自治体発行の千円銀貨プルーフ貨幣セットは一つ千円以上で売却できる??

買取した商品のご紹介

本日ご紹介する商品はこちらです

千円銀貨

 

地方自治法施行60周年記念千円銀貨幣です。

 

今回は47都道府県中、45都道府県分のまとめてのお買取りになりました。

 

地方自治法施行60周年記念千円銀貨幣プルーフ貨幣セットは日本政府が平成20年の地方自治法60周年を記念して発行したものです。

 

47都道府県ごとに図柄の異なる千円銀貨を2008年~2016年まで8年かけて発売されました。

 

図柄はそれぞれの都道府県に合わせてデザインされており、歴史上人物や名所などの絵が描かれています。

 

8年ほどかけて発売され、さらに数量限定の物であった為、全都道府県揃えてお持ちの方はなかなか希少です。

 

 

状態

見た目の状態についてですが、銀貨自体は全てプラスチック製のケースに入ったまま保管されていた為、綺麗な状態でした。

千円銀貨2

 

 

外側のケースは型紙で造られている為、少し傷がついている部分もありました。

千円銀貨3

 

 

査定額

今回の査定額は130,000円となりました。

 

 

 

 

査定ポイント紹介

地方自治法施行六十周年記念千円銀貨幣プルーフセットにはA・B・Cと種類がありますが、今回は銀貨のみが多くセットはわかりませんが、外側のケースのある物が6都道府県分ありました。

 

これはAの単体セットです。6都道府県分以外のケースが不足していること、また福井県と奈良県が不足して45都道府県分しかなかったのが残念です。

 

また、地方自治法施行60周年記念千円銀貨幣プルーフ貨幣セットは、実は都道府県によってもお値段が大きく変わるお品物になります。

 

他のお品物と違い、プルーフ貨幣セットの査定ポイントは単純です。

 

・どの都道府県か

・箱や付属品は揃っているか

・状態

 

今回の査定額は130,000円になりました。

 

千円銀貨は千円ではないのか、と思いますよね。

 

確かに貨幣になるので額面上は千円です。

 

しかしプレミアがついている為、千円以上になることもあります。

 

ちなみに定価でも6,000円(Aセット)しますが、1都道府県のお買い取りでは定価以上は難しくなります。

 

今回のように総量がある場合は付加価値がつきます。

 

今回はほとんどがプラスチック製のケースの状態であり完品ではなかった為130,000円となりましたが、しっかりケース等が揃っていれば査定額もその分上がります。

 

 

 

 

 

まとめ

ご自宅にプルーフ貨幣セットはございませんか?

 

地方自治法施行60周年記念千円銀貨幣以外にもプレミアの付くプルーフ貨幣セットは多くあります。

 

硬貨として使用してしまう前に是非一度ご相談ください。

 

 

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する