クレドールセイコーを高価買取! 査定ポイント3選を紹介

買取した商品のご紹介

この度買い取りましたのはセイコーの高級腕時計ブランドの一つであるクレドールセイコーになります。

セイコー クレドール

 

 

こちらのモデルはオレンジ色の文字盤がデザインになり、そして素材は18金ピンクゴールドとステンレススチールで、ベルトは革製品になります。

 

モデルはクレドールメカニカルの型番はGCAY998になります。

 

そしてこちらのモデルの魅力はそのデザインと機械は手巻きのパワーリザーブになります。

 

 

 

状態

傷やダメージございません。

セイコー クレドール2

 

 

箱も付属しています。

セイコー クレドール3

 

 

裏ブタとベルトも綺麗です。

セイコー クレドール4
セイコー クレドール5

 

 

 

査定額

査定額11万円になります。

 

 

 

 

 

査定ポイント紹介

今回はクレドールセイコー時計の査定ポイント3つを紹介いたします。

 

1,まず 高級時計の買取の際初めて拝見するのは状態です。

 

買取の際に状態によって査定額が大きく変わります、例えば全く同じモデルでもその状態で査定額は数万円から数十万円の差が出ます。

 

買取店舗や買取会社によって時計の状態をいくつのランクに分けていると思いますが弊社ラフテルでは以下のランクに分類しています。

 

新商品の場合Nランクと言って、新品未開封のものを指します。

 

開封しているけど新品の状態に近いものはSランクになります。

 

次に、中古品ですが傷など少ないものはAランクになります。

 

そしてかなり使用感があり、大きいダメージありますが稼働品であればBランクになります。

 

最後にジャンク品になります、不動品でも高級ブランドやアンティークな状態であればジャンク品でもCランクとして買取は可能になります。

 

2,次に、時計の付属品になります。

 

付属品とは時計を購入するときにもらえる箱・保証書・タグ・冊子やコマ等ございます。

 

こちらの付属品などはそれぞれ値段違いますが、その中に値段高いのは保証書・箱とカマになります。

 

そのため、買取の際に箱や保証書など一緒に出していただくと査定額がアップできます。

 

3,最後に ベルトブランドになります。

 

ベルトブランドというのは、ベルトのブランドは時計のブランドと違う場合は社外ベルトといます。

 

社外ベルトの場合買取額かなり下がります。

 

よくあるのは、革製ベルトはステンレススチールや金無垢に比べて長期間持てないため、ベルトを交換する方います。

 

基本的にその時計の純正ベルトであれば査定額アップできます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

以上クレドールセイコーの査定ポイント3選になります。

 

クレドールセイコーの魅力はその上品のデザイン性とムーブメントの高精度になります。

 

現在クレドールセイコーは国産時計で非常に貴重な存在です。

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する