取の対象となっています。

 

ただし、他の象牙加工品に比べ、買取価格はあまり高くありません。

 

象牙の買取では、象牙の重量がポイントになります。

 

そのため、印鑑ではあまり重量がないため、1本あたり数千円~1万円前後の価格になることが多いです。

 

 

 

 

 

象牙の加工品って購入して大丈夫?

 

 

 

ワシントン条約があるけど大丈夫なの?

象牙の加工品は、今でも売買されています。

 

しかし、そこで気になるのが、ワシントン条約の存在ではないでしょうか。

 

ワシントン条約によって、象牙の国際取引が禁止されています。

 

そのため、象牙の加工品の売買は「違法ではないか?」と思ってしまう方もいるはずです。

 

実は、日本国内においては、象牙の取引は違法ではありません。

 

現在日本で取引されている象牙加工品は、ワシントン条約以前に日本に輸入された象牙と捉えているのです。

 

 

 

象牙の加工品を購入する際の注意点

日本での象牙の取引は、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」で規制されています。

 

逆に言えば、この法律に従っていれば、象牙加工品の国内取引をしても違法性がありません。

 

この法律では、象牙の取引業務を行なう事業者は、届け出を行い、取引について台帳を記録して保存することを義務付けています。

 

そのため、しっかりと届け出をしている業者と取引すれば、違法性なく売買することができるのです。

 

 

 

象牙の加工品のお手入れ方法

 

 

象牙の加工品をお持ちの場合、お手入れ方法を知っておくべきです。

 

しっかりとお手入れをして、保存することで価値を維持させることができます。

 

とは言え、象牙のお手入れは難しくありません。水で洗えば汚れやホコリを取ることができます。

 

水洗いした場合には、乾いたきれいな布で水分を拭き取ってください。

 

そして、直射日光を酒、日陰干しをするだけでお手入れできます。

 

また、黄ばんだ場合の対処法もあります。市販の漂白剤を倍ぐらいに薄め、数日つけておいてください。

 

そうすれば、黄ばみを落とすことができます。

 

ただ、象牙は黄ばんでいくのは本物である証拠であり、それも趣があるので、そのままにするのもありです。

 

 

 

 

 

まとめ

象牙は、とても加工性能が高い素材です。

 

そのため、多くの象牙の加工品があります。

 

彫刻やアクセサリー、麻雀牌など様々な形に加工されています。

 

また、印材としても優秀で、古くから印鑑にも使用されているのです。

 

象牙の加工品は、とても高い価格で取引されるため、必要ない象牙の加工品があれば、買取に出してみるのがおすすめです。

 

ワシントン条約によって象牙の国際取引が制限されているため、国内取引は「大丈夫なの?」と思うかもしれません

 

しかし、象牙を取り扱っている業者は、届け出を行なっており、合法的に取引しているので安心してください。

 

 

合わせて象牙買取に関する基本情報もご確認ください