レンズはどうして高く売れる? レンズの査定で重要となるポイントをご紹介します!!

こんにちは。
ラフテルの鑑定士の半田です。
当店では各種メーカーのレンズの高価買取を行っております。
今回買取させて頂いたSIGMAのレンズと合わせてレンズが高く売れる理由と査定のポイントもご紹介致します。

【買取品】

SIGMA DGレンズ 150-500mm   15-6.3   APO  HSM  Nicon   マウント


【買取金額】

¥31,000


【状態】

レンズ本体の状態はやや使用感があります。


レンズの状態は目立った汚れやホコリなどは見当たりません。


マウント部分は綺麗な状態です。


三脚座も付いています。


専用ケース入りです。





【査定のポイント】

当店ではシグマのレンズを積極的に高価買取しています。

株式会社シグマ SIGMAは日本の精密機器メーカーで神奈川県川崎市に本社があります。

一眼レフカメラ本体も製造してますが主に一眼用の交換レンズが主力製品となっておりプロのカメラマンからアマチュアまでシグマは熱烈なファンが多いブランドとして知られています。

SIGMAは国内製造にこだわっており主力製品のほとんどを福島県の会津工場で生産しています。

シグマは最先端技術をいち早く取り入れる事でも知られており超音波モーターや手ぶれ補正などの技術を世界で初めて製品化した技術力の高いメーカーとしても知られています。

近年では他メーカーのマウントに対応した一眼レフカメラ用の大口径望遠レンズを主に生産しておりカメラ市場からも高い評価を得ています。

シグマ社のレンズは高性能なレンズに対して比較的安価である為、デジタル一眼レフカメラを購入した人が更に性能の高い交換レンズを購入する際に有力な選択肢としてもシグマのレンズは需要が高いと言われています。

シグマのDGレンズとは交換レンズでデジタル一眼レフカメラの特性に合わせて設計されていながら35mm判のフィルム一眼レフカメラでも高い描写性能を発揮できるように設計されたレンズです。

150-500mm   15-6.3   APO  HSMは超望遠レンズです。

例えば野鳥や鳥などの遠くにあるものを撮影する場合は焦点距離の長いレンズが必要で一般的な望遠レンズは70-300mmレンズです。

300mmを超える望遠レンズは実売価格も高くなるものも多いのですがシグマの超望遠レンズは非常にコストパフォーマンスも高いのです。

HSMはシグマの技術で手ぶれ補正機構と超音波モーター搭載という意味になります。

500mmクラスの超望遠レンズはニコンやキャノンもそうですがやはり元々の実売価格も高額である為、新品よりもリーズナブルな値段で購入できる中古品の程度が良い超望遠レンズは中古カメラ市場でも非常に需要や人気が高く買取相場も高いと言えます。

超望遠レンズが高く売れる理由でもあります。

今回買取させて頂いたレンズもシグマの需要の高さと150mm-500mmの大口径超望遠レンズでありましたのでやや使用感はありましたが高価買取とさせて頂きました。




【まとめ】

シグマのレンズの高価査定のポイントは取扱説明書、保証書、ケース、外箱など購入時に近い程高額査定になります。

特にレンズの場合は三脚やホルダーなどの付属品が付いているかどうかも査定のポイントにもなります。

本体の汚れやレンズのホコリやカビなどを掃除してなるべく綺麗な状態で査定に出していただければ当店としてもクリーニングの手間やコストが少なくなりますので高価査定が可能となります。

レンズは使用感が少なく新しい状態のうちが高額買取の一番早い方法ですので使用していないレンズがあれば新しい状態のうちに査定に出す事が高価買取のポイントです。

シグマのレンズはKマウント、オリンパスOMマウント、ニコンFマウント、キャノンFDマウントなどの望遠レンズは高価買取致します。

またEXDGシリーズや小型軽量化が図られたデジタル一眼レフカメラ専用レンズのDCシリーズ、ミラーレスカメラ用のDNシリーズも高価買取とさせて頂きます。

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取