MENU

買取・査定のお申し込み

  • 0120-576-250 営業時間 平日 9:00—18:00
  • メールでの査定・買取
  • LINE査定
    • 宅配買取
    • 出張買取
    • 店頭買取

閉じる

象牙

HOME > 象牙買取について > 象牙の詰め物について

象牙の詰め物について

象牙の中の様々な詰め物について

昔から、象牙はキロいくらと、重さでの売買が主流でした。

このため、象牙の中の空洞に詰め物を入れ、重さのかさ増しをしている場合があります。

本サイトの買取価格の出し方でも説明していますが、買取単価×キロ数で査定額を出します。

 

象牙の買取価格について

 

詰め物などがある場合は詰め物の重さを引いての計算になりますのでご注意下さい。

詰め物がない象牙

    • 元々フタも付いていない象牙でした。
    • フタが付いていましたが、詰め物は、
      ありませんでした。
    •   先の方で切られて入るため
        空洞が無い象牙です。

詰め物 (例)

    • 小さな固形の樹脂が詰まってました。
      -2.75kgでした。
    • 象牙の空洞に沿って木が入ってました。
      -1.7kgでした。
    •  木屑が詰まっていました。
       -0.8kgでした。
      • ゴムのような弾力のある樹脂が流し
        こまれていました。-1.8kgでした。
      • 少し見えづらいですが、先端に鉛が流し
        こまれていました。-2.1kgでした。

象牙、鉛(詰め物)の輪切り

        象牙買取 鉛          

こちらは、私の見た中でも、かなり深くまで鉛の詰まっていた象牙です。

象牙の付け根部分から、先端にかけて深くたっぷり鉛が流し込まれていました。輪切りにして、鉛を取り除きます。

重さにして3kg弱ありました。 

元々、12kgの象牙でしたが、鉛の分を引いて計算しますので、9kgになってしまい大幅な査定ダウンとなってしまいました。

詰め物が入っている可能性について

感覚の話になってしまい恐縮ですが、象牙の詰め物の入っている割合は今まで見てきた感じですと、1割~2割くらいでした。

詰め物が入っていたとしても、しっかりとお値段付きますので、お気軽にお問い合わせください。

 

※また、フタが付いている場合、無理に外そうとしますと象牙が破損してしまう場合がありますので、鑑定士の指示に従って下さい。

関連記事

 象牙の偽物の見分け方

 

こんなに高い!?象牙製品、一本牙の買取実績

 

ないと罰せられてしまう、登録票の取り方

 

こんなところにも使われている!?象牙製品一覧

 

取り締まりが厳しくなっている象牙の今後の考察

 

 

 

<象牙買取について>の記事を見た人は、こちらの記事もよく読まれています。

 

珊瑚の買取について

 

一角(イッカク)の買取について

象牙トップへ戻る

買取・査定のお申し込み

0120-576-250

買取・査定のお申し込み

0120-576-250

LINE査定

メールで査定・相談する

  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取

ラフテルスタッフが お送りする買取役立ちブログ

赤珊瑚 数珠を高価買取しました。

珊瑚アクセサリ買取

2018年11月13日

赤珊瑚 数珠を高価買取しました。

IWCを高価買取しました。

ブランド時計の買取実績

2018年11月12日

IWCを高価買取しました。

赤珊瑚 ネックレスを高価買取しました。

ネックレス買取

2018年11月11日

赤珊瑚 ネックレスを高価買取しました。

中国切手を高価買取しました。

中国切手の買取実績

2018年11月10日

中国切手を高価買取しました。

買取役立ちブログ一覧