Cannonのカメラを高額買取しました! 千葉県のお客様

名前:I様

年齢:60代男性

所在地:柏市 

買取した商品:Canon MODEL7  キャノン モデル7  ボディ  CANON  LENS  50mm  10.95   レンズ




   

買取した商品のご紹介

こんにちは。
ラフテルの鑑定士の半田です。

当店ではキャノンのカメラの高価買取を行っております。

ご使用にならなくなったキャノンのカメラがありました当店までご連絡ください。

それでは今回買取させて頂きましたキャノン モデル7 をご紹介させていただきます。


状態

かなり古いカメラですがそこそこの状態を保っています。

シャッター、タイマー、シャッタースピードは異常が無く動作に問題はありません。


キャノン7の文字と露出計が見えます。

内臓露出計はボタンの切り替えにより高照度と低照度を使い分ける事が出来ます。


レンズは50mmフォーカルプレーンシャッター式が搭載されています。


レンズは大口径の50mmの10.95レンズが装着されています。

ファインダー内はカビや曇りは無く状態は良好です。


フィルムカバー内も綺麗な状態です。


外装もそれなりに使用感はありますが全体的には良好な状態です。



査定額

¥176,000




査定ポイント紹介

今回買取させて頂いた Canon MODEL7  レンジファインダーカメラ  50mm  1:0.95  超大口径単焦点レンズは希少品です。

発売は1961年頃とかなり年数は経過しているのですが中古のレンジファインダーカメラの中でも実用性が高く 50mm 1:0.95 超大口径単焦点レンズを搭載しているモデル7は幻の一品と言われています。

キャノンは今でもデジタル一眼レフカメラで世界でトップクラスのシェアを誇りますが戦前から日本製の国産カメラでライカに追いつけ、追い越せを目標にフィルムカメラの製造を始めました。

フィルムカメラの主流が一眼レフになる直前にキャノン製のレンジファインダーカメラの最終形態として製造されたのがキャノンモデル7です。

査定のポイントで高額査定となったのがキャノンレンズ  50mm  1:0.95 です。

F0.95とも呼ばれるレンズですが伝説のレンズとも呼ばれています。

レンズの明るさを示すF値ですが明るくなればなるほど設計は困難といわれた中で、35mmフィルムカメラ用のレンズでF値が1を超えるものはキャノンの50mm  1:0.95 以外は存在しなかったと言われます。

キャノンのモデル7は買取もいくつかあるのですがレンズのF値が1以上のものが多く0,95のレンズが搭載されてなければここまでの査定金額にはなりません。

今回買取させて頂いたキャノンモデル7は現状使用出来る状態にあり幻のレンズが搭載されてレンズの状態も良好でありましたので高価買取とさせて頂きました。




まとめ

一眼レフカメラの前の主流カメラであったレンジファインダーカメラは希少品と呼ばれるカメラがあります。

距離計連動カメラとも言い距離計がレンズとは別に組み込まれてカメラです。
ライカのMシリーズにも代表されるレンジファインダーカメラですが国産品も希少性が高いと言えます。

ご使用にならないレンジファインダーカメラがありましたら当店では高価買取を致します。

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する