サファイアはどれほどの価値がある? サファイアの大きさの秘密をご紹介!

買取した商品のご紹介

今回はサファイアがセッティングされたPt900製のカフスを買取させて頂きました。

 

品物はこちら

 

 

 

男性用のカフスですが、プラチナ製でサファイア付きと豪華なアクセサリーになります。

 

近年ではカフスを付ける男性も減っておりましてや貴金属で作られた品物となると、珍しい品物ですね。

 

今回のお品物はお持ちいただいたご本人様が購入された品物だそうでバブルの頃に購入されたお品物との事でした。

 

当時でもプラチナ製であることやサファイアがついていることで高価な買物だったそうです。

 

購入してから数十年が経過しておりお客様も使う機会がなくなり売却を決心したそうです。

 

男性用カフスですので使っていただける方も少なく、リフォーム等も費用が高いので売却が良い判断かもしれません。

 

今回のプラチナ製カフスですが1点残念なのが、本来カフスは左右の2点セットなのですが、片方をなくしてしまったそうで1点しかありませんでした。

 

簡単に値段も倍になっていたのでお客様も残念がっていました。

 

 

 

状態

Pt900製のカフスの状態ですが、ワイシャツなどの手首に着けることから金属部分には細かな傷が多くありました。

 

幸いにもサファイア自体には傷や欠けなどはなかったので減額にならずに済みました。

 

今回のお品物の場合ですとそのまま製品としての販売は難しい品物になります。

 

ですので貴金属部分のキズなどは特に査定額には影響しない商品になります。

 

 

 

査定額

今回のPt900 サファイア カフスは¥35500にて買取をさせて頂きました。

 

詳細は

 

重量が11.7gでサファイアは2.0ctのサイズでした。

 

詳しい方なら計算ができるかもしれませんが、

 

プラチナに約¥31000

 

サファイアに¥4500

 

ほどの内訳になります。

 

 

 

 

 

査定ポイント紹介

今回のサファイアカフスのポイント紹介です。

 

今回の査定額ではほとんどがプラチナの価格となりました。

 

理由としてはサファイアのサイズが2.0ctと小ぶりだったこと。

 

加熱処理をされているサファイアですが、お写真でもわかるように色が薄い青色だったことが大きく影響しています。

 

小さなサファイアは産出量も多く宝石屋さんで買うときは高いですが素材の価値としてはとても安価な宝石になります。

 

処理をしているサファイアでも色が鮮やかな青色だと査定額も高くなります。

 

特に加熱処理をしていないサファイアは超高額になります。石のサイズが大きければ大きいほど天然のブルーは出にくいのでどんどん高額査定となります。

 

 

 

 

 

まとめ

今回はサファイアのアクセサリーをご紹介いたしました。

 

弊社ラフテルではサファイア以外のダイヤモンド・ルビー・エメラルドといった宝石にも力を入れて買取りを行っております。

 

価値を知りたいだけでもお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取